富士宮
*

10月青懇「富士宮地区青年団体合同ビジネス講習会」

10月25日、クリスタルホールパテオンに於いて、10月青懇として『富士宮地区青年団体合同ビジネス講習会』へ参加しました。

「合同ビジネス講習会」ということで、富士宮地区で活動する当会、「富士宮商工会議所青年部」、「一般社団法人岳南法人会青年部」、「一般社団法人富士宮青年会議所」が集い、各会員同士の学びや交流を深める場として開催されました。
冒頭、各会の代表者より挨拶がありました。
161025_1

今回は講習テーマを『富士宮市中小企業振興基本条例(以下、「振興条例」。)について学ぶ』とし、講師をシンコーラミ工業株式会社 取締役会長 河原﨑信幸氏、富士宮市企画部企画戦略課課長 篠原晃信氏の両名からお話を頂きました。
(左より河原﨑氏、篠原氏)
161025

先に河原﨑氏より「振興条例への思いと制定までの流れ」という枠組みの中で、河原﨑氏が振興条例に対しどういった想いで取り組んできたかを御説明頂きました。161025_2

振興条例制定に至るまでおよそ10年の時間が掛かっていますが、そもそものきっかけは氏自身が福岡で行われた中同協提示総会で知った「中小企業憲章案」です。憲章案を知った氏を中心に、各団体を交えて独自に勉強会を展開されました。ヨーロッパでは中小企業憲章が浸透しており、「スモール・イズ・ファースト」つまり中小企業を最優先するという考えの中で、素晴らしい企業が生まれているというのです。

その後、様々な経緯を経て2015年4月に富士宮市において基本条例が施行されるに至り、振興条例をより有用に機能させるため、地域の各団体を交えた「中小企業振興懇話会」を設置。現在は懇話会を通じて、富士宮地内で官民が共働できるような活動や提言を行っています。

直近では市街地にある工業地を市内郊外へ誘致できる仕組みを作っているそうで、大規模災害等が起こった際には市街地で工業を続けるのは問題が生じやすく、そんな時にも持続的に稼働できるような取り組みを進めているとのことです。

氏は「液体の入った樽は転がすまでが大変だが、転がしだせば止まらない。懇話会等を通じて、転がる樽のように活動の勢いをつけるところまで関わっていきたい」とこれからの意気込みを述べました。

続いて篠原氏より、市職員として条例を通じた行政側の変化や現状のお話を頂きました。
161025_3

氏は自身の経歴が他の職員と異なり、一部署を短期間で異動せず、一部署に長期で携わるというユニークな経歴を持ち、前任となる法規の経験が現在の職務で非常に活かされているとのお話でした。

振興条例は理念法であり、使い方によって効果に雲泥の差が出るとのお考えで、氏は「振興条例は自治体の強力な意思となるものである」として積極的な活用を推進されているそうです。

振興条例は「縦割行政に横軸をつくることが出来る」ということで、最近では市街地と道路整備について振興条例が役立っているとの説明もありました。

また地域の中小企業に対しても、振興条例を根拠として行政ないでの意思疎通がしやすく、予算をつけやすくなる効果も発揮できているとのことです。

これから人口減少が全国的にこれまでに経験のないスピードで進行し、各地域で同じような人口減少対策をとる中で、氏は産業活性化が最重要とし、振興条例を活かして「産業が元気なまち」に取り組んでいきたいとの意気込みを語られました。

参加者からの質問も活発に行われ、これからの地域づくりに対して非常に有意義な会となったように思います。
161025_4

私自身、富士宮地区外での活動が多いのですが、こうした活動を積極的に吸収し、自分の地域に対する働きかけのいい刺激となりました。
161025_5

青懇副部長 中村 仁(社会保険労務士法人シャイン)


10月Eグループ会が開催されました

10月のEグループ会では、「同友会について語ろう」と題して、語り合う会を行いました。

 

池谷氏より同友会についての話があり、同友会の3つの目的、自主・民主・連帯について等、同友会の基本について説明していただきました。

img_2928

A4一枚にまとめられた内容ですが、その言葉には同友会活動のすべての事柄が入っており、それらを日々実践することであるとの話でした。

同友会は長い歴史がありますが、これらの事を皆愚直に実践していること。全国の報告などを聞くと、本当に実践し続けている人たちがいる事などの話が出ました。

 

img_2933

 

外は秋風が吹き少し肌寒い中、皆で鍋をつつきながら、ほっこりと語り合いました。

 

(Eグループ 西躰亮貴)


10月例会

10月14日、富士宮支部10月例会が開催されました。「事業承継に込めた想いと、承継から6年を経ての現在地」と題して、シンコーラミ工業株式会社取締役会長の河原﨑信幸氏に問題提起をしていただき、皆でバズセッションをしていきました。

img_2782

今回は11月に行われる全県フォーラムを踏まえ、普段より倍の時間バズセッションを行いました。

テーブル長もあまり長い時間のバズの経験がないため、皆緊張していましたが、各テーブルの皆のアシストもあり、様々な意見を出し合うことが出来ました。

 

また、今回は静岡支部・富士支部からも来ていただき、非常に活気のある例会となりました。

img_2783 img_2785

 

例会の後の深新の会でも、バズセッションの反省に始まり、その後尽きることなく意見が交わされました。

img_2786

 

(Eグループ 西躰亮貴)


10月Aグループ会「子どもの幸せは親の幸せ縁の幸せみんなの幸せ」

img_3179

10月18日(火)にAグループ会を開催しました。西ヶ丘幼稚園の遠藤理事長から、「子どもの幸せは 親の幸せ 園の幸せ みんなの幸せ」をテーマにお話を伺いました。

西ヶ丘幼稚園は、先々代の祖父が、自分の子どもがどこの幼稚園にも入れなかったことをきっかけに、自ら幼稚園を立ち上げてスタートしました。遠藤氏自信は、もともと学園経営をするつもりはありませんでしたが、大学受験目前に自信の兄から学園を継ぐようにと言われ、とにかく教職免許を取得することにしました。卒業後、先生と経営者の二束のわらじをはき、もともと個人事業だった学園を固定資産税がかかない等のメリットがある学校法人へと移行させました。

もともと「借金をしたくない」と考えており、新園舎建設時も、長年にわたり計画的に積み立て、借入金なしで新園舎を建設しました。また、正しい裏づけのある経理をすることで、外部からも従業員からも何も言われないようにしています。このような健全な学園経営は、従業員(先生)が安心して働ける大切な要素と考え、先生方が安心して働ける環境をつくることにより、先生方がしっかりと子どもと接することが出でき(=子どもの幸せ)、子どもの幸せが親の幸せとなり、親子の幸せが園の幸せとなり、安定した人数の園児が入園することにより経営が潤い、子どもも、親も、経営者も従業員もみんなが幸せになれるという報告でした。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事