富士宮
*

未来を担う子供達とのふれあい

 昨年、私の妻の友人のアマチュアヴァイオリン奏者のRさんから「富士市内の小学校から音楽教室の依頼を受けたのですが、一緒に演奏しませんか?」と、妻(ピアノ)や私(バスーン)も誘われました。ふだんあまり馴染みの無い楽器を間近に見て、聴こうという主旨のようです。当初、あまり自信はありませんでしたが、友人のたっての頼みと言うこともあり、快く引き受けました。

 「小学校の音楽教室かあ・・・懐かしいなあ・・・」
 と、自分が小学校2年生の時のことを思い出しました。

 同級生にヴァイオリンを習っている女の子がいて、ヴァイオリンは珍しいからと、当時の先生の計らいでその子が各教室をまわって3分程度演奏してくれたのです。その光景は当時少年だった私の心に深く刻まれ、今でも覚えています。

 何度か練習をしているうちに、あっという間に約束の日が来ました。12月のとある日。初めて行ったその小学校は駿河湾がきれいに見えるだけでなく、校舎もきれいでお洒落なデザイン、中に入れば広々としていて、本当に市立の小学校?という印象でした。時代はかわるものですね。

 5年生全員、3年生全員、4年生全員の順で各学年の音楽の時間を担当しました。ヴァイオリンやバスーンの音色を聴かせたり、音の出る仕組みを説明したり、バスーンと子どもたちとで背比べしたり・・・。授業とは言っても楽しいひとときでありました。

 嬉しかったのは、意外と言っては失礼ですが、音楽や説明を聞く時の子供達は一切おしゃべり等せず真剣に聴いてくれました。また、感心したのは質問コーナーで矢継ぎ早に真剣な質問がきたこと。

「どうしてバスーンはそんなにごちゃごちゃしているんですか?」
「どうしてバスーンは吹く所はとても細いのにだんだん太くなるんですか?」等々・・・。

自分もとっさでしたが、ひとつひとつ真剣に答えました。

最後の締めくくりは、クリスマスの時期ということもあり、「あわてんぼうのサンタクロース」をみんなで歌って終わりました。

↓そのときの様子を動画にしました。

http://www.youtube.com/watch?v=t5oq2kZJatI

ちなみに、後日ネットでこれを見てくれた編曲者の山口景子さん( http://hk.pose.jp/index2.html )から「ぐっときて涙がでた」とのメールをいただき、こちらもぐっときました。

 つたない授業でしたが、この日の出来事は自分が小学生の頃のように、子供達の記憶の1ページに残ってくれたでしょうか?

丸山工業株式会社 代表取締役  九川 治喜


神田陽子師匠

20100115
 
 1月15日(金)、静岡県中小企業家同友会 富士宮支部の新年1月例会が志ほ川バイパス店にて開催され34名が参加。真打の神田陽子師の講談を楽しんだ後、懇親会を開催。12月に入会した新会員2名も参加し、新年の活動にはずみのついた例会となりました。

神田陽子師匠 ホームページ

http://www008.upp.so-net.ne.jp/kan-yo33/index.html


2010年新年の挨拶

Fuji2010

 新年、明けましておめでとうございます。

平成22年がいよいよスタートしました。

昨年は、まさに大変な年でした。世界同時不況が起こり、日本においては政権交代も重なり、今まで経験したことがない位、世の中が大きく変化した年でした。

我々中小企業家同友会のメンバーも、まさに激変の中で新しい年を迎えました。

ピンチはチャンスであるとよく言われますが、今回の激変はかなり手ごわく次なるチャンスをつかむことは簡単ではなさそうです。

しかし、我々の状況に関係なく世の中はどんどん変化し、決して前のようにはもどることはないでしょう。

ならば我々がいち早く変化を先取りし、我々自身が変わることで未来にうまく対応なければ、持続することもさらに発展することもできません。

そのためには、知恵が必要です。

1人の知恵より2人の知恵、さらに多くの仲間と知恵を出し合い、自分を磨き、廻りも磨き、この状況をみんなで打破しましょう。

より多くの仲間と知り合い、磨きあえるようにさらなる仲間作りをしていきましょう。

本年も、よろしくお願いします。

静岡県中小企業家同友会 富士宮支部
 支部長 池谷達也 (合資会社池谷文具店 代表社員)


障害者雇用のフォーラムに参加して

 11月末に障害者雇用のフォーラムに参加をしました。その中で、富士宮支部会員でもある、富士山ドリームビレッジの林さんがコーディネーターとして、パネルディスカッションが行われました。その中で、雇用する企業の代表としてある県内大手企業の役員の方がパネラーとして参加されておりました。

 このフォーラムでは、いわゆる美談として取り上げられる事の多い障害者雇用ではあるが、現実問題はどうなのかを掘り下げる事をテーマに行われており、パネラーも各々の立場である程度の本音の話を語ってくださいました。

 話が進むなか「企業が障害者を雇用することの意義」について企業経営者として尋ねられた前述の大手企業の方の話が、「本音の話をさせて頂くと、我々は株式を上場している企業でございます。ですので、ステークホルダーとしての優先順位は、やはり第一に株主です。第二に顧客そして社員や家族、第三としてCSRとしての法令遵守をするうえでの法定障害者雇用率の達成となります。」ということだった。

 もっともの話である。理屈もいちいち理解出来る。・・・が、何か違和感というか疑念というか・・・しっくりとこないのである。私が上場企業の経営責任者だったらきっと同じく考えるのだろう、けど。

 現在、支部の経営理念委員会にて経営理念作成に取り組むなかで、大企業とは違った視点が大事なのだと実感している。企業として、経営者として地域社会に必要とされる、アテにされる存在として地域と共に会社を経営出来る存在になっていかなくてはと考えている今、障害者雇用だけではなく自分の目指す方向性を再確認出来たフォーラムになったなと感じました。

 余談ですが、このフォーラムで宮城島元清水市長とお会いしました。私が以前やっていた青年の船の出航式にて来賓でお越しくださった当時の宮城島市長が

「青年の特権は失敗が許される事だ、失敗を恐れず何事にもチャレンジしてきなさい。」

とエールを送ってくださった事を思い出しました。また違った会合で、中同協の鋤柄会長が

「同友会でいっぱい恥をかけ、悔しい思いをたくさんしろ。そしてなにくそと思って勉強しなさい。」

と仰っていた事も思いだし、最近同友会でもちょっと守りに入っている自分に気づき、よし気合いを入れ直そう!と

気持ちを奮い立たせました。

富士宮清掃有限会社 穂坂勝彦


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事