富士宮
*

「夢の扉を開けて見ませんか?」 先輩経営者交流会を開催いたしました。

平成26年11月27日
先輩経営者交流会が開催されました。
今回の先輩は、予てから依頼をしており満を持しての登場となる㈱磯辺建設 磯辺社長であります。今回の出席者は、支部長初め6名の参加となりました。

IMG_4605_R

テーマは「夢の扉を開けて見ませんか?」と題し、今年オープンしたモデルルームの見学会をメインといたしましたが、これを建てる事となった経緯やエピソードも交えて、このモデルルームの売りであるSW(スーパーウオール)工法について説明を受けました。

IMG_4606_R

特徴は、高気密・高断熱により温湿度が季節を通じてほぼ一定しているという事。遮音性が高く騒音が家の中に入らない。そして、計画換気により空気の澱みが少なく綺麗な空気を保っている。冷暖房機器の負担を軽減させる事による省エネ化の実現であります。

IMG_5158_R

IMG_5160_R

IMG_5162_R

この工法の家は一般の住宅に比べコストは掛かりますが、住みやすさと言う付加価値は後で追加しても望めない。車で喩えると高級車の仕様を後から大衆車に追加しても満足な結果は得られないと言う事だそうです。

IMG_5164_R

IMG_5167_R

IMG_5168_R

しかし、実際は不景気の煽りによる民間の消費行動の変化や、一昔前の考え方「家を建てる」から「家を買う」と言う住宅購入に対する人の意識の変化に対応するために常にあらゆる抽斗をもちあわせている事が大事だという事です。

IMG_5174_R

IMG_5181_R

リーマンショックの際に、事前に大変な時代が来る…不景気が来る…とある人の言葉を信じて…展示場を計画。ハウスメーカーに客を取られないために所得の低い方にも手が届きやすい住宅を考える。資金の融通が出来たこともあり、さらに広告宣伝費を使ってのPRの結果集客が増した。当時来期の計画を250パーセント増とぶちまけるが、結果200パーセント増を達成…が、自分が付いて行けなくなった…大変だったが、自分の中ですごいエナジーを感じた…しかし、利益は出ない…故に件数を伸ばすしかない…というジレンマに陥ったのも事実。安定路線の住宅建設以外の仕事の抽斗もフル活動して現状は乗り切れているが、今後の課題は原材料費のアップによる単価のアップに踏み込むか否かに悩んでいると言う生々しいお話まで頂きました。

二次会では、後継者の話・同友会への思い。その他自分の大切にしている信念等々…中身の濃い素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。

IMG_5182_R

今後は、後継者である息子さんを5年から10年のスパンで育て上げ代替わりしたいこと、それが実現したら、今まで我武者羅に頑張ってきたので「仕事を楽しくしたい、楽しみたい。」とのことであります。その息子さんを同友会の仲間に加えて欲しい。これから頼むな!何より今日はそれを1番に伝えたかったと言う事なので、青懇部長はじめ新たに日を改め伺う予定であります。磯辺社長有難う御座いました。

IMG_5184_R


11月度Eグループ会が開催されました。

内容:労務よろず相談!(オープングループ会)

日時:11月26日(水)18:30~21:00

場所:みどり亭
担当者:佐藤昌広(静岡県東部労務管理事務所代表)
参加者 : 6名

11月は毎年恒例、社会保険労務士の佐藤さんによる労務よろず相談でした。
労務管理・・・会社を経営して従業員さんを雇用していたら避けては通れないテーマですよね。
雑談もそこそこに今回のテーマに沿って佐藤さんが解説を始めると、こんな場合はどうなんですか?こういう事例は合法なんですか?・・・と矢継ぎ早の質問が飛び交い、 本当にあっという間の2時間半でした。みなさん本当に真剣です!

今回のテーマは労務管理の基礎の基礎、根幹となる「労働基準法の基礎知識」。
「みなさん当然知ってるよね?」という前置きがありながら、実は意外とあやふやな部分もあったりして!?
労働基準法の8つのポイントについて時間の許す限り詳しい解説や質疑応答、各社の事例についての検証等をしました。
ポイント1 労働条件の明示
ポイント2 賃金
ポイント3 労働時間
ポイント4 休憩・休日
ポイント5 割増賃金
ポイント6 年次有給休暇
ポイント7 解雇・退職
ポイント8 就業規則
年次有給休暇の解説においては、労使双方にとってメリットのある例として「保存休暇制度」を実施している企業の事例の紹介等もありました。

最近の労務管理関係のニュースとしては、厚生労働省が有給休暇の消化を企業の義務とする検討を行なっていることの紹介が。大企業ではすでにそのような取り組みをされているところは多いでしょうが、中小企業にとってはかなりインパクトの大きい話題かと思います。

些細なことから大きなことまで、気軽にざっくばらんに話せるこういう会って良いかも。
3年連続で他グループからこの相談会に参加してくださっている会員さんもいらっしゃいますが、本当に労務管理にまつわる悩みは尽きず、時間がいくらあっても足りない感じです。
労務管理ひとつとっても悩みが多い会社経営ですが、「最後は社長の決断だよ!」ということで締めになりました。

IMG_0193


日本中を笑顔にしたい! 伝わるように伝える

先日11月14(金)に富士宮市支部11月例会が行われました。遠藤崇浩氏は、なぜか引きつけられてしまう魅力をもった人だなと常々感じていたところでの登壇で、興味深くお話を聞かせていただきました。

富士宮市内に“Lounge Bar ENS”と“FUJIYAMA TAPAS”の2店舗を展開し、「日本中を笑顔にしたい!」僕のできることは人を喜ばせ笑顔をたくさんつくる事を実行に移している遠藤氏のルーツから人生が変わるきっかけ、独立、そして同友会に入会し現在に至るまでをわかりやく、ユーモアを交え楽しくお話していただきました。

レジュメに「伝わるように伝える」とありました。

親しい間柄でも伝えたいことがきちんと伝わらないことがよくあります。ついつい「言わなくてもわかるだろ」とうい思いが邪魔をしてしまのかもしれませんが、従業員に経営理念が浸透するまで根気よく「伝わるように伝える」努力をされてきたのだと思います。

お話の中で悩みは尽きないと仰っていました。そんな努力や苦労があったとは微塵も感じさせない発表は、遠藤氏の人柄と「日本中を笑顔にしたい!」という思いが貫かれていたからではないでしょうか。

報告:株式会社フルサポート 岩崎和之


Aグループ会 河原﨑さんの手料理の数々

11月19日、11月度Aグループ会「河原﨑信幸さんの手料理の会」には14名もの参加を頂いて、例年の通り、別記事の通り、大盛況の開催となりました。

毎回、我々の為に全ての料理を河原﨑信幸さんが一日掛けて準備してくださいますが、今回、その手料理の全てを撮影しましたので、河原﨑信幸さんの偉業?を改めて確認するためにも、酔っぱらって何を食べたかすっかり忘れて帰路についた方々のためにも、同友会への入会を迷っているあなたのためにも、ここで詳しく紹介したいと思います。

※注意)お腹が空いている時には、決して見ないでください。既婚者の方は、同じクオリティを奥さまには絶対に要求しないでください。

P1010386

まずは、(株)東食品 望月史生氏より仕入れた大ぶりのエビを使った定番の「エビチリ」です。
「毎回味付けが変わる」と謙遜されていましたが、今回のピリカラ味はビールにとても良く合うので大人気でした。冷めてもおいしいのがとても不思議な一品です。

P1010384

次は、同じエビを使っての「エビマヨ」です。エビチリに比べて量がかなり少なかったので、二つのテーブルとも争奪戦が展開されていました。遅れてきた人は、当然のことながらありつけない「幻の一品」でした。(誰も、残しておこうなんて気は全くありません)

P1010381

そして、その(株)東食品 望月史生氏からのリクエストの「カニクリームコロッケ」です。
なんでも今回初挑戦の料理だということなのですが、河原﨑さんが今まで作らなかった理由は何と本人が「カニアレルギーだから」というのにはビックリしました。(エビは大丈夫です)

頼むほうも頼むほうだし受けるほうも受けるほうなのですが、「味見出来ないから」と言って少々味付けに不安を持っていたその味は、とてもクリーミーでやさしい味をしていました。
しかし、リクエストした大好物とは言えその食べっぷりは・・・史生君。目撃情報によると、少なくとも6コは食べていたようですが・・・

P1010388

これは、河原﨑氏オリジナル「砂肝の香菜漬け」です。砂肝のコリコリとした食感とピリカラの酢醤油がとてもマッチしてやみつきになります。さらに、このタレが浸み込んだ白髪ねぎが抜群にウマイのです。それを見越して追加用の白髪ねぎを大量に用意してあり、その後、何回も白髪ねぎのお代わりをしてしまいました。

P1010391

こちらも定番「おでん」です。朝からじっくり煮込んでいるので良く味が浸み込んでいます。たかがおでんと侮るなかれ。これに青のり入りだし粉をたっぷりとかけ、からしのように味噌を少し付けて食べるのが河原﨑流です。去年これにハマって、自宅のおでんをこのスタイルに変えてしまった人を知っています。

P1010395

これは去年、私が一番インパクトを受け気に入った「炊き込みご飯」です。具は、しいたけ、ニンジン、鳥肉と至ってシンプルなのですが、まるで油で炒めたかのようにしっかりと濃厚な味がついていて、これを「つまみ」としてお酒をグイグイ飲むことが出来ます。

この味を人に説明する際、「これをおかずにご飯が食べられる」「お米を使った、おかず」と言うと、大体理解して頂けるのではないかと思います。

P1010398

こちらは「カブのお漬物」です。カブの甘さと塩昆布のしょっぱさと葉っぱの苦みのバランスが最高でした。これも、お酒グイグイコース一直線でした。

P1010389

これは「チーズの生ハム巻き」です。赤ワインにはピッタリのおつまみです。ただ、誰が始めたかは分かりませんが、これにクリームチーズを乗せて食べるのが今回のブームとなってしまいました。

P1010405

そしてそのクリームチーズ。人間はどれだけカロリーを摂取すれば満足するのでしょうか。
(本来は、スティック野菜のディップとして用意されたものです)

P1010404

ホワイトアスパラとレタスのサラダです。なんでも、1ヶ月間持つ特別なレタスを使っているということで、とてもシャキシャキでおいしかったです。

P1010402

デザートはカキでした。無事、この一品まで辿りついた勇者は、一体何名いたのでしょうか。
(多くの人が、あえなく撃沈していました。私も、その一人です)

こうして改めて見てみると、品数とそのボリュームの多さ、レパートリーの広さに圧倒されてしまいますが、これをあらかた平らげてしまったメンバーの食欲もそれに負けないものがあると思いました。

太目のメンバーが多いAグループ、「このグループにいるから」なんて言い訳が堂々と通用してしまうような食欲の秋ならではの今回のグループ会でした。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事