富士宮
*

10月度Eグループ会が開催されました。

内容:自動車部品工場見学会!(オープングループ会)
日時:10月22日(水)15:00~17:00

場所:丸山工業株式会社 → 有限会社鈴木製作所 → 株式会社中里メッキ
担当者:九川治喜
参加者 : 12名

自分の業界では当たり前の空気というものが、他の業界から見るとかなり別世界に映ることがあるかと思います。今回のEグループ会ではご要望にお応えして、同友会の会員でもある自動車部品関連会社3社をハシゴで工場見学させていただくという企画でした。
本当に限られた時間の中でしたので、
・自動車業界の概略をご理解いただく
・自動車業界の末端の現場の空気を感じ取っていただく
ことに的を絞ってのスケジュールとなりました。

2万〜3万点の部品から出来ていると言われる自動車。
基本はそのどれか一つでも欠けると自動車になりません。
部品の分野としては、車体骨格関連、ドア類、エンジン関連、吸排気関連、燃料タンク、ミッション関連、ブレーキ関連、タイヤ類、ランプ類、インパネ関連、ハンドル、シート、内装、ガラス類、オプションパーツ・・・と多岐に渡り、それらを構成するたった一つの部品を作るのにも複数の会社の連携が必要となる場合が多々あります。
ゆえに自動車関連産業のすそ野は非常に広いと言えます。

自動車メーカーが企画したクルマは部品毎に図面にされ、1次メーカー(Tier 1 とも言う)に展開されます。1次メーカーは必要に応じて2次メーカー(Tier 2)に展開します・・・のような形でサプライチェーンが形成されていきます。
どの業界も同様かと思われますが、我々自動車業界のサプライチェーンの末端を担う中小企業は厳しい品質・コスト・納期と日々戦っております。

参加者の方々にとって今回の工場見学は・・・「騒音が・・・」とか「煙が・・・」とか「ニオイが・・・」とか言った感想も持たれたかと思いますが、概ね満足していただけたようです。

快く工場見学をお引き受けいただいた有限会社鈴木製作所の鈴木社長、株式会社中里メッキの渡邉専務、今回は本当にありがとうございました!
雨で足元の悪い中ご参加いただきました皆様、大変お疲れさまでした。ありがとうございました!

 

丸山工業の食堂にてブリーフィング。

1661871_737774919635215_2164401584968335999_n

 

丸山工業(プレス加工)の現場の写真は撮り忘れてしまいました・・・。
順送プレスにより早く正確に製品が出来ていきます。
パイプ加工では無人でパイプを曲げている設備が目を引いていました。

7110_737775832968457_4506961008859961166_n

 

鈴木製作所さん(スポット溶接、プロジェクション溶接)の現場見学。

職人ワザにより次々とナットが溶接されていきます。

10407046_737775849635122_9136846402782401865_n

 

中里メッキさん(亜鉛等のメッキ、カチオン塗装)の現場見学。

パイプの内部にもメッキ可能!という特殊技術を持っています。

1962691_737775959635111_49882810683051637_n

 

鉄の上に金属をコーティングするのがメッキ、
鉄の上に樹脂をコーティングするのが塗装・・・なんです♪

10154273_737775859635121_8375447163434355744_n


富士宮支部2連覇!支部対抗ソフトボール大会

10月19日(日)に4支部(富士宮、富士、沼津、静岡)によるソフトボール大会が村山ジャンボにておこなわれました。

各支部とも楽しみながらも白熱した闘いが繰り広げられました。

乱打戦を制したのは、富士宮支部で、見事に2連覇を達成しました。

試合終了後は、富士支部にバーベキューを用意して頂き各支部とも健闘を称えあいながら楽しみました。

ありがとうございました。

★報告:鈴木智道(丸鈴製菓)


10月度富士宮支部Cグループ会が開催されました

10月7日、10月度富士宮支部Cグループ会が開催されました。
今回は、『富士宮中央クリニック・医療の現場を知る』 と題し、富士宮支部会員でCグループのメンバーでもある富士宮中央クリニック理事・統括部長、加藤周平氏の担当で参加者総勢10人(加藤氏含む)で執り行われました。

IMG_4262_R

まずは加藤氏による院内の説明。院長初め、どの様なシフトで対応しているのかというお話から、診察室・採血室・レントゲン及びCTやエコー・胃カメラ検査の現場や、リハビリ・介護部門についての説明を受けました。

IMG_4263_R

IMG_4264_R

ドクターに関しては、某大学の医学部の医局と連携して招聘はしているものの、昨今の医師不足によりこちらへきていただくのが難しくなっているというのが現状だそうです。

さらに、当クリニックの強み・弱みについても丁寧にお話していただきました。特に印象強かったのが、市立病院も含めてですが、この市内に於いて重大な外傷(複雑骨折等)を負った場合、それをこの市内で手当てができないという事です。救急で運ばれて来た患者さんを受け入れたとしても、わざわざ他の近隣の大きな病院に処置をお願いする事しかできないのが現状らしいのです。一刻を争うような重大な負傷をおった場合、やはり時間的制約の中で本来は可能であるべき治療が不可能になってしまうという事。つまり本来つなげることのできるものがつながらなくなってしまうという事。この現代において、知らず知らずの間に我々は、陸の孤島に追いやられてしまっていたのかもしれないのであります。

これは大方の中小企業の於かれている現状と一緒で、知らない間に蝕まれ、手足が壊死していっているかのように見えることと符号します。気が付いたら何も出来ない(回復不可能)ほどに弱りきっているのです。
しかし、その中で我々のできる役割とは何か?当クリニックを始め今回の参加したメンバー全員が前途多難な中でも強く生き残るべき戦略を持って経営に挑まなければなりません。

院内の説明を受けたあとですが、場所を移動し懇親へ全員参加。
その場では聞けなかった興味深い話を加藤氏にたずねながら宴は進んでいきました。
これを機会に、やはり顔を合わせ連絡を取り、良い仲間としてこの会を盛り上げて欲しいと思った次第です。

IMG_4268_R


(株)ヒッピーズの経営計画発表会に参加してきました

10月2日(木)、株式会社ヒッピーズの第三回経営計画発表会に参加してきました。
ヒッピーズは、富士宮市東阿幸地にあるショッピングセンター「ピアゴ」内に実店舗を構えるニッチジャンルのファッション専門店です。(店舗の様子はこちら

s-P1000965

ここ1年で2回、沼津支部例会に参加させて頂いたのですが、1回目は入会間もない大神田浩司代表取締役と同じバズグループとなり、2回目は大神田氏の伝説「紙芝居風2分間スピーチ」を間近で見ることが出来たりと、何故か大神田氏とは不思議と縁があり、そんな縁もあってか、先日の富士宮支部例会にも参加して頂くという、良い刺激を受け合う関係となっています。

s-P1000968

開会に当たって、まず大神田社長が、この発表会を開催する理由を三つ挙げました。
① スタッフに対して、「これからどういう会社にしていくのか」を説明する。
② 創業10年に向けて、経営へよりシフトしていくという自分自身の決意表明をする。
③ こういう場を作ることで、自分の「伝える力」を養いたい。

社是や経営理念に対してアンチ派だった大神田氏も、経営に迷いが生じて右へ左へとフラフラする自分をなんとかしたいという思いから、社是及び経営理念を作成し、その実現のために動き始める、という決意表明から発表会が始まりました。

また、今期の売上が前年度比99.6%と100%を超えることが出来なかったのは、自分自身の甘さが原因であり、そこをしっかりとこれから改善していきたいとのことでした。

実店舗とネット店舗との販売比率がここ数年で大逆転する中で、いかに効率よくネット販売業務をこなすかが今直面している大きな課題であり、それに向けての対策を現在実行に移している最中とのことでした。

その中で、売上目標という掴み辛い数字を商品単価で割込むことで「1日○個やる必要がある」という従業員が考えて行動しやすい具体的な数字に落とし込む手法や、ネット通販独自の物流システムを徹底的に研究することで自社の省力化に結び付けたりと、我々にもとても参考になる好事例をいくつか紹介して頂きました。

また、主力購買層である10代20代が利用するシステムを自社に取り込んだり、逆に10代20代がより購入しやすいようなシステムを導入したりと、「オジサンニハ、リカイフノウ」と拒絶反応を起こす世代であるはずの大神田社長のバイタリティを少しでも見習わなければならないと痛感致しました。

各パートとも熱のこもった説明だったため、2部構成の前半が終了して休憩となりましたが予定時間をだいぶオーバーしてしまいました。

s-P1000970

すると、従業員全員(女性4名)が即座に社長を取り囲み、いきなり説教タイムが始まりました。
このまま後半を予定通り進めて行くと、完全に時間オーバーとなってしまうため、どこをどう絞るか従業員から具体的な指示がどんどん出ます。

大神田社長は、その指示にウンウンとうなずくばかりです。
ひょっとしたら、これが今日のハイライトだったのかも知れません。

s-P1000969

ふと資料に目をやると、表紙に「量から質へ」と書いてありましたが、実際の資料はかなりのボリュームだったので、従業員さんには最初から時間オーバーすることが分かっていたのかも知れません。

後半は、大神田社長がこれからの組織の有り方として現在取り組んでいるチームビルディングについての説明が主となりました。

目指すものは「最強のチーム」ではなくて「最幸のチーム」、これが出来た時、ヒッピーズは日本を突き抜けて、きっと世界に羽ばたいているものと思います。

最後に全員参加のミニゲームを行ない、チームとして行動することの難しさを学びました。
(あの後、西村富士支部長とああだこうだと攻略法を考えましたので、次回は万全です)

初めて経営発表会に参加させて頂きましたが、自分自身にとっても大変勉強となりました。
大神田社長はじめ、ヒッピーズの従業員のみなさま、ありがとうございました。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事