富士宮
*

平成24年度 富士宮市中小企業大学 第三講

平成24年度 富士宮市中小企業大学 第三講

日 時    平成24年10月9日  午後7時
講義内容   日本は幸福な国になれるか -若者の状況を読み解く-
講 師    静岡大学 人文社会科学部 教授 荻野達史氏

 

 2011年11月、ブータン国王夫妻が来日してから「幸福度」への関心が深まった。ブータンでは国民の97%が幸福だと答えているが、日本では51%が幸福だと答えている。ブータンでは30年前から国づくりの指針で国民総幸福度の測定を行い、項目には基本的な生活に加えて、健康・教育・環境・伝統文化・地域活力・精神的・ガバナンス・ワークライフバランス等を測定している。

 世界の主流は幸福度を、経済学の観点からGDPを指標としてきたが、1990年頃から生産の平均値より所得や消費・分配を注視し、主観的幸福を計測するようになった。総じて「暮らしの質」を測定し、環境・経済に関する持続可能性を評価するよう変わって行った。日本でも2011年内閣府に「幸福度に関する研究会」が発足し、主観的幸福度の測定を始めた。

 幸福度には様々な個人的条件があり、性別・年齢・学歴・職業・所得・趣向品等、個人的諸条件を変数として検討する。年齢による幸福度は、世界的に若年と老年で高く、おおむねU字型となる。年齢・時代・世代効果が加わるので、同じ質問項目で反復横断調査が必要である。個人所得ではある水準までは幸福度が上昇するが、700万を超えると鈍り逆に降下する。様々な条件で相対的効果の測定を行う。

 日本の未来を考える為に、若年層の幸福感について検討しましょう。日本の若者の生活満足度は、1976年には20%以下だったが、毎年上昇し2008年では60%を超え45%も上昇している。しかし雇用状況でみると、失業率は上昇し非正規雇用率も上昇するなど厳しい状況にある。

 これを反映して、社会への不満や将来への不安は、国際的に比較しても非常に高い。社会・将来は不満だが幸福度は高い、この若者の意識状況は、今がよければいいという「現在志向」と小さな世界で戯れる「仲間充足」このような状況が読み解ける。友人関係への満足度、友人・仲間の重要性の高さが統計にも表れている。

 若者の将来への不安や社会への不満・展望の暗さが顕著ななか、これで「幸福な国」が形成されるのか。若者が、より広い社会圏に信頼を高めることができる政治経済システムの構築、社会形成への協働を促す枠組みを作る。これらが「幸福な国」を作るため考えていくべき問題と提案する。

★報告:河原崎信幸(シンコーラミ工業株式会社)


全県フォーラムに朝日康典氏登壇!理念の実践と夢を語る!

11月14日に三島で開催される、全県経営フォーラムの第2分科会に、富士宮支部の朝日康典さん(朝日鉄建 代表取締役社長)が登壇します!

その他、様々なテーマで分科会が開催されます。多数のご参加をお待ちしております!

Forum02


平成24年度 富士宮市中小企業大学 第二講

平成24年度 富士宮市中小企業大学 第二講

日 時   平成24年10月2日  午後7時
講義内容  巨大地震と富士山の噴火
講 師   静岡大学 防災総合センター 副センター長
       教育学部 教授 小山真人氏

 先生は始めに、地震の基礎知識を確認しましょう。地震とは地面が揺れ(尺度は震度)、震源が破壊される(尺度はマグニチュード)こと、そして揺れの大きさは地盤の状態で大きく違い、地盤の硬い場所では揺れが小さく、弱いところでは大きく揺れます。2011年3月11日の地震は、南北500km東西200kmの巨大な断層面が最大50mほど動いて、マグニチュード9.0の巨大地震を引き起こしました。地震のマグニチュードとは、放出された地震波エネルギーの総量の目安だが、Mが1増えるとエネルギーは約30倍となる。

 懸念されている東海地震はM8と予想され、東南海地震・南海地震と同時発生(いわゆる3連動破壊)してもM8.7と予想される。ただし東日本大震災より陸に近いところで発生するので、津波の到達は早いところでは5分と予想される。

 津波は引き波があってから押し寄せると言われているが、断層のどちらが隆起するかによって違い、突然高い津波が襲ってくることもあるので要注意。

 地震を起こす歪の場所・大きさは分かっているが、いつ発生するかは予測できないが、プレートで起きる地震にはある程度の周期があり、東海・東南海・南海では過去100年から150年の周期で起きている。この地震で静岡県の湾岸部では、隆起と沈降が繰り返されてきた。東海道の由比・蒲原も昔は山の中腹にあったが、沿岸部の隆起により現在の湾岸部にできた。富士宮も富士山の溶岩が富士川まで達していたことから、富士山の稜線にあったが、星山の隆起によって潤井川の堆積で現在の富士宮市の地形ができた。人は地震による環境の変化に見事に順応してきた。

 3.11の巨大地震は富士山にも影響を及ぼし、マグマだまりに亀裂が生じ3.15の地震を引き起こした。3連動の地震が発生した場合、富士山の火山活動に影響を及ぼすことは必須であるとして、富士山のハザードマップを作成した。噴火の予想される場所は、宝永火口から頂上を結んだ延長線上であるが、先生は栗むきを例にして、圧力をかけた縦方向に裂ける現象を例に、分かりやすく解説してくれた。富士山の噴火による被害予想は、偏西風の強弱による影響や降雪時の融水土石流の危険など、季節によってハザードマップが変わることを知った。最後に地震の発生確率の質問があったが、「天気予報の降水確率と同じですよ」と答えてくださった。

★報告:河原崎信幸(シンコーラミ工業株式会社)


平成24年度 富士宮市中小企業大学 第一講 入学式

平成24年度 富士宮市中小企業大学 第一講

日時   平成24年9月25日(火) 午後7時
場所   富士宮市役所 710会議室
Sccf01

◆開講式
富士宮市中小企業大学学長 須藤市長が所用により欠席の為、芦澤副市長より式辞を頂いた。

今年は同友会富士宮支部30周年、そして富士宮市制70周年、記念すべき年に富士宮中小企業大学が10年の節目を迎えることは喜ばしい。「大学のない富士宮市に大学を」と、同友会の熱意と静大の協力によって10年前に始まってから、毎年50人余の市民が受講し、延べでは500人を超える市民の学びたいという欲求を満たしてきました。皆様の努力に感謝申し上げます。

続いて中小企業家同友会の簑支部長が、この講義で学んだことをこれからの人生に生かしてほしい。と挨拶を行った。

◆講座
講義内容 「言葉の意味をコンピュータで扱う為に ―意味表現論入門―」
講師   静岡大学 学長 伊東幸宏氏

伊東学長は冒頭、世界初の大学はイタリアのボローニアにあり、ドイツなど北ヨーロッパからは夏にアルプスを越えて、ボローニアに居を構え大学で学んだ、それゆえ世界の大学は秋始業となっています。富士宮市中小企業大学は、学びたい人がいて、場所が提供され、学びたい講師を呼んでくる、大学の原点がここにある、と評価された。

自然言語処理とは、人が普段話している言葉や発話を、コンピュータに行わせるための技術であるが、言語学や心理学・哲学との接点が多い。本来は背景知識がなければ処理は不能となる。たとえば「黒い瞳の大きい女の子」と聞いて、目の大きな子、大柄な子、色黒の目の大きな子など様々な解釈が出来る。

認識と言語においては、ヘレン・ケラーとサリバン先生(奇跡の人)を例に、「認識するから言葉を学習できる」と、言語獲得以前の認識データは人類共通であり、先天的なものであると仮定する。人は外界の対象物を「もの」として、現象を「こと」として、その果たしている役割を認知できることを条件とする。

同義文の解析には、名詞・動詞・助詞等を記号化し、目的や従属的関係節を( )で囲み主節と区別する。節構造の( )や節構造のための同意記号を無視することによって、同じ意味をなすことが証明できる。

この解析を行うと英語・中国語も文章として同じであることが多い。先生は人工知能の傑作である、鉄腕アトムやHALは作れるか?という問いに、「きっとできる!」その為には理工学を学んだ先生が、言語学や哲学・心理学と融合することによって、それぞれの専門ではできなかった新たな切り口ができた。

今、大学に求められる重要な使命は、専門分野に特化するのではなく、壁を取り払って融合し、新たな研究分野を構築することであると力強く語られた。

★報告:河原崎信幸(シンコーラミ工業株式会社)


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事