富士宮
*

第23回中同協役員研修会イン富山-4

最後に、講義以外の内容の紹介と、今回の役員研修会のまとめを行いたいと思います。

1日目の夕食交流会では、愛知同友会橋田事務局長と席が隣同士となったため、愛知同友会での活動を話題の中心に、様々な意見交換をさせていただきました。
また以前、富士宮支部担当で、その後愛知同友会事務局へ行った、八田事務局次長にもご挨拶が出来ました。
(だいぶ前で、しかも担当期間がとても短かったのですが、私のことを覚えていてくださいました)

2日目の朝は、早めにチェックアウトを済ませ、路面電車(富山ライトレール)に乗って富山港へ。

s-P1000045
カラフルでカッコイイ路面電車でした

s-DSC_0713
5分程しかいませんでしたが、10年振りに見る日本海でした

研修会の帰り道は、ちょっと寄り道をして、世界遺産五箇山合掌集落に行ってきました。

s-P1000060

世界遺産の割りには、かなり生活臭(BSアンテナやらプラスティックのコンテナやら自転車やら)がにじみ出ていて、もう少し「観光地らしく」したほうが良いような気が致しました。

しかしそうは言っても、普段なかなか行くことが出来ない場所に行けたことはとても良い経験ですし、それが出来るのが全国行事の魅力の一つではないかと思います。

今回の役員研修会で一番感じたことは、中同協の御三方(赤石相談役、鋤柄会長、広浜幹事長)は3人ともとても素晴らしい方々だったのですが、最初から素晴らしい経営者だったという訳では無く、同友会での活動を自社でしっかりと実践し、多くの失敗を重ねながら、良い会社にしてきたからこそ、こうして我々の前に立っていることが良く分かったことでした。

講義の途中で頻繁に出てきた自社の失敗談、経営上の大きな決断、不測の事態への対処など、経営者ならではの深い話がたくさん聞けたことも大きな財産となりました。


第23回中同協役員研修会イン富山-3

2日目の第3講は、『「同友会運動の発展のために、同友会理念と企業づくり」~学べる組織、減らない組織、増える組織をめざして~』と題し、広浜泰久中同協幹事長にこれまた90分「みっちり」と講義して頂きました。

s-P1000047

今講のレジュメを以下に紹介致します。

1.自己紹介

2.「同友会の三つの目的」とは
①「よい会社をめざす」
・労使見解・・・経営者の責任、真の人間尊重
・経営指針・・・理念・方針・計画、社会性・人間性・科学性、ポイントは?
②「よい経営者になろう」
・時代を切りひらく総合的な能力・・・生き方を問われる同友会運動、自主・民主・連帯
③「良い経営環境をめざす」
・条例・憲章・・・中小企業の役割と重要性、運動の意義「感心・認知・関与・活用・周知」

3.「自主・民主・連帯の精神」とは
①「自主」
・会運営・・・自分たちで創っていく活動
・企業づくり・・・個人の尊厳、独立自尊(×自己卑下、×他者依存)、立志
②「民主」
・会運営・・・支部・委員会・役員会の尊重と活用、事務局の有効活用・労働環境
・企業づくり・・・生命の尊厳、雇用・賃金・労働環境、相互尊重
③「連帯」
・会運営・・・あてにしあてにされる関係、会員同士・事務局・行政その他
・企業づくり・・・人間の社会性、共に活かされている、素晴らしさの最大限発揮
④「一人ひとりの生き方、あるべき地域・日本をつくるために・・・」

4.「国民や地域と共に歩む中小企業」とは
・憲章の精神・・・経済的側面だけでなく社会的側面での中小企業の役割、誇り高く

s-P1000049

初日に2回も「みっちり」と講義を受け討議をしたことと、レジュメの順番通りに話してくださったので、とても分かり易い講義ではあったのですが、それぞれの言葉の意味の深い部分を理解するには、まだまだ時間と勉強が必要なことを痛感致しました。
また、それぞれの言葉の意味するところを自社での出来事(成功例、失敗例)を折り込みながら説明して頂き、改めて同友会活動と自社との経営が密接に関わっていることを理解することが出来ました。

講義の中で一番印象に残ったのは、「講義を受けてメモを取っただけではダメで、それらを実践で活かす必要がある。そのためには、重要な言葉をピックアップし自身のスケジュール帳に毎週の予定として落とし込んで実行しなさい。」というお話で、私も早速実行しようと思います。
(2日間同じテーブルだった、富山同友会の高橋賢さんの会社では既に実践されていました)

その他、講義の中で印象に残った発言をいくつか紹介して、この講のまとめとしたいと思います。
・「何のために経営をしているのか」が分からなければ、正しい方向に会社を持っていくことは出来ない。
→二代目として良いところを見せようと新規事業に参入し、4.5億の投資の末に最終的に撤退した失敗の原因
・物事を数字で捉える習慣をつける。(「大至急やってくれ」では無くて「明日の朝9時までにやってくれ」など)
→数字で捉えることで、「具体的な目標」を掲げることが出来る。伝達する際に「間違い」が起きない。
・自己資本は、利益を上げ、納税をした上でなければ出来ないからこそ、経営上、重要視しなければならない。
・機会損失を防ぐための企業づくりに必要なことは、①課題把握、②役割分担、③進捗チェックの3点である。
・機会損失を防ぐ一番効果的なことは、経営指針に沿った経営を行うことである。(理念の社員への浸透)
・同友会活動で時間が取られた分は、自社で実践することで元を取るようにする。(会社の経営を疎かにしない)
・同友会活動は、機嫌良く、屈託なく、自主的に行う。(なぜ自分ばかりやって、他の人は・・・などと責めない)
・同友会役員の利得・・・①企業づくりがしやすくなる、②自分達で会を作る醍醐味、③地域づくり参加の醍醐味。
・問題点(不平・不満を含む)を単なるグチで終わらせるのではなく、議論の場に持ち込んでしっかり議論をする。


第23回中同協役員研修会イン富山-2

第2講は『半世紀を超えた同友会運動、その歴史と理念に学ぶ~「労使見解」を生み出した中小企業家の知恵と努力、今日的価値について』と題し、赤石義博中同協相談役幹事に、これまた「みっちりと」講義をして頂きました。

s-P1000039

4ページにもわたる、第1講以上に濃いレジュメでしたので、一部省略してタイトルを中心にレジュメを紹介します。

(1) はじめに
1.日常的な視点を磨くために歴史を学ぶ。それを単なる知識ではなく実践的に活かす。
~原因のない結果はない。私たちと私たちの子孫に未来のために、今、何を作り込むべきか~
2.同友会創立者たちは、「現象(結果の)」の「原因をどう判断し」、「どんな新しい原因を作ろうとしたのか」
~自らの努力で獲得できるべくして獲得すべき未来のために~
3.同友会は、「なぜ、できたのか(何を求めたのか)」
① 中小企業家の「正当な努力」を「正当に評価」し、大企業並みに経済政策の対象に。
② 「運動の中で何を磨き上げてきたか(めざすものは何か)」。

(2) 苦難の近代史の中で胎動し、戦後の試練が形成させた同友会理念
~戦後の、またしても大企業優先・官僚統制の動きの中で行動に~
1.同友会創立先輩の底流にあった「視点と思い」
2.労使問題に苦労し、悩まされながらも、本質的な解決策を追求
3.激しい労働攻勢の中で「全社一丸体制づくり」を求めて、ついに「労使見解」(1975年)へ

(3) 同友会理念「自主・民主・連帯」の深い意味の具体的展開「労使見解」精神の実践を
~同友会のいう「人間尊重」の理論的根拠と実践すべき具体的内容~
1.労使見解精神は、人間としての素朴な三つの願いへの具体的対応
~「全社一丸体制づくり」のプロセスで集約され明らかにされた社員の素朴な願い~
① かけがえのない命を大切にしたい。健康でありたい。与えられたいのちを全うしたい。
② 仲間として認められたい、当てにされたい、できれば尊敬されたい。
③ 職場や専門分野で輝く存在を目指すなど、かけがえのない人生を悔いなく精一杯生きたい。
2.前項①~③は、それぞれ民主、連帯そして自主の深い意味と照応している。
~「生命の尊厳性の尊重」、「人間の社会性の尊重」、「個人の尊厳性の尊重」~
3.人間尊重の精神「生きる。くらしを守る。人間らしく生きる。」と「自主・民主・連帯」とのつながり。

(4) 運動の展望と人類の未来 ~人類の未来を担う中小企業・自営業~

s-P1000042

今回初めて赤石相談役の講義を聞いたのですが、レジュメはレジュメ、講義は講義というスタイルだったので、話があちこち飛んでなかなかうまくメモが取れず苦労しました。(第1講で既におなか一杯であったことも原因ですが・・・)
しかし、言葉や数字にうろ覚えの部分が全く無く、90分間淀みの無い講義を行えるのは、長い同友会活動を通して完全に自分のものにされている赤石相談役にしか出来ないスタイルではないかと思いました。

講義の中で、「自主・民主・連帯の深い意味の先に人間尊重の精神がある」「同友会は1962年からずっと労使見解をやって来ているが、最初から労使見解があったわけでは無くて、どうしたら食べていける中小企業になれるのかというところからスタートしている」という二つの内容がとても印象に残りました。

「同友会は経営を勉強する会ではあるが、結局のところ、生きざまを学ぶ会であり、人間尊重の会である」という講義最後の赤石相談役の言葉に、同友会の奥深さを再認識させて頂きました。


第23回中同協役員研修会イン富山-1

5月22日(木)、23日(金)の2日間、富山で開催された、第23回中同協役員研修会に参加してきました。
参加者は全体で104名。内訳は、中同協:5名、開催県(富山):52名、隣接県(石川):19名、他県:28名でした。
静岡からは、代表理事:藤原・地久、副代表理事:秋山・佐野・鈴木、支部長:河合、支部役員:稲原、事務局:戸川、の合計8名での参加となりました。

全体スケジュールは、初日に開講あいさつと2講と夕食交流会、2日目に1講とまとめの挨拶でした。
各講の構成は、講義90分+バズ60分+発表と補足30分、講師が中同協の三役(相談役・会長・幹事長)ということで、途中に休憩は適宜はさんで有るものの、時間的にも内容的にもかなり「みっちり」としたものでありました。

第1講は、鋤柄修中同協会長が講師で、「同友会運動のリーダーの使命、役割は何か ~同友会で何を学び、どう実践するか、中小企業憲章制定運動の意義にふれて~」というタイトルで講義が行われました。

s-P1000038

タイトルからして濃い内容が予想されるレジュメは、以下の通りでした。

1.我が社の概要と私の生い立ち

2.同友会への入会と経営者としての目覚め
①労働組合が出来て
②同友会の役を受けて

3.経営者としての正しい姿勢とは何か ~労使見解から学ぶ~
①経営者の責任について
②社員を経営の良きパートナーとする
③人間尊重のイキイキした社風づくり

4.同友会らしい経営とは ~経営指針、共同求人、社員共育を三位一体で~
①経営指針の確立と実践→経営理念の外部発信と内部浸透について
②計画的な人材採用を行う→共同求人は強靭な企業づくりの第一歩
③共に育つ社員共育の実践→先輩社員が後輩を教える

5.同友会運動のリーダーの使命と役割について ~真のリーダーシップをどう発揮するか~
①中小企業家の生活習慣病を直す
②常に経営者として自己革新をする
③同友会と自社の経営は不離一体である
④同友会理念の実践者として会活動の先頭に立つ

6.中小企業憲章制定の意義について ~同友会3つの目的の同時実践ができるか~
①自社と憲章との関係について考える
②地域づくりの柱として中小企業振興基本条例を考える

レジュメを見ただけで、めまいがしてきそうですが、まずは開口一番、「皆さん、変わりましたか?」といういつものフレーズから始まる講義をみっちりと90分、忙しくメモを取りながら聞いていました。

s-P1000036

どの話もとても為になるものでしたが、同友会運動の深い部分までしっかりと学ぶことと、同友会で学んだことを自社の経営で実践することの重要性を何度も強調されていました。
(愛知同友会では、同友会と自社経営を不離一体の関係と捉えた「不離一体シート」を活用しているとのことです)

講義の中で印象に残った発言をいくつかここで紹介して、この講のまとめとしたいと思います。
・経営者は、戦う場所を決め、そこに人を配置し、必要な資金を用意する、戦略家でなければならない。
・毎日2時間経営の勉強をしなさい。通算で1万時間も勉強すれば、人前で発表出来るような立派な経営者になれる。
・経営の勉強は、政治・経済・社会だけではなく、演劇・絵画等の芸術から宗教に至る分野まで幅広く網羅しなさい。
・目標を掲げる場合は、5%・10%アップではなく、1倍→3倍→5倍のように、大々的にしなさい。(1:3:5の法則)
・10年後の自分の給料が分からないような会社に、社員は残らない。(逆ならば、言われなくても一生懸命に働く)
・「生きるために働く」から「何のために働いているのか」と社員が考えるようにさせるのが、真のリーダーである。
・同友会の学びは、文字の上だけではなくて、FACE to FACEが大切だから、どんどん積極的に顔を出しなさい。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事