富士宮
*

8月納涼例会の報告

日時:8月4日(木)19時より  場所:志ほ川(城北町667)

8月例会は、「富士宮市の中小企業振興基本条例の今!」と題して、条例をテーマとするDグループ企画運営の会でした。第1部では、これまで本市の条例にかかわってきた穗坂勝彦氏((有)富士宮清掃)より、条例施行後に設置された「中小企業懇話会」の政策提言内容の報告がありました。平成27年7月31日を皮切りに既に5回開催され、この懇話会の提言から、中小企業向け異業種団地の実現に向けての作業が進行中であるとのことでした。市役所商工振興課の渡辺信之氏からは、条例が存在することで物品購入一つをとっても市内の業者に発注しやすくなったこと、工事の入札などは市内の業者が参入しやすいようにハードルを低くでき、各部署の担当者が条例の効果を実感している旨報告がありました。

P1070103

第2部では、富士宮市勤労者共済会「ハピネスふじやま」の案内を、当会会長の河原﨑信幸氏(シンコーラミ工業(株))よりしていただきました。わずか月額1000円の会費で、加入期間の要件なしに死亡・疾病・慶弔等の給付金が支給されることや、予防接種や人間ドックの補助、施設利用や各種イベントなど大企業並みのサービスの提供が受けられるとのことでした。従業員の福利厚生が、中小企業振興の一環であるとの認識を改めて持ちました。まだ未加入の事業所は検討されてはいかがでしょうか。

(富士宮支部Dグループ長 山田真実)

P1070121


8月青懇&Eグループ会『ブラック企業にならない為に』勉強会

8月19日、いさご屋旅館(山梨県身延町)に於いて、7月8月青懇&Eグループ会『ブラック企業にならない為に』勉強会が開催されました。

会場となったいさご屋旅館は、約80年前に富士宮浅間神社近隣の「富士宮御殿」と呼ばれていた建物を移築した、富士宮とも非常にゆかりのある旅館です。
いさご屋旅館

昨年も青懇・グループでマイナンバーに関する勉強会を実施しましたが、旅館自体も非常に好評で、今年も同様の取組みをすることとなりました。

研修講師は中村社会保険労務士事務所 代表 中村仁が担当しました。
数年前から法令遵守をしない、社員を使い捨てにするような企業が「ブラック企業」と呼ばれるようになっていますが、今回はその「ブラック企業にならない為にどんなことを気を付けるべきか」という観点から、「そもそもブラック企業とは?」から入り、「長時間労働」「未払い残業」「セクハラ、パワハラ等」に関する基礎知識、問題へのアプローチ方法について約80分間、お話ししました。

160819

出来るだけ法律論ではなく、実務的なお話を中心とした為か、説明の最中にも最近起こった問題に関する事や、これまで疑問に思っていながらそのままになっていた労働に関する疑問について、多くの質問が出て来ました。
160819_1

中小企業が労働法に対してを100点を達成するのは、事実難しい側面も多くありますが、会社は法定事項に前向きに取り組みながら、労使がよくコミュニケーションを取ることで深刻なトラブルが避けられるのでは…というまとめとなりました。

その後、昨年も好評だった懇親会に入り、今年もボリューム満点の美味しい食事を頂きながら、深夜まで参加者同士で交流を深めることが出来ました。

160819_2

翌朝、解散は自由でしたが、数人の参加者で身延山久遠寺へのお参りもしてきました。本堂までの石段では全員が息を切らして登りきりましたが、朝からすっかり汗だくになりました(笑)。
160819_3

160819_4

青懇副部長 中村 仁(中村社会保険労務士事務所)


7月Aグループ会の報告

7月19日(火)にAグループ会を開催し、株式会社タケウチ代表取締役の竹内いさや社長に「人を生かす経営」をテーマに我が経営を語っていただきました。

IMG_2695

株式会社タケウチは日用品雑貨卸売業を営んでおります。日用品雑貨卸売業では三つの業務を担っています。

①調達・販売  メーカーから仕入れた商品を小売店に卸す(販売する)

②物流     メーカーと小売店間のターミナルとして1万6千点の商品を配送している。

③金融・危険負担 メーカーから仕入れた商品は卸問屋が買い取り小売店に販売するため、仮に小売店が閉店してもメーカー側の損失は無い。

 

株式会社タケウチは昭和6年に竹内商店として日用品雑貨の卸と販売を始め、数箇所の移転後、現在は富士宮市大岩に本社を構えています。

IMG_2696

(昭和30年代の竹内商店)

 

竹内いさや氏は株式会社タケウチの代表取締役であり、且つ株式会社サプリコの代表取締役も務めています。株式会社サプリコは全国72社の日用品雑貨卸業の会社が集まり共同販売・共同商品開発をしています。プライベートブランドを販売するなど好調に業績を伸ばしているそうです。

全国化粧品日用品卸連合では平成元年では1540社が加盟していましたが平成27年には258社となり業界の縮小が著しい現状となっています。更にメーカーと大規模になった小売店からの要求には大変苦労しています。そのような中、株式会社タケウチでは今後の展開を考え、新規事業へのシフトを試みています。そのために、若い世代の社員と積極的に向き合って話をして、新しい発想を求め続けているそうです。勤続年数の長いベテラン社員には豊富な経験を生かしてもらい、若い世代の社員とベテラン社員を生かす経営に取り組んでいます。そして井の中の蛙にならぬよう他業種の方とも積極的に関わりを持ち、仕事が続けられるよう健康を大切にしていきたいと語っていただきました。


7月グループ会&青懇『ボーリング大会』

7月15日、富士宮江戸屋ボウルに於いて、7月グループ会&青懇「ボーリング大会」が開催されました。

160715_2

160715

160715_1

A~Eグループ対抗戦で、普段中々スポーツの機会はありませんが、27名の参加で大いに盛り上がりました。ストライクを連発する方や、まさかのガーターにがっかりする方と、普段とは違った表情を垣間見る楽しい催しです。

160715_3

60歳以上、女性陣はハンデありでしたが、ハンデなしでも素晴らしい成績でした!

160615_4

結果は以下の通り。
1位 Dグループ 257点
2位 Cグループ 265点
3位 Eグループ 239点
4位 Bグループ 220.6点
5位 Aグループ 220点

青懇副部長 中村 仁(中村社会保険労務士事務所)


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事