富士宮
*

第42回青年経営者全国交流会in奈良 その4

2日目の全体会の前後、奈良に残った3人(宇佐美、朝日、稲原)で、あちらこちらと観光をしてきましたので、その様子を少しアップ致します。

8時に全体会場で受付を済ませた後、沼津支部の梶川さんを加えた4名で、まずは東大寺南大門へと向かいました。

s-P1000788

朝からスケールの大きさに圧倒されます。左奥に見える建物は、前日に分科会の会場となった東大寺ミュージアムです。

南大門を越えてさらに北へ進み、中門まで行ったところで梶川さんは全体会場に戻りました。

s-P1040786

受付を済ませて中に入ると、大仏殿が見えてきます。木造とはとても思えないスケールで圧倒されてしまいます。

中に入ると大仏様が鎮座しております。写真撮影が可能というのが少し嬉しかったりします。

s-P1000800

角度を変えて見るとそのスケールの大きさがまた違って見えます。気が付いたら口をポカンと開けていました。

脇に、その上に大仏様が鎮座しているという、蓮の葉のレプリカが置いてありました。

s-P1000804

とても細かい模様が書かれているのですが、近づいて良く見ると、とてもポップです。

s-P1000803

ヘタウマな絵で、この時代に蛭子能収さんのような方が一生懸命掘っていたことを想像すると少々笑えてきました。

大仏殿を後にして東へ歩き、二月堂に向かう途中のお茶屋さんの前で、たくさんのシカを見かけました。

s-P1000812

「シカせんべいをあげると、楽しい(ことが起きる)よ」と朝日さんに言うと「よし、やるか」と、朝日さんはお金を入れてシカせんべいが入っている箱のフタを開けようとしました。
その瞬間、今まで全く知らんぷりをしていたシカたちがそれに気付き、一斉に朝日さんに向かって走り出し、あっという間に朝日さんを囲んでしまいました。
ハーレム状態の朝日さん、スーツも舐められ大変な目に会いましたが、奈良初体験の朝日さんには、とても良い旅の思い出が出来たと思います。

無事?せんべいやりも終わり、さらに上へと登って行くと、二月堂が見えてきました。

s-P1000816

せっかくだからと二月堂の上まで登ると、眼前には奈良の広大な景色が広がっていました。
(この景色は、見る価値が絶対にあります)

二月堂を後にして、奈良公園を南に向かって歩き、全体会場へと戻りました。

全体会後、春日大社に向かう途中の春日荷茶屋で昼食をとりました。

s-DSC_0067

月替りのお粥(万葉粥)と柿の葉寿司と葛もちのセットを頼みましたが、久し振りに胃に優しい食事でした。(泡の出る飲み物も、久し振りにナシでした)

昼食後、春日大社に向かいます。あれだけのシカに囲まれてシカ好きになったのでしょうか、朝日さんがシカに近付いて写真を撮っています。

s-P1000841(春日大社をバックにシカを撮る朝日さんを撮るの図)

春日大社は本殿が改修工事中でしたが、たくさんの見どころがコンパクトにまとまっていて、東大寺とはまた違う良さがありました。

s-P1000857

特に、藤波之屋という場所では、年に3回しか行われない万燈籠(春日大社に奉納された3,000基の燈籠全てに浄火をともす)が再現されていて、息を飲むほどの幻想的で美しい光景を見ることが出来ました。(明りはロウソクではなく、LEDでした)

春日大社を後にして、南に向かって歩き出しましたが、すぐに鬱蒼とした森となり、先ほどまでの賑やかさがウソのように静かな山道を三人で歩いて行きました。
山道を下りた先に、志賀直哉旧居があります。

s-P1000903

昭和4年に完成した滋賀直哉旧居は、志賀直哉自身が設計し、それを京都の数寄屋大工の名工が建てたということもあり、全体的に軽やかで遊び心に溢れた建物でした。

滋賀直哉旧居を後にしての帰り道で、浮見堂猿沢の池興福寺の五重塔や三重塔などを眺めながら、最後は東向通り商店街を通って近鉄奈良駅に到着しました。

s-P1040834 (時間が無くて遠くから眺めただけの浮見堂です)

時間ギリギリで予定していた特急電車に飛び乗り、30分ほど揺られながら京都駅に到着して、今度はJR京都伊勢丹でお土産を買い漁ります。
今回は、朝日さん大推薦の阿闍梨餅をお目当てにしたのですが、行ってみると10人ほどの行列が出来ていて、1本早い電車を選んで大正解でした。
さらに、こちらも行列していた551蓬莱で豚まんを買い、駅に戻ったところで静岡で打ち合わせのある朝日さんと別れました。

残った二人は、祇園に移動してさらに観光を続けます。気が付いたら2万歩以上歩いています。

お昼があっさりとしたものだったこともあり、早い時間にお腹が空いてしまいました。
ふと見ると「天下一品」の文字が目の前にありました。昨晩のリベンジを兼ねて再突入です。

s-DSC_0069

さすが、天下一品の地元である京都。本店に近い味で宇佐美さんにも満足して頂けました。
スープを全て飲み干し「明日もお待ちしてます。」を表示させるのが、昔からのお約束です。

お腹が一杯になったところで、親子ガメと言われたボロボロカバンの後継者探しです。
今回、帆布カバンの購入は、信三郎帆布ではなく、㐂一澤にて行ないました。

s-P1000928

㐂一澤は、一澤帆布でデザインを担当していた、四男が2010年から始めたお店です。
一澤帆布の流れを汲む、昔ながらの質実剛健なデザインの商品ばかりで、 昔からのファンにとっては嬉しいお店です。

その後、田中漬物舗で抜群においしいしば漬けを買い、裏小路をフラフラと河原町まで歩き、京都駅に戻って無事観光終了となりました。

普段、なかなか行くことが出来ないエリアへ行く切っ掛けになる全国大会、大会も勉強になりますが、こうやって前後で観光することもまた大いに勉強になりますので、是非、多くの人にチャレンジしてもらいたいと思います。

参加されたみなさま、お疲れ様でした。


第42回青年経営者全国交流会in奈良 その3

9月19日、青全交2日目の朝は、(無理して)早起きをして、6時30分の朝食から始まりました。
と言うのは、7時過ぎに宿泊ホテルを出なければ、全体会の会場に8時前に到着することが出来ないからです。

全体会の開場となる奈良県新公会堂 能楽ホールは、定員が先着順の500名となっていて、開場時間の8時頃に到着していないと良い席を確保することが難しいほど人気のある記念講演になるだろうと楽しみにしていました。
ちなみに、先着500名からあぶれてしまうと、2階レセプションホールでの映像視聴(定員400名)となってしまいます。
全体の参加者が1,300名近くいたのですから、ちょっとした時間差で2階ホールでの映像視聴になることだけはどうしても避けたかったのです。
s-P1000778

鹿が青い芝生の上でくつろいでいる脇を通り抜けて、会場には予定通り8時前に到着することが出来ました。
既に並んでいる人は100名ほどでしょうか。これなら十分良い席を確保出来そうです。

s-P1000781

会場には立派な能舞台がありましたが、それをゆっくり眺めることはせずに、とりあえず席だけ確保した後、朝の観光(東大寺)へと向かいました。(この内容については後述します)

s-P1000827

結局、9時からの全体会開会には戻って来れず、生で能楽を見る機会を失ったようでした。(少々、後悔しています)

記念講演は、「不揃いの木を組む」と題して、宮大工の小川三夫棟梁(鵤工舎)に90分ほどの講話をして頂きました。

小川三夫棟梁は、「最後の宮大工」と言われた、法隆寺大工 西岡常一棟梁の唯一の内弟子として技を磨き上げた人で「そんなんしたら、ヒノキが泣きよります」など数々の名言を残した西岡棟梁の大ファンである私にとっては、小川棟梁もまた西岡棟梁同様、「神様」と崇めたくなるような存在なのであります。

s-P1000829

記念講演もしっかりとメモさせて頂きましたが、その内容の多くは「ほぼ日刊イトイ新聞」「法隆寺へ行こう!」「対談編(全9回)」に書かれていますのでそちらをご覧いただくとして、それらを含め印象に残った言葉をいくつかここで挙げたいと思います。

・3年半の下積み後、西岡棟梁から「納屋の掃除担当をせい」と言われて、本当に嬉しかった。なぜなら納屋には大工道具や書きかけの図面がいっぱい置いてあり「それを見てしっかり勉強せい」と言ってくれたようなものだったから。

・うちに来る若い衆は、何も取柄の無い人間ばかりです。何か取り柄が有ると、どっぷりと仕事に浸ることが出来ず、あっちこっちと余所を向いてしまってモノになりません。器用な人間は別な仕事で稼いだら良いのです。

・とにかく修行中は自分の考えを持たないことです。「斧を研げ」と言われたら、斧が針になるまで研いでしまうような人間でなければ務まりません。自分の考えを持つのは棟梁として独立してからでも遅くありません。

・10mの直角三角形を作れと言われて、器用な人間は30cmの三角定規を覗いて10mの三角形を作ろうとしますが、不器用な人間は本当に10mの直角三角形を作ろうとします。後者の人間の方が、将来、大きく成長します。

・一人前の大工になるためには、なるべく遠回りさせることも大切です。無駄なことをいっぱいさせて、その無駄に気付かせれば、今度はその無駄を省こうと目の色を変えて努力をします。

s-P1000835

最後に、槍鉋(ヤリガンナ)の実演をして頂きました。この槍鉋は、室町時代にノコギリが発明されると途絶えてしまった道具で、それ以前の建物を修復する際には絶対に必要であると考えた西岡棟梁が、様々な文献を調べに調べて500年以上振りに復活させたという思い出深い道具であります。

小川棟梁が削る度に、クルクルとした綺麗なカンナクズが出てきます。このカンナクズを欲しいと思った人は私だけではないと思います。

小川棟梁が西岡棟梁から直接教わったのは、たった一枚のカンナクズだけだったそうです。そのカンナクズを大切に窓に貼り付け、同じカンナクズが削れるように毎日夜が更けるまでカンナを研いだというエピソードを思い出しながら、いわば神業とでも言うべき小川棟梁の動きに見入ってしまいました。

講演終了後の割れんばかりの拍手の大きさが、この講演の素晴らしさを物語っていると思いました。
とても素晴らしい記念講演となりました。小川棟梁、奈良同友会のみなさま、本当にありがとうございました。


第42回青年経営者全国交流会in奈良 その2

分科会会場から懇親会会場までは、バスでの移動となりました。

隣席の宇佐美支部長と、今回のグループ討議について話しましたが、宇佐美支部長のグループは全員が里山資本主義を読んでいたり、既にエネルギーシフト研究会を県で立ち上げている岩手同友会の方がいたりと、私のグループとは様相が違っていたこともあり、かなり活発な討議が出来ていたようでした。
(岩手の方にだいぶ助けられた、とおっしゃっていましたが・・・)

懇親会会場に到着したところ、まだ開会まで1時間以上あったので、歩いて15分ほどの宿泊ホテルで先にチェックインを済ませてから会場に戻りました。

s-P1000764

懇親会会場フロアは溢れんばかりの人で溢れていました。(と言うか、完全にキャパオーバー)
普通であれば、会場内を廻って以前の全国大会等でお世話になった人を探しに行ったりするものなのですが、全くその気すら起きないほど混雑していました。

s-P1000766

佐野実行委員長の挨拶以下、いろんな方の挨拶が延々と続きます。往復で30分以上歩いてノドがカラカラの身には苦行以外の何物でもありません。どうせ誰も聞いていないor聞いてもすぐ忘れるのですから、もっと短い挨拶に徹するか、どうしても長い挨拶をしたいのなら、乾杯した後に心置きなくやって欲しいと思いました。
(あくまで、筆者の個人的な感想です)

音響の音も大きすぎて、ステージで何かやる度に隣同士の会話が途切れてしまいます。ステージを見たい人、会話を楽しみたい人、そのどちらにも適切な音量にして欲しいと切に思いました。

簑前支部長と穂坂副支部長は、翌日仕事があるということで、懇親会途中での退席となりました。

懇親会終了後、静岡のメンバー(有志)で、二次会に行きました。場所は新大宮駅近くの(私たちが来る前は)静かな洋風居酒屋を選びました。(参加者 沼津:河合支部長・梶川さん 三島:高木前支部長 富士宮:酔っぱらいの三人)

s-P1000769

奇しくも県東部のメンバーばかりとなってしまいましたが、これも他支部の例会に参加しつつ地味にスパイ活動をしてきた成果なのかもしれません。(県西部の例会は、支部の役員会と重なってなかなか参加出来ていません)

各支部で共通の悩みや、各支部独自の問題などをざっくばらんに話し合い、酒を飲み、支部を越えた交流を深めることが出来ました。特に、朝日さんにとっては、梶川さんという優秀なランナー仲間を獲得出来たのが、今回の一番の収穫だったかも知れません。(朝日さんの分科会は散々だったようでした)

s-P1000770(どうしたら、こんな恰好が出来るのでしょうか、教えて恭子さん!)

この上の写真のお方が、そうとうお疲れのようだったので、ここで会をお開きとさせて頂きホテルに戻りました。
ホテル直前で「天下一品」の文字が目に入り、締めのラーメンということでお店に入りましたが、慣れないバイトが作ったようで、かなり不味いラーメンで締めることとなってしまいました。

翌日に悪い影響が出ないようにと願いつつ、初日の眠りにつきました。


第42回青年経営者全国交流会in奈良 その1

9月18日・19日の両日に奈良で開催された、第42回青年経営者全国交流会(略:青全交)に参加してきました。
全国各地から1,300名近い会員の参加があり、静岡県から14名、うち富士宮支部から5名のメンバーが参加しました。
(参加者:宇佐美支部長、簑前支部長、穂坂副支部長、朝日副支部長、稲原例会企画委員)

まず、京都駅での乗り換えの時間を利用して、三十三間堂を見学してきました。

s-DSC_0064
久し振りに三十三間堂を訪ねたのですが、やはり千体の観音立像が立ち並ぶ様は、いつ見ても圧倒されてしまいます。

次に、京都駅に戻り、京都を代表するラーメン店、新福菜館で早めのお昼を食べました。

s-P1000755
富山のブラックラーメンより薄いものの、かなり黒に近い茶色いスープからは想像出来ないほどマイルドな味付けで、チャンポン麺に近い食感の中太麺との相性も抜群でした。横にあるチャーハンも、この店以外では絶対出せない味と色で、結構量があったものの完食してしまいました。(チャーハンは、大盛りを3人で分けました)
ちなみに、画像に映っているグラス入りの泡が出ている黄色い飲み物は、相席のお客さんのだったような、そうでなかったような、そもそも相席でなかったような、もう一本追加したような・・・

s-P1000757(近鉄京都駅から既に「せんとくん」がお出迎え)

近鉄特急で奈良に向かう時間を使って、某支部長のためにエネルギーシフトのレクチャーを致しました。と言うのは、今回、私と同じ第2分科会でテーブル長(私もテーブル長でした)を務めるということで、エネルギーシフトのおさらい(と言えば聞こえは良いのですが、要するに一夜漬けならぬ一昼漬け)をしておこうということで、エネルギーシフトを語る上で絶対に外せない「里山資本主義」「kWh=\(キロワットアワー・イズ・マネー)」の2冊の中で重要なポイントを整理したのですが、それが後で自分の役に立つことになるとは、この時は全く思いもよりませんでした。

奈良駅で降り、奈良県同友会メンバーの歓迎を受けた後、朝日氏を除く4名で第2分科会の会場へ向かいます。今回は、会場がいくつにも分かれていて、我々の会場は東大寺ミュージアムというとても綺麗な施設でした。

第2分科会は、中同協の設営で「ビジョンの実践」をテーマに、広浜泰久中同協幹事長[(株)ヒロハマ 代表取締役会長]を報告者に『世界に誇れる日本の未来を創ろう!~青年経営者として「エネルギーシフト」をいかに考えるか~』と題して行われました。

s-P1000760

まず、広浜氏から、エネルギーシフトの概要を説明して頂きました。 レジュメは、以下の通りでした。(60分)

1.エネルギーシフトとは
①中同協ドイツ・オーストリア視察から
②REESの活動

2.今、なぜエネルギーシフトが必要なのか
①エネルギー問題と節約
②生活の質の向上
③日本における資源の豊富さ
④中小企業の出番
⑤地域づくりと行政との連帯

3.青年経営者としてエネルギーシフトをいかに考え、実践するか
①中小企業家エネルギー宣言について
②まず学習
③未来の地域・日本をつくる

内容は「分かっている人が、分かっている人に向けた、概要説明」という感じで、初めてエネルギーシフトという言葉に触れた人たちにとっては、取っ掛かりを得にくい内容だったと思います。
また、配布資料も少ないため、それらを見てより理解を深めるということも不可能で、せめて、ドイツ・オーストリア視察をまとめたハンドブックぐらいは、事前配布しても良かったのではないかと思いました。
(帰ってから学習することも出来ますし・・・)

s-P1000763

そんなことを思いながらグループ討議に入ったのですが、8名中6名の方が「里山資本主義」「kWh=\」のどちらも読んでおらず、「エネルギーシフトって何?」という方が多かったので 、正直どうやって討議を進めて行ったら良いか悩んでしまいました。

結局「里山資本主義」「kWh=\」は、後日各自で読んでもらうようにして、エネルギーシフトの大枠や概念だけを少しずつ説明しながら、あまりエネルギーシフトについて突っ込んだ討議はせず、エネルギーシフトの目的の一つである「地域内に雇用が生まれたり、お金が循環することで地域が良くなる」ということを主眼に「埋もれていた地域資源」について考えたり、皆が良く知っているような事例(徳島県上勝村のいろどり事業など)を挙げてそれについての感想を聞くようにしたりという形でグループ討議を進行させました。

幸い、グループ発表は無かったものですから、参加して頂いた各人がこれから持ち帰って考えてもらうようなきっかけになるようにと考えて進行したつもりだったのですが、参加されたみなさんにどのように感じてもらうことが出来たのかまでは、正直分かりませんでした。

支部例会以外で初めてのグループ長だったのですが、思うようには出来ないという反省ばかりが残ってしまいました。

ただ、各グループの発表を聞く限りは、どのグループもあまり深い討議が出来ていなかったように感じました。
それは、座長である平田美穂中同協事務局長のまとめと発表の内容とが乖離していることからも十分に分かりました。

何はともあれ分科会が終了し、懇親会会場へ向かうバスに乗り込みました。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事