富士宮
*

2008.11.22全県フォーラム 第4分科会その1

2008年11月22日、沼津支部の幹事で開催された静岡県中小企業家同友会、全県営々フォーラムの第四分科会に、富士宮支部会員、シンコーラミ工業株式会社の代表取締役 河原崎信幸氏、常務取締役 河原崎哲哉氏、取締役経理部長の河原崎直哉氏の三氏が登壇しました。

「シンコーラミとしても、同友会会員としても、ひとつの集大成」と語る河原崎信幸社長。他支部でもなかなか例を見ない親子会員、そして事業を渡す立場、受け取る立場の兄弟のエピソード。ドラマよりドラマティックな、それでいてリアルな中小企業の足跡、今、未来について、富士宮支部の黒松健太郎氏のコーディネートのもと、講演いただきました。

1時間以上にわたる長時間の講演の採録につき、長文となっておりますのでその1~4に分けております。また、それぞれ自体も大変長いコンテンツとなっておりますが、内容を割愛せず、同友会会員内外に伝えたいと講演者の意向から全文掲載しております。(富士宮支部広報担当 田邉元裕 注釈記す)

2008.11.22全県フォーラム 第4分科会

<黒松> 皆さんこんにちわ 第4分科会、事業承継の部会です。「親子で語る企業、同友会」ということで進めさせていただきたいと思います。

 紹介いただきました富士宮支部の黒松という者です。よろしくお願いします。河原崎社長とは23年前になりますか、青懇全国大会というのがありますよね。ちょうど東京湾クルーズで大会をやったことがあるんです。その時に「継ぐ立場」ということで河原崎社長が報告者で私が座長でやりました。その時悪い先輩がいまして、横浜の天ぷら屋さんの2階で散々酒を飲まされまして、分科会をやったということを思い出しました。

 それから23年たって社長の子供さんとこういう形でパネルデスカッションがやれるということは隔世の感じがしますけども、今日は楽しく、なるべくえぐる意見を聴きたいと思いますので、よろしくお願いします。

more


静岡大学連携講座で富士宮支部の簑さんが講義

Mino20081204 12月4日静岡大学連携講座も10回目を迎えました。この日の講義を担当したのは、富士宮支部の青懇で活躍している簑威頼氏。有機性廃棄物を再資源化し、肥料として販売。食品の循環システムでコスト削減を提案しました。


富士宮市中小企業大学 第六講報告 小さな働き者の世界

開講日 11月18日
講師   東京農業大学 応用生物学部 大西章博助教授
題目   発酵の不思議 ~小さな働き者の世界~

 大西先生の実家は酒屋、醸造に興味を持ち東京農大へ、自らを称して微生物オタクと言う。

 醸造とは微生物を巧に操り、発酵食品を造ること。米から日本酒、麦からビール・ウィスキー、大豆から味噌・醤油等、様々な原料に、様々な微生物を働かせることによって発酵食品は造られる。

 近年、醸造科学の分野は食料・医療などのライフサイエンスに止まらず、環境技術に貢献する醸造環境学分野等、多方面に発展している。

more


富士宮市中小企業大学 第五講報告 宮沢賢治の世界

開講日   11月11日
講師     静岡大学人文学部 山下秀智教授
題目     宮沢賢治の世界

 詩人・童話作家として知られている「宮沢賢治」だが、その作品と壮絶な生き方は、いまだに多くの学者の研究対象となっている。

 岩手県で裕福な家庭に生まれ育った賢治は、農民の貧困の上に生活していることに罪を負い、家業継承を生涯拒否し、父の行き方に羞恥心を感じた。賢治にとって人間関係・家族関係は大きな抑圧であり、そのなかにおける自分の存在は罪でしかなかった。それは賢治の作品の特色である(人間)関係性の不在に現われている。

more


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事