富士宮
*

10月例会報告「神棚に想いを込める~選択と集中で拓く世界~」

日時:10月11日(金)19時より

場所:志ほ川(城北町667番地)

参加者:会員35名、他支部会員2名、オブザーバー3名  計40名

 

10月例会は、有限会社静岡木工(榛原郡吉田町住吉3217-1)の代表取締役杉本かづ行氏に「神棚に想いを込める~選択と集中で拓く世界~」と題して、氏が現在の会社に出会って入社し、紆余曲折を経て神棚業界に新風を吹き込む商品を送り出すまでの軌跡を語っていただきました。

入社当時はホームセンターに卸す木工製品半分、神棚半分くらいの割合で製造していたそうです。薄利多売な業界のため、自社製品をホームセンターのバイヤーに売り込むためには、価格競争にならざるを得ず、入社してまもなく人件費の安い中国での生産の責任者として前社長に送り込まれました。しかし、文化の違いもあり、10個検品して1個しか出荷できず苦労したそうです。活路を求めてインターネット販売に乗り出しますが、当初は利益が出ず、担当者の給与も心配したとのこと。

転機が訪れたのは、初めて会社の決算書を見たときでした。絶望的な数字を見た時に「何とかしなければ」とスイッチが入ります。中国から撤退し、神棚以外外の木工製品の製造もやめ、大量生産で薄利多売な商売ではなく、品質を重視して地道にそのことを消費者に伝えていくビジネススタイルに転換。神棚といえば和室に置くものという常識をくつがえし、洋間にも馴染むデザインの神棚をインターネットで試販したところ、消費者のニーズをつかみました。ちょうどその時期にテレビで静岡木工の洋間に似合う神棚が取り上げられ、放映日には会社の電話が鳴りやまなかったそうです。現在では、静岡市をはじめ東京にもアンテナショップをオープンして、さらに日本の神棚文化を新しいスタイルで広めていこうと、新たな挑戦の最中です。

神棚に手をあわせて祈るという、日本の文化を再発見する機会を、自社の製品を通して消費者に提供したことが現在の成功につながっていると感じる報告でした。

btrhdr


Eグループ会青懇合同「デザイン体験会」の開催

マジックプリント/網野氏とクロスデザイン/望月氏より
ビジネスや仕事を考える上で、役立つデザインを学ぶ講習会を開催しました。
日時:9月 26 日(木)PM7:30~
場所:シーエーティーさん新社屋
内容:デザインの基本を体験

デザインには、様々な分野がありますが、ここではモノやサービスが売れる仕組みについて学びました。テーマはドラえもんでおなじみの『タケコプター』。20XX年、人々の身近な移動手段としてタケコプターが普及していますが、まだまだ様々な課題やニーズがたくさんあります。各テーブルごとでそれらを掘り起こして、新型タケコプターをデザインし、社名、商品名、改良点を発表しました。

「デザインは情報を可視化して設計するもの」

デザインするということを学べる有意義なグループ会でした。

 

 

 

懇親会では、クロスデザインの望月さんの誕生日祝いと、マジックプリントの網野氏の最後のグループ会ということで、網野氏の新たな門出を祝いました。望月さん、網野さん、すばらしいグループ会をありがとうございました。

 

発案者の鈴木グループ長、全力投球の懇親会、お疲れさまでした。


9月支部例会 「新会員さん、出番ですよ!」(前期)

9月6日(金)、志ほ川バイパス店にて9月度支部例会が開催されました。
参加者:会員42名、他支部会員4名、オブザーバー3名、事務局1名、計50名

報告者 ㈱大五堂 深沢文具 専務 深澤哲郎氏
NPO法人 母力向上委員会 代表理事 塩川祐子氏
㈱富士一商会 代表取締役 外木昌宏氏
以上 3名

通常2月・3月の二回に分けて開催していた、「新会員さん、出番ですよ!」でありますが、今年度からの試みとして、前期・後期に分け、9月(前期)3月(後期)での開催と致しました。

今回は、その前期として、3名の報告者に各20分の持ち時間の中で、自己の生い立ちから現在に至るまでの経緯、現在抱えている悩み・同友会に対する思いについての報告してもらいました。


深沢文具 深澤氏

深沢文具の創業は1910年(明治43年)来年には創業110年を迎える老舗文具店であります。その歩みとともに、自身の経歴・思いを語ってくれました。

経営理念 「人が喜び自らも喜ぶ。この仕事の追及に幸せがある。」

深澤氏はS46年生まれ48歳。物怖じせずに行動できるタイプで、「やってだめなら変えてみましょう」と大雑把な部分も持ち合わせていると、自己を分析している。

学生時代から接客・販売のアルバイトを経験。また、バブル崩壊により、早めの就職活動を始めることに。当時は、とりわけ何になりたいというわけでもなく、家の仕事を継ぐことも全く考えていなかったが、強いて言えば、パソコンを使った仕事をしてみたいと思い、SEの職に就くことを決める。

就職して2年ほど経った頃、親からの電話で、「自営の業務を拡大するにあたり、どうせ仕事をするならうちでやらないか?」と、誘いがあり、内容は、「得意先の業務拡大に伴い、人手不足やパソコンを使ってのデータのやり取りが増えたこと」で、深澤氏が必要であるとのことでした。それを機に、ある文具メーカーの勧めで、東京の大手文具店に転職し、修業をすることに。この修業時代が自分の人生において、多大な影響を与えることになる。

数年の修業時代を経て、結婚後、30歳を過ぎた頃、今の深沢文具に入社。現在18年目を迎える。リーマンショック後、数年経ったころから大型店の吸収合併に拍車がかかり、当時の主な客先が、次々とその影響からか消えていき、最後は最大手の客先までも失うというどん底を味わうことになる。現在も厳しい中ではあるが、小口の客先から官公庁に至るまでカバーし、積極的に営業を行っているところである。

そんな中、同友会と出会い2017年入会。入会時はマイナスからのスタート。例会をはじめとする様々な会合を通じ、先輩方・仲間から刺激やヒントを得て、よい経営環境の構築を目指す。また、来年110周年を迎えるにあたり、代表取締役に就任予定。


NPO法人 母力向上委員会 塩川氏

~生まれてきてよかったと思うことができる人生に~

2008年 妊娠・出産・子育てをプラスに、お母さんによる、お母さんの為の、お母さん支援学校してきた市民団体が発祥。2015年活動の幅を広げるために、NPO法人化し、現在に至り、現在4期目。総勢52名のスタッフの元運営を行っている。個人の賛助会員・法人の賛助会員の賛助金、市の委託事業費等が主な収入源でとし、妊婦・子育て始動時の母親をターゲットに、講座・イベント・情報発信等の支援活動をしている。

塩川氏本人は、その育った家庭環境から、祖母・母親の背中を見てきたことで、「女性の活躍」のなんたるか、大切さを思い知る幼少期であったそうであり、それが今につながっているのだと振り返る。趣味は「人間観察」特技は「妄想」と、人間の心理を探ることに興味を抱く。中学・高校とバレーボール部に所属し、そこでけがの手当てをすることにより、看護師を目指すこととなり、地元の看護大に進む。大学の運営元の影響か、「利他の精神」と「困難を克服し、事業を開拓していく姿」を学んだことが、今の母力向上委員会につながっている。

地元の総合病院に就職後、脳神経外科・救急科を志願し激務の新人時代を過ごす。この時の命たちから学んだことが、自身の人生のテーマとなり、現活動の源になる。
26歳の時に結婚。32歳の3女の出産を機に母力向上委員会が誕生。自身の結婚・出産・子育てが多分に影響をしている。

立ち上げ当時(2008年)、同じ立場の母親声を聴き、その生の声を関係機関に届ける必要性を感じ、地域密着型のフリーペーパー「うみだす」を発行。その後、活動の幅を増やしていく中で、NPO法人化していく必要性を感じる。そんな問いかけの中で、スタッフの反対にあったりと、紆余曲折もありながら、2015年法人化を果たし、本職となる。

法人化当時は、今まで経験もしたこともない金額を動かすことへの戸惑い、税金を使って失敗するわけにはいかないというプレッシャーに苛まれる日々。メンバーに対し自覚をもって行動してもらうべく、その思いを伝えることにも苦心することに。

自分に足りないものは何だろう?そう問いかける日々の中で同友会と出会い、オブザーバー参加をする。理念が大事であることを学び、社会でなくてはならない存在になりえるのか?その答えを求めるため、入会することを決断。

2018年4月、拠点を変え心機一転頑張っているところです。
同友会の皆さん、どうかいろいろ教えてください!


㈱富士一商会 外木氏

富士一商会は、昭和22年自転車の仕入・販売を生業にして創業。
現在、従業員9名。
業務内容は、自転車・オートパーツ・電動四輪車等の卸し。静岡県東部・中部・山梨県の一部にをカバーしています。

<経営理念>
・一人一人が個性を発揮して生き生きと働くことができる会社を目指す
・全員が協同して、関わる人たち、取引先、周囲との絆を深め、その和が社会の潮流となって広がっていくことを目指す
・高次元の人間を目指し、日々進歩する

外木氏は、大学卒業後、1996年東京の大手スーパーに就職。
2002年5月に 現在の富士一商会に入社。
二輪業界の動向として、市場規模は縮小傾向。更に国内メーカーも、中国のOEMが9割とその業態も変化し、更に御多分に漏れず、量販店の台頭により業態も厳しい状況に置かれております。

入社後、父親の入院や、ベテラン社員を含めた退職者の続出と、試練を迎えることになる。
現在、倉庫の空いたスペースを利用した修理事業の立ち上げを検討する一方。富士宮という土地柄上、坂道が多いということによる電動自転車の需要見込みを期待した事業展開を考えている。それには、異業種とのマッチングや、役所への働きかけが必要とされる。

今後の課題として、倉庫の活用、もう一つの柱を立てることになるのですが、それにはどうしたらいいのか?そんなヒントがもらえるのではないかと、同友会に入会することに。
同友会から、色々な経験と知識を学びたい。そして、今苦境に立たされている、自社の経営に落とし込みたいと考えている。


報告者3名、皆それぞれの悩みを抱え、その解決策を模索する中で同友会と出会い入会。
誰とて、順風満帆な状況ではありません。会員全てが、悩み苦しむ状況の中、そのヒントを求め、お互い高めあい、決して卑下することなく困難に立ち向かっています。その仲間として、富士宮支部の辞書に、新たな3ページが追加されました。


愛知同友会 西三河支部 碧南・高浜地区7月例会 簑威賴氏報告

7月24日(水)、愛知同友会 西三河支部 碧南・高浜地区7月度例会に、(株)アサギリ 簑威賴氏が報告者として登壇するとのことで、富士宮支部から7名の会員が地区例会に参加致しました。
参加者 阿久澤、伊藤、稲原、宇佐美、穂坂、簑、渡辺(一)

報告タイトルは「 Your Company Happy? ~ 経営理念ってあったほうが良いよね ~ 」で、全国大会で簑氏と同じテーブルになった地区の会員が、経営理念に真摯に向き合う簑氏の姿勢に大きな感銘を受け、「経営理念を語ってもらうなら、簑さんで」という強い想いで実現した地区例会でした。

西三河支部 碧南・高浜地区は、会員110名を有し、毎月の地区例会参加者が80名を超えるという全国的にも大変稀有な地区(支部)であります。さらに今回は、特別例会ということで、当日は、ゲスト・オブザーバーを含めて、120名を超えるエントリーがありました。

広い会場に、20近いテーブルが並ぶ姿は、まさに圧巻の一言。静岡では、なかなか見られない光景に、富士宮支部会員のテンションも上がります。

簑氏の報告は、「たゆたえども沈まず」という経営理念を地で行くような、波乱万丈の出来事を振り返りながら、その場その場でいかに経営理念に救われたかを語る、正に理念経営の実践そのものの「我が経営を語る」でした。

特に、金融機関が融資の可否を判断する際に作成する事業性評価シートの記入項目のトップに経営理念があり、経営理念を持たない会社・経営者にとっては、トップ項目が空欄=融資対象にはならない、ということであることと、コンプライアンスに厳しい企業ほど、取引先の経営理念に着目し、それを確実に実践しているかを企業訪問時に確認している、という2点の実例を挙げて、「理念が要るか要らないかではなく、理念がマストの時代になった」ことを強調していました。

バズテーマは「経営指針は必要と思いますか?」でした。こういうYesNo形式のテーマだと、Noと考える方の意見をYesに持っていくことが難しく、意見が二つに分かれたままで、時間オーバーとなることがどうしても多くなってしまいます。

実際、自分が座ったテーブルでも、Yes4名・No3名に分かれてしまい、Noの方が積極的に意見を言ったことや、グループ討論の時間が30分と短かったこともあり、良い方向にグループ討論を進ませることが出来ませんでした。(グループ長も四苦八苦していました)

「学び方を学ぶ」と良く言いますが、企画された例会の意図を考えて、自分のポリシーというフィルター外し、「まずは吸収する」という姿勢が改めて必要であることを感じました。

最後に、参加オブザーバーからの感想、他地区ゲストからの連絡をする時間がありましたが、あれだけ大勢の人数を短時間で捌くスムーズな運営を見て、参考にしたいと思いました。

大変貴重な経験をすることが出来ました。この経験を今後の支部例会運営に還元していきたいと思います。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事