富士宮
*

5月度Dグループ会が開催されました。

5月度Dグループ会が、5月24日(金)19:00より開催されました。

内 容:今年度計画と懇親会

場 所:市川製材さん 露天風呂

参加者:8名(内2名はゲスト)

今年最初のグループ会でした。今年度Dグループでは、「グループメンバーがどんな仕事をしているのか、実際に見せてもらいたい!!」という、グループ長の我が儘に、メンバーの皆さんが賛同して下さり、これを基に今年度計画を立てました。目の前に、料理とお酒、素晴らしい市川製材さんの露天風呂をお預けにして(若干フライングしましたが)、まずは決める事はしっかり決めようということで、皆さんのご協力も有り、無事今年度計画が決まりました。後は実行あるのみです。

5月Dグループ会2image

活動計画の後は、懇親会です。市川社長手作りの露天風呂(内風呂もあります)に、みなさん大満足!!心も身体もリラックスし、大いに盛り上がりました。また、先輩の貴重な話や、6/5に行われる青懇の「先輩との交流会」にて聞けるであろう渡邊信友さんのお話を一足先に少しだけ聞かせて頂きました。本番が楽しみです。

先輩から若手まで、和気あいあいとした雰囲気のDグループですが、この雰囲気を大切にしながら、有意義なグループ会にしていきたいと思います。ご準備にご協力いただいた、市川さん、渡邊信友さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 


5月度Eグループ会が開催されました。

内容:体のお悩み相談会♪ 男性必見!
日時:5月27日(月)19:00~21:00
場所:富士宮清掃有限会社内 いろり
講師 : 瀬田真一氏(医師、富士宮中央クリニック副院長、新橋イースト駅前クリニック院長、同友会富士宮支部会員)
担当者: 増田武史
参加者 : 12名

PHOTO2
(注)写真の参加者が病気というわけではありません!

瀬田先生は週の前半は富士宮にて主に内科を診ていらっしゃいますが、週の後半は東京の新橋で保険外医療に携わっていらっしゃいます。保険外医療というとアヤしい治療をして法外な治療費を請求されるようなイメージを持たれる方もいらっしゃるかも知れませんがそうではなく、保険が利かない医療すなわち命に関わらない病気を治す医療のことです。今回のテーマであるED、AGAは保険外医療にあたります。

40代の3割、50代では5割の男性が悩んでいるというEDは立派な病気です。
糖尿病、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞、うつ病などと同じ「生活習慣病」であり、「たたない」= 大きな病気の入り口に「立っている」ということでもあります。

ナゼナゼ分析をしてみると・・・
たたない ← 血管に十分な血液が送り込まれなくなる ← 血管が膨張しづらくなる ← 神経や血管から十分な一酸化窒素が出なくなる ← 活性酸素が神経や血管の細胞を傷つける ← 体内の活性酸素が多くなる(酸化ストレスが高くなる)
その他、ストレスなどで交感神経が活性化している状態も良くありません。

ED治療薬(世の中には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類しかない)は、血管の弛緩・膨張を助ける一酸化窒素の働きをジャマする物質の働きをジャマする働きがあります。またED治療薬は使い方さえ間違えなければ、全身の血行を良くし、心肺機能を高め、体全体を活性化させる等、いろいろと良い効能があるそうです。

この報告だけでは若干解りづらかったかも知れませんが、今回のグループ会ではEDのメカニズムやその治療方法について大変解り易く解説をしていただきました。
また巷で勘違いされ易い事項についても触れられました。
(例)
ED治療薬(バイアグラ等)は精力剤や媚薬と同じ? → いいえ違います。
ED治療薬を服用すると、ずっとたった状態になってしまう? → そんなことはありません。
頭の薄い人はアチラが強い → 都市伝説の一種です。

EDを克服し、人生前向きに生きましょう!


5月度役員会

5月23日 5月度の役員会が開催されました。

報告事項は、例会の反省点、各委員会報告、各グループ会報告でしたが、出てきた中に、先日の外部講師を招いての例会において、参加予定約50名のところ、実際の参加が35名程度の出席にとどまった事への反省がありました。これは永遠の課題になるかも知れませんが、前向きに出てきやすい環境作りを、我々役員の使命と捉えていく。まず、この役員会の中身をさらに濃くして行こうと思います。
それの一環として、先日県の広報紙に封入させてもらった、青懇新聞を毎月発行する事を承認してもらい、予算の承認も取り付けましたので、活発な支部の広報活動を行って行きたいと思います。

確認事項は、6月の富士支部との合同例会や7月の例会の確認が主題でした。

特に、6月20日の合同例会について、すでに出欠確認の配信が飛んでいると思います。時間・場所・報告内容について、再度確認していただけると助かります。

初の、iphoneアプリからの投稿です。

20130524-094108.jpg

20130524-095311.jpg


5月度青懇が開催されました。

5月21日、今回は富士特別支援学校富士宮分校の見学会として、開催されました。

 今月は、シンコーラミ工業・河原崎哲哉社長に担当を引き受けていただきまして、総勢12名参加での開催となりました。

この富士特別支援学校富士宮分校は、平成23年開校で今年で第3期目を迎え、今年 初めて3学年が全て揃ったという新しい学校であります。 

キャプチャa 2013-05-21 11.17.10_R 

校訓「誠実」「努力」「笑顔」
教育目標 <働く人を目指し、地域の一員として、主体的に社会参加できる人を育てる>
現在生徒は3学年で70名 富士から35名、富士宮から35名の内訳になります。

今回の見学会内容

①学校概要の説明
・この学校は、主に比較的軽度の知的障害を抱えた学生さんが通っている。
・知的障害もその区分がIQ60のラインで区別されており、重度判定されていても、会話能力・コミュニケーション能力がきちんととれる学生もおり、一概にその線引きにおいての判断が全てではないとの事。
・県立富士宮北高校と隣接しておる関係で、北高の行事やカリキュラムを共有化しており。北高は勿論のこと、富岳館高校とも園芸の部門ではタイアップをしている。
・地域に出て地域の会社で学ぶことを目的としている。

②障害者雇用各種助成制度の説明
・ 特定求職者雇用開発助成金制度やトライアル雇用奨励金等々の概略説明。
・”発達障害者雇用開発助成金”についての詳細説明。
 (発達 障害と知的障害の区分)発達障害は一般社会に出て初めて気付くケースが多く、一般的に自閉症の括りで言われる事が多い。
   ①社会性の欠如 ②コミュニケーション困難 ③執拗なこだわり
  ※もし該当しそうな従業員がいた場合の申請要件については、個別に教えてもらいました。(鈴木談)

③授業参観・校舎内見学
・農園芸作業、木工作業、陶芸作業、縫製作業、メンテナンス作業、販売促進作業について授業の見学。各セクションのリーダー(障害者)からそのセクションの説明がありましたが、純粋なひたむきさを教えてもらったような気がします。
・一連の作業は、近々行われる富士宮北高校の学園祭”北嶺祭”にて販売を予定している商品準備のためのもので、最終的にはこんなものになります
                 ↓ ↓ ↓ 
2013-05-21 11.53.57_R 2013-05-21 11.54.30_R

2013-05-21 11.27.44_R 2013-05-21 11.30.27_R 

 既に、シンコーラミ工業さんをはじめ何社かお付き合いのある会社もあります。この学校とは別に、障害者を雇用しておられる事業所も当然あります。法的根拠に基づかなくとも今後、障害者との関りは当然発生してくると考えられますので、何かのきっかけになればよいと思います。学校側からも、出きれば現場実習をお願いしますとの要請もありますので、同友会に所属する企業として、社会性・科学性・人間性の観点からも、この学校の教育目標に賛同できればと考えます。その中でいろんな情報交換の場に発展していければ尚の事良いのでしょうね。

 何より人間関係の基本は挨拶にありますから、これが皆素晴らしく出来ていて気持ちが良い。
一般の中学・高校では、まずもってこんな事はないでしょう。会社に於いても大事な事なんだと改めて感じました。

 更に、今回の我々の見学会のために、わざわざカリキュラムを変更して対応してくださった学校関係者、生徒の皆さんに改めて感謝申し上げる次第です。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事