富士宮
*

県定時総会記念講演 福岡同友会 福友支部 山田秀樹氏 (5月10日)

県総会終了後の記念講演は、福岡同友会の山田秀樹氏(日本ビルケア株式会社 代表取締役)。自身が所属する福友支部での会員増強取り組みの実践報告をして頂きました。

報告者の自己紹介、福岡同友会及び福友支部のザックリとした紹介に続き、今回の本題である18年間連続して毎月入会を達成し現在も継続中である、その増強取組みについての実践報告をして頂きました。(毎年入会ではなく、12ヶ月×18年=216ヶ月連続入会!)

何か特別な仕組みや秘訣があるかと思いきや、結論から言えば、静岡同友会や富士宮支部での取り組みと何ら変わりは無く、目新しく感じる取り組みは特にありませんでした。逆に言えば「増強に王道(近道)なし」ということであります。

ただ、今回の報告から、自分なりの会員増強ステップを考えてみると、
①まず、取り組むこと
②それを継続していくこと
③継続していく中で改善していくこと
④継続した取り組みが習慣化されること
⑤習慣化が、やがて文化となること
⑥文化の積み重ねが、歴史となること
という流れになるのではないかと思いました。

福友支部でも、当初は知人やご家族を入会予備軍としてプールしておいて、入会がゼロになりそうな月には予備軍から入会させるという、多少ズルッぽいことをしていたようなのですが、10年近く継続し取り組みが習慣化された頃からそのようなことは皆無になったとのことです。

日々こつこつと積み上げることでしか到達出来ない高みがあることを実感した講演でしたし、また、当支部が取り組んでいる方向性が間違っていないことも実感した報告でもありました。

もちろん、既に⑥の領域に到達している福友支部に比べて、富士宮支部は①から②にステップアップしようともがいている最中の、まだまだ未熟な存在であります。まずは②を、そして③へと、あせらずゆっくりとでも順次ステップアップをしていきたいと思います。

ただ、決定的な違いが3点。ひとつは、女性会員の割合が高くて、全体の1/4は女性会員であること。もうひとつは、「知る会」(静岡だとイントロセミナー)を徹底的にゲストに寄り添う会にしていること。最後のひとつは、支部内組織を縦横で串刺しにしていること。

これらの違いを含め、まずは、山田氏の実践報告を支部内に持ち帰りたいと思います。


5月10日(金)、県定時総会が開催されました

5月10日(金)、第46回県定時総会がクーポール会館にて開催されました。
出席者:赤池、阿久澤、朝日、稲原、宇佐美、竹内(昭)、西躰、穂坂、簑、合計9名

会長挨拶、来賓挨拶に続き、松葉、簑両議長による進行のもと、昨年度の活動及び決算報告、今年度の理事案、活動案、予算案について審議が行なわれ、全議案ともに全会一致で承認されました。

今年度の理事全員が登壇し、理事を代表して井上代表理事から今年度の決意表明を頂いた後、会員増強功労者の表彰が行なわれました。

3名増強(3位タイ)の朝日前支部長

4名増強の宇佐美顧問

宇佐美氏は、榛南支部鈴木氏と並んで年間チャンピオン

チャンピオントロフィーを片手に挨拶

富士宮支部から、入会者3名で朝日氏、入会者4名で宇佐美氏が表彰されました。宇佐美氏は、榛南支部の鈴木徹氏と並び年間チャンピオンに輝き、トロフィーを授与されました。

支部表彰として、阿久澤新支部長が受賞

また、11支部中最多の10名の入会を達成したとのことで、富士宮支部としても表彰を受けて、支部を代表して阿久澤新支部長が盾を受け取りました。

アタック25の達成者も、6名中3名(2位宇佐美、3位朝日、同数4位稲原)が富士宮支部会員との報告がありました。

昨年度の支部の取組が、こうして形になることを実感した総会でもありました。


5月度Aグループ会(5月9日)

5月9日(木)、志ほ川バイパス店にて5月度Aグループ会が開催されました。
出席:稲原、小林芳廣、塩川拳三、菅沼田、田邉、西躰、望月知洋、宮崎、渡邊昭仁、渡邉卓、合計10名

新Aグループ長となった渡邉卓氏の挨拶、乾杯、簡単な自己紹介の後、今回のテーマである、「今年度の活動内容」について、議論が展開されました。

毎年恒例の企画あり、青懇部会との合同あり、新会員さん出番ですよのリハあり、昨年度入会した新会員さんの自己紹介あり、テーブル長研修ありと盛り沢山の内容であっという間に1年間のスケジュールを埋めることが出来ました。

今回決まった年間スケジュールは、以下の通りです。
4月 総会後の顔合わせ
5月 年間計画の策定(今回)
6月 テーブル長研修
7月 青懇ボーリング大会
8月 新会員さん出番ですよリハ 外木氏
9月 新会員さん自己紹介 宮崎氏
10月 会社見学 後藤芳氏
11月 新会員さん自己紹介 遠藤光彦氏
12月 妄念例会に参加
1月 薪ストーブの会(ほらふき大会)
2月 新会員さん出番ですよリハ 佐藤氏
3月 令和時代のIT術 田邉氏

年間スケジュールは決まったものの、ベテラン会員の塩川さんから「テーマを決めず、悩みや相談事を聴く会があっても良いのでは」という投げかけがありましたので、それは、グループ会それぞれの中で時間を作って折り込んで行きたいと考えています。

年間スケジュールの通りに進行しないことも考えられますが、充実したグループ会活動を展開したいと考えていますので、Aグループ会員のみなさま、積極的な参加のほどヨロシクお願いします。


4月26日(金)、第21回シニアの会が開催されました

4月26日(金) 、裏魚匠樹苑にて、平成最後となるシニアの会(第21回)が開催されました。

参加者:阿久澤、磯辺(節)、稲原、上野、宇佐美、遠藤(一)、金子、河原﨑(信)、京極、黒松、後藤(泰)、小林(芳)、鈴木(高)、関澤、竹内(昭)、坪井、西躰、望月(史)、森下、渡邊(信)
合計20名(シニア:8名 若手:12名)

後藤英明顧問を偲んで献杯

冒頭、河原﨑顧問より、今回のシニアの会は、先日逝去された後藤英明顧問を偲ぶ会にしたいとの趣旨説明があり、献杯に続いて、おいしいお酒や食事を頂きながら、各人それぞれによる「後藤英明さんとのエピソード」を語ってもらいました。

竹内昭八顧問

黒松健太郎顧問

先輩方から様々なエピソードを聞かせてもらいましたが、共通するのは「知的」「スマート」「ダンディー」という言葉。

中には「こんな富士宮という田舎町に、後藤さんみたいな垢抜けた経営者が居たことが奇跡」とまで語る先輩もいらっしゃって、改めて後藤さんの人柄及び経営者としての手腕・先見性、同友会での尽力の数々を知ることが出来ました。

小林芳廣さん

後半は、後藤さんに会ったことがない若手会員にも「先輩方の話を聞いての感想」という形で発表してもらいましたが、こうして先輩のことを知り、それを自身の経営に生かすことが自然と出来るのが、このシニアの会ならではだと思いますし、富士宮支部の良さでもあります。

先輩と若手、若手同士、あちこちで議論が盛り上がりました

渡邉信友さんは、ジェスチャーを交えて

次回は、8月での開催を予定しています。多くの先輩から数多くの金言を頂けますから、悩みを抱える若手会員も、どんどん積極的に参加してもらいたいと思います。

最後は全員で記念撮影

二次会は、カラオケでリフレッシュ

参加されたみなさま、ありがとうございました。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事