富士宮
*

7月度例会 「フジマーク」に出会えて良かったね。 鈴木昭二郎氏

7月12日(金)、志ほ川バイパス店にて7月度支部例会が開催されました。
参加者 支部会員:45名、オブザーバー:2名、事務局:1名、合計:48名

報告者は、鈴木産業(株) 鈴木昭二郎代表取締役社長で、支部独自組織の経営指針研究会で2年の歳月を掛けて生み出した経営理念を中心に「我が経営」を語って頂きました。タイトルは、「フジマーク」に出会えて良かったね。~指針成文化の道のりでの気付き、実践での気付き~です。

鈴木産業(株)は、昭和12年に祖父である鈴木徳一氏が始めた作業用手袋の製造が始まりです。昭和40年に法人化後、昭和43年、祖父の急逝に伴い、父親である孝昌氏が後を継ぎます。

翌昭和44年に昭二郎氏が生まれましたが、自宅に隣接する工場で縫製作業を行なっていた影響からか、小さい頃から喘息に悩まされてきました。高校に入学し「このままではいけない」と一念発起し、空手で自分の体を鍛え、黒帯取得とともに喘息を克服します。

大学卒業後、1年半の語学留学を経て、関連企業の営業職に就き、そこで大活躍。5年後、約束通りに鈴木産業に入社し、様々な部署を経験する中で自身の能力を遺憾なく発揮。業界トップに近いところまで会社が成長します。

さらなる成長をと目論んで、中国から製品を仕入れるようになったところ、不良品が多発し、取引先を幾つも失うことに。また、そのクレーム対応に疲れた社員が、何人も会社から去っていくという悪循環に陥ります。

「安かろう悪かろう」からの脱却を目指し、新たに立ち上げた商品部で自ら部長を務め、日々商品の品質向上を目指すものの、業績は一向に上向かない。そんな悩みを抱えているなかで、平成24年、同友会に入会。

会での学びを深めていくなかで経営理念の重要性に気づき、経営指針研究会に参加。ここで2年近くの時間を費やし、経営理念を創り上げます。

理念を作成するなかで自社の強みに気づき、それを生かした新規事業「倉庫業」に取り組んだ成果も、ようやく出始めるようになりました。

昨年12月に新社長に就任し、創業者鈴木徳一氏の精神と、自身も同友会の会員として作成した鈴木孝昌会長の経営理念を包み込んだ、鈴木昭二郎氏の想いの詰まった経営理念を社員全員の前で発表しました。

社内の隅々にまで理念が浸透するには、まだまだこれから時間は掛かるのでしょうが、理念に共感する社員の輪が少しずつ広がっているのを実感しているとのこと。

同じ方向を向く社員を増やすことで商品開発力・商品企画力を高めて、オリジナルブランドである「フジマーク」商品をどんどん世に送り出したいとの決意の発表で報告は終了しました。

グループ討論テーマは「自分の想いをどのように社内に浸透させますか?」でした。グループ発表では「○○という方法で社員と理念を共有しています」というようなテクニカル論を発表するグループはほとんどなく、何故浸透しないかの原因を深堀りしたり、経営理念の重要性を改めて考え直したり、浸透した先にどんな変化が出るのかを考えたりとバラエティーに富んだ発表となりました。

「経営理念が持つ力」について、改めて考え直す切っ掛けになった例会となりました。


第51回中同協定時総会 記念講演 (株)吉村 橋本久美子氏

第51回中同協定時総会最後を飾る記念講演。報告者は、(株)吉村 橋本久美子代表取締役社長。東京同友会の女性部部長でもあります。

タイトルは「同友会は経営者の宝島 ~おせっかいな仲間達と、出会い、学び、実践する。失敗しながら、変わる~」です。

冒頭、橋本氏のポリシーでもある「見える化」ということで、今回の報告の目的と目標設定が行なわれました。また、具体的な数字を入れることで目標到達点が明確化されるとのポリシーで、「2つ」という数字が目標として設定されました。

(株)吉村は茶葉を包装するパッケージの企画・製造・印刷・販売を行なう創業87年目を迎えるメーカーです。パッケージが紙の時代には商社でしたが、昭和47年にアルミパッケージが開発されると、「流通が川上へ行く」と判断した先代社長が、周囲の大反対を押し切りメーカー化を遂げ、今に至ります。

焼津市に工場があり、定期的に見学会を開催しているので、ご存じの方も多いかと思います。

社員数は、235名(当日現在)。「約」を付けないのが橋本流。社員を一つの集団として見るのでは無く、目の届く範囲の粒々の集合体として見たいとの思いから。もちろん、社員の名前と顔は全員覚えているとのこと。

サラリーマンの主婦として過ごしていた橋本氏は「明日の飯担当」として入社。10年後、売上が52億から45億まで落ち込んだ時に社長就任。「茶業界のビジネスパートナー」を掲げ社長業に邁進するものの、「女性社長のお手並み拝見」と言うことでかなり理不尽な扱いを受けて、業績も一向に上向かない。

そんな苦しい時代に同友会に出会い、入会。学びを自社に持ち帰りすぐに実践するということを繰り返し、次第に業績も上向いて行きます。

「ここで新たな一手を」ということで、新工場建設のために18億円の投資を決意。2011年1月にためしてガッテンに掛川茶が紹介されて、2月に起工式、「さあ、これからだ!」という時に起きた3月の大震災とその後の原発事故。そして、静岡茶からセシウムが検出されて、バッタリとお茶が売れなくなる。当然、包装の仕事も激減。

経費を詰める中で、労使見解と経営理念を学び直し、理念から「お茶」を外すことで、新しい道のりを歩み出し、今までの常識にとらわれない発想での商品を次々と開発。

そんな中、日本茶を脇役として引っ張り出せるお菓子「割れチョコ」が、ギフトショーで表彰される。これに注目した大企業が商談に来るものの、元々のコンセプトが日本茶を売るためのお菓子、量販店向けに大ロットで売るわけにはいかないということで、経営理念を携え丁重にお断りしたとのこと。

猫のポチ袋からヒントを得たキャラクターが、みたらしちゃん。尻尾がみたらし団子のようになっていることからの命名なのですが、このキャラクターをあろうことか、コーヒー会社から使いたいとのオファーが。

割れチョコ同様、みたらしちゃんも日本茶を飲んでもらうための仕掛けですから、ライバルとなるコーヒー会社には当然渡すわけには行かない。

「そんなオファーが来るのは、みたらしちゃんが理念を持っていないからだ」ということで、その後、みたらしちゃんの経営理念が作られ、そんなオファーも無くなったとのことです。

また、橋本社長は、様々なアイディアで「見える化」「共有化」を図っています。その中で、クレームに対しては事件化させて興味の湧く紹介をすることで、再発防止を図っています。

ちなみに、「そのまんまホーチミン事件」とは、クレームを放置したがために問題が大きくなって解決が難しくなったという案件です。

他にもここでは書き切れないぐらいの工夫とアイディアを沢山紹介頂きました。そんな工夫やアイディアを考えることも素晴らしいのですが、それらを実践し、その経験を積み重ねてきたことこそ、何よりも大切なことではないかと思う記念講演でした。


7月4日・5日、第51回中同協定時総会に参加してきました

7月4日(木)・5日(金)の2日間、東京新宿京王プラザホテルにて開催された、第51回中同協定時総会に参加してきました。(支部参加者:阿久澤、朝日、稲原、宇佐美、穂坂、簑、計5名)

全国大会は何回も参加しているのですが、総会は今回が初参加。しかし、総会と言うことで、全体を通しピリッとした緊張感が漂い、やはり、他の全国大会との格の違いを実感致すところとなりました。

1日目の全体会は、あいさつ、祝電披露に続き、議長選出が行なわれ、74ページに亘る議案集から抜粋する形で総会議事が進行致しました。議案集につきましては、これから時間を取って読み下したいと思います。

全体会終了後、各分科会毎に順番に会場を後にしました。その時の進行も、十分な時間を準備に充てたことが分かる、とてもスムーズなものでした。

続いての分科会は、議案との関連を持たせたテーマでの報告・グループ討論を19の分科会にて4時間みっちりと時間を掛けて行なわれました。私が参加した分科会は、写真撮影及びSNSへの投稿禁止ということで画像は残っていませんが、「情勢認識」をテーマに学びを深めることが出来ました。

分科会終了後の懇親会も大スケール。全国から1,800名を超える方の参加があり、メイン会場の他に増設会場が設けられていました。通常の全国大会だと地域別にテーブルが分かれているのですが、今回は分科会別のうえに会場が大混雑をしていて、富士宮や静岡のメンバーを探すのにかなり苦労をしました。

2日目の全体会は、まず議案採択が行なわれ、全会一致の拍手を持って議案が承認されました。また、各分科会で出た議案の修正・補足等の意見については、中同協幹事会にて検討しその結果を機関誌に発表する予定とのことでした。

また、広浜会長から、①憲章精神を体現化する(誇りを持つにふさわしい自分なのか)、②自助努力で主体的に取り組む、③これから世界に発信していく(SDGs、人を生かす経営)、の3点を今回のまとめとしたいとの決意表明がありました。

特に「人を生かす経営」については、新しくなった表紙にちなんで「グリーンブック」として世界に広めて行きたい、広めなければならないとのことでした。

総会後、引き続き中同協設立50周年記念式典が執り行われ、小池東京都知事を始めとする多くの来賓の方々から祝辞を頂き、同友会への認知度、同友会に対する期待とも、大きく高まっていることを実感致しました。

今回、静岡の参加者は50名で、これは、東京:453名、愛知:104名、京都:78名、埼玉:71名、大阪:63名、福岡:53名に次いで、7番目の参加者数でありました。これも、5月に静岡にて実施した、中同協役員研修会の成果の一つではないかと考えています。

とても実りのある2日間を過ごすことが出来ました。大変感謝しております。


6月度Eグループ会「(株)シーエーティーさん新社屋見学」

6月18日に(株)シーエーティーさんにて、新社屋見学をさせていただきました。

長年の想いの結実。

伊藤洋子社長ならでは気遣いと清潔感に満ちた新社屋でした。当日はシーエーティーさん創立30周年記念月間で従業員の方々に褒賞などお返しをされている後での訪問でした。社内通路には、社員さんからの自発的なアイデアでホワイトボードがおかれ、従業員さんの写真と、ひとことメッセージがびっしり書かれており、シーエーティーさんの歴史と、スタッフさんの自主性自発的な想いが、見学者に驚きと「うちもこうなりたい…!」という刺激と目標をいただきました。

 

 

見学後は、メンバーで会食し、今年度Eグループ会年度計画を作成しました。随時、開催の案内を送りますので、是非ともご参加ください!

 

 


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事