富士宮
*

8月度Aグループ会 かわむら呉服店

8月24日(月)、8月度Aグループ会が、かわむら呉服店にて7名の参加で開催されました。
(河村、伊藤、内田、西躰、宮下、宇佐美、稲原)

今回は、Aグループ長である河村徳之氏が、自身の生い立ちからお店の歴史、呉服の基本的な知識から業界の推移、そしてこれからの時代に向けた自身の取り組みについて、実際に河村氏がデザインした反物などを見ながら、ざっくばらんに話してくださいました。

P1030478

戦後、満州から引き揚げた祖父が、行商から始めたかわむら呉服店。
現在三代目としてお店を切り盛りしている河村氏ですが、現在の呉服業界はピークだった昭和46年の2.5%!(京友禅)の出荷高しかない、大変厳しい状況の中にあります。
(昭和63年比で10%、平成10年比で50%と急激に落ち込んでいる)

そのような時代の中、安易に安い商品に流れるのではなく「本物」を追求することで、この厳しい状況を突破しようと考え、行動しています。

P1030480

その行動のひとつが、オリジナルデザインの反物です。
上の画像は、淡く染めた生地に一対のすずめの刺繍をあしらった反物です。

一対のすずめは阿吽をあらわし、着物になると右脚と左胸という離れた場所でお互いを見つめ合うようにデザインされていて、ごく日常の自然体の夫婦愛を表現しています。
また、季節に囚われることなくいつでも着れるという日常性を大切に考え、季節を問わず身近に見かけるすずめをモチーフに選んでいます。

また平成23年より、毎日ブログ(かわむら呉服店)を更新し、呉服の魅力を発信しています。
最近では「ブログで見た反物を見せてくれ」と指名買いをするお客様も増えてきたそうです。
「血の通ったカタログを目指す」とのことですので、是非一度、ご覧になってみてください。
(とても凄い情報量ですから、見て着物が欲しくなっても、責任は負えませんが・・・)

最近は、作り手側の後継者不足も顕著となっていて、もう作ることが出来ないであろう反物も見せて頂きました。
そうやって日本固有の文化が段々と失われていくことは、とても残念なことだと思いますが、先代である父親の人柄と、母親と妻の女性力というお店の強みを生かして頑張って行って欲しいと思います。

「30年後にも責任を持てる仕事をします」という強い決意で報告を閉めて頂きました。

その後、同じ商店街に店を構える中華料理「龍鳳」に場所を移して懇親会を開催しました。

着物の柄に込められた思いや季節感、そしてそれらを読み取る日本人としての繊細な感覚、忘れてはならない日本人の心を想いながら、皆、おいしい中華料理を豪快にパクつき、ビールをグイグイ飲んでいました。

このギャップの激しさが明日の活力を生むと思い込むことにして、無事お開きとなりました。


伊藤洋子氏が、地元新聞に掲載されました

岳南朝日新聞8月27日(木)付1面に、当支部副支部長 (株)シーエーティー 伊藤洋子代表取締役の記事が掲載されました。

img004
【 記事内容 】

会社設立25周年を迎えた人材サービス企業、(株)シーエーティー(富士宮市宮原・伊藤洋子代表取締役)は26日、富士宮市の「ふじのみや寄付金」に高額寄付を行った。

市長室を訪れた伊藤代表取締役は、会社設立から四半世紀を迎えたことに感謝した上で、「愛着のある富士宮のために、子供たちの未来のために有効に使ってください」と須藤秀忠市長に寄付金を手渡した。

杉山洋之保健福祉部長、松永昌人子ども未来課長と共に迎え入れた須藤市長は、お礼を述べるとともに感謝状を贈呈し、さらなる社業の発展に期待を寄せた。

 

伊藤洋子氏のこれからの活躍に、大いに期待したいと思います。


板橋工機(株)河合浩史氏と、例会の下打ち合わせをしてきました

8月24日(月)、10月オープン例会の講師を務めていただく、板橋工機(株)河合浩史代表取締役を稲原・阿久澤の例会企画委員2名で訪問しました。

今年3月に横浜で開催された第45回中小企業問題全国研究集会第5分科会での報告内容がとても良く、機会があれば富士宮支部でも報告してもらおうと考えていたところ、今年10月に愛媛県松山市で開催される第18回障害者問題全国交流会第1分科会で報告することが決まったことを知り、「直前リハーサルを兼ねて富士宮で報告して頂けませんか?」というオファーを出したところ快諾を頂いた、というのが10月例会の講師に河合氏が決まった経緯となります。

DSC_0019

3階応接室で、例会内容の打ち合わせをしながら、いろんな話をさせて頂きました。
ご自身のこと、会社のこと、障害者問題への取り組みのこと、支部のこと、などなど、どの話もとても為になるものばかりでした。

障害者問題に積極的に取り組んでいた河合氏は、自社の主力商品である省力化機械が結果として納入先の障害者の働き場所を奪ってしまったという現実を目の当たりにし、自社の進むべき方向が果たして正しいものなのか大いに悩みます。
そんな状況を作成中だった経営理念の科学性を徹底的に見直すことで突破口を見いだし、そしてそれがやがて「障害者の作業効率をアップさせる機械」という新規事業を生み出します。

このあたりが10月例会での報告の中心となりますが、これ以上の内容はネタバラシとなりますので割愛させていただきます。(10月例会まで楽しみに待っていてください)

質問に明快に回答して頂いた頭の回転の良さと終始笑顔を絶やさない人柄の良さにスッカリ刺激を受けた2名は、途中で道を間違えるくらい活発な意見交換を行ないながら富士宮に戻っていきました。(役得な一日となりました)


第3回 市役所職員との意見交換会

6月12日(木)、3回目となる市役所職員との意見交換会が市役所会議室にて行われました。
(参加人数 市役所職員8名 同友会会員13名 合計21名)

P1020951
この意見交換会を具体的にどう進めて行くのか、まだまだ手さぐりの状態ではあるのですが、今回は、4月1日に施行された「富士宮市中小企業振興基本条例」(同友会)と、昨年、政府から発表された「地方創生」の富士宮市への展開について(市役所)の2点について、それぞれからの説明とざっくばらんな意見交換を行ないました。

振興条例と地方創生、言葉は違えども人口が急激に減っていくこれからの時代において地域の未来をどうやって創り上げていくのか、ということは共通のテーマであります。

今までの行政ではなかなか実現が出来なかった「地域独自のきめ細やかな施策」も、地方創生という大きな旗印と、振興条例という突破口とのコラボレーションでかなりのことが実現可能になりそうな予感がする会議となりました。

意見交換の中で、河原﨑信幸氏が以前から考えていた「中小企業向け工業団地」については、行政側のレスポンスがとても良かったため、条例に基づいて具体策な振興策を討議する会議体~富士宮市中小企業振興懇話会~での、最初の目玉事業として進展していきそうです。

また、求人を出しているのになかなか人が集まらないという「困りごと」が意見として出されましたが、いろんな方から提案が出され、一般求人者がアクセスしやすいプラットフォームを作る方向性がすぐに出されました。懇話会で承認され予算が付けば、これが条例に基づいた施策の第一弾ということになると思います。

行政、中小企業家を問わず、「今、困っていること」をこうしてオープンにして話すことで、「三人寄れば文殊の知恵」ではないですが、それぞれの専門分野の意見を持ち寄れば問題解決の速度が飛躍的に高まると思いますので、これからもこの会議体をうまく運営させていくことが重要であると再認識した会議となりました。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事