富士宮
*

10月例会

10月14日、富士宮支部10月例会が開催されました。「事業承継に込めた想いと、承継から6年を経ての現在地」と題して、シンコーラミ工業株式会社取締役会長の河原﨑信幸氏に問題提起をしていただき、皆でバズセッションをしていきました。

img_2782

今回は11月に行われる全県フォーラムを踏まえ、普段より倍の時間バズセッションを行いました。

テーブル長もあまり長い時間のバズの経験がないため、皆緊張していましたが、各テーブルの皆のアシストもあり、様々な意見を出し合うことが出来ました。

 

また、今回は静岡支部・富士支部からも来ていただき、非常に活気のある例会となりました。

img_2783 img_2785

 

例会の後の深新の会でも、バズセッションの反省に始まり、その後尽きることなく意見が交わされました。

img_2786

 

(Eグループ 西躰亮貴)


10月Aグループ会「子どもの幸せは親の幸せ縁の幸せみんなの幸せ」

img_3179

10月18日(火)にAグループ会を開催しました。西ヶ丘幼稚園の遠藤理事長から、「子どもの幸せは 親の幸せ 園の幸せ みんなの幸せ」をテーマにお話を伺いました。

西ヶ丘幼稚園は、先々代の祖父が、自分の子どもがどこの幼稚園にも入れなかったことをきっかけに、自ら幼稚園を立ち上げてスタートしました。遠藤氏自信は、もともと学園経営をするつもりはありませんでしたが、大学受験目前に自信の兄から学園を継ぐようにと言われ、とにかく教職免許を取得することにしました。卒業後、先生と経営者の二束のわらじをはき、もともと個人事業だった学園を固定資産税がかかない等のメリットがある学校法人へと移行させました。

もともと「借金をしたくない」と考えており、新園舎建設時も、長年にわたり計画的に積み立て、借入金なしで新園舎を建設しました。また、正しい裏づけのある経理をすることで、外部からも従業員からも何も言われないようにしています。このような健全な学園経営は、従業員(先生)が安心して働ける大切な要素と考え、先生方が安心して働ける環境をつくることにより、先生方がしっかりと子どもと接することが出でき(=子どもの幸せ)、子どもの幸せが親の幸せとなり、親子の幸せが園の幸せとなり、安定した人数の園児が入園することにより経営が潤い、子どもも、親も、経営者も従業員もみんなが幸せになれるという報告でした。


9月Eグループ会「鉄と安全」

9月27日にEグループ会を開催しました。今回は「鉄と安全」と題して、有限会社洋和鉄工所さんへの工場見学を行いました。

洋和鉄工所は、業界最大級の超大型五面加工機を設置し、他社ではできない大物・大型の機械加工などを得意としています。

夜の工場。機械の音が休むことなく動いています。

img_2408

工場のラインで使用するラインの土台を作っています。

img_2414

img_2419

 

 

大型の機械を起動し、動かすまでに1時間の準備がかかり、プログラミングしておきながらも、終了までは気が抜けないとのお話でした。

img_2417

何より一つ一つのスケールが大きい!これらの機械にかかれば、大型バスも取り囲んで穴だらけに出来るという大きさ。

img_2426

 

この夏は通常でも仕事量が多く、苦労してやりくりしている中、銀座6丁目再開発プロジェクト(旧松坂屋跡)の新築ビルのサッシを大量に作成する仕事も入り、社員ともできるかを相談。

結果、社員一丸となって取り組むことが出来たとのことです。

img_2420

 

昼夜機械を回していないといけないため、近隣の方への心配りは忘れずにしており、地域活性のための取り組みは率先して行っています。

また、本来は大型の加工が中心ですが、年に何回か近所の方から「椅子を直してほしい」と依頼を受けて、修理なども対応。

img_2427

 

 

熱い鉄の話のあとは、熱い鉄板を囲んで乾杯。

img_2428

普段は昼のみ営業のお好み焼「名月」さんにて、アツアツの話で盛り上がりました。

 


9月度Aグループ会「テーブル長研修」が開催されました

9月26日(月)、富士宮駅前交流センター「きらら」会議室にて、県例会企画委員会を招聘してのオープンAグループ会「テーブル長(グループ長)研修」を開催しました。

出席 Aグループ:5名 他グループ:10名 県例会企画委員:3名 県事務局:1名 合計:19名

冒頭挨拶後、山村県例会企画副委員長より、「グループ長の役割・討議の進め方」を10ページにわたる資料を元に30分間、講義をして頂きました。

p1070988

迷子の三原則、ファシリテーション、柔らかい主張、フィンランドの小学5年生の会議ルール、開いた質問・閉じた質問など、キーワード満載の資料でした。

去年富士宮で開催のグループ長研修での資料よりも、大分バージョンアップが図られていて、初めて参加した会員にとっては多少難しい内容であったとは思いますが、時間がある時に再度ジックリと見て学習して頂ければ、理解出来るのではないかと思います。

続いて、グループ討議を行なうための講話として「人を生かす経営の実践」というタイトルで知久代表理事に15分間の「ミニ我が経営を語る」を行なって頂きました。

p1070987

短い時間ではありましたが、「企業は人なり」とは言うものの、独立開業した時には人件費を「コスト」と見ていたこと、立場は違えども社員と同じ人生・時間を歩んでいること、そしてその歩みに対する経営者の責任の大きさなど、グループ討議には事欠かないキーワードを散りばめた報告をして頂きました。

それを受けてのグループ討議(バズセッション)は、50分間。二人のテーブル長が25分ずつ受け持ち討議を進めました。テーマは、「あなたにとって社員とはなんですか?」でした。

個人経営や家族経営で、社員と呼べる人がいない企業から、100人を超える社員を抱えている企業まで、討議に参加した会員それぞれ「社員」の捉え方が違うので、この漠然としたテーマをどう絞って討議をするのかが、テーブル長にまず求められる裁量となるテーマでした。

最初に一般的な質問を投げ掛け、その反応によって、「この人はあまり良く分かっていない」「この人は、この問題に関してだいぶ悩みを抱えている」「この人は同友会のことが分かっているから、困ったらヘルプをお願いしよう」というように、討議に参加した人の特性を早期に把握することも、討議を円滑に進める上では大切な要素となります。

一度や二度テーブル長を務めたぐらいでは、円滑に討議を進められるテーブル長になることは出来ません。

討議が終わった後、うまく行かなかった原因を考え、自分の思い描いていた着地点との誤差がどの程度か把握し、それを次の討議で活かす、また反省する、また次チャレンジする、という繰り返しでしか上達する道は無いと思います。

10月はバズ例会ということで、バズセッションを60分間確保していますので、今回、テーブル長を務めた方は、今回の反省を生かし、まずここをリベンジの場としてください。

研修会終了後、場所を本町通り商店街のゴールドさんに移動して、懇親会を開催しました。

p1010574

p1010591

知久代表理事、山村副委員長にもご参加を頂き、絶品の「ねぎ焼き」と「富士宮やきそば」を頂きながらの有意義な反省会となりました。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事