富士宮
*

第43回青年経営者全国交流会in山梨 その1

9月10日(木)・11日(金)に、第43回青年経営者全国交流会が山梨で開催されました。

今回は、隣県での開催ということもあり、富士宮支部より大挙11名の参加がありました。
(宇佐美・池田・穂坂・簑・望月史生・河原﨑哲哉・大澤・遠藤崇浩・坪井・眞・稲原)

(有)アサギリに一旦集合し、4台の車に分乗し会場のある甲府へ向けて定刻通りに出発。

道中で昼食を、ということで選んでいた吉田うどん専門店「せんしゅう」が臨時休業であったことが地獄への第一歩だったとは、この時点では誰も気付きませんでした。

せんしゅうがメガ盛りで有名であることもあって、そのままの流れで山梨一有名なメガ盛り店「ぼんち」に目的地を変更、そして到着。

P1030954

店構えは至って普通の民家風定食屋さん。富士宮で言えば「いとう」のような雰囲気。

広い店内に入っても何か不穏な空気を感じることは全く無く、早い時間ではあったが既に何人かのお客さんが淡々と食事を取っている、どこでも見かける定食屋の光景が広がっていた。

早速メニューをパラパラと。麺類、丼もの、カレーなど、ごく普通の定番メニューが並ぶ。

11212763_767962856665544_8531707439720572476_n

しかし、ここでふと大きな疑問が湧く。メガ盛りで有名なはずが「大盛」の設定はラーメンにしか無いし、どれも値段がベラボウに安い。(ラーメン470円って何?)

12006084_767962869998876_6700783032470139215_n
ここで経営者ならではのコスト意識が働く。こんな値段でメガ盛りは、どう考えても原価率が高すぎる。儲けるどころかお店の維持さえ不可能だろう。(ここまでの考えは多分正解)
だから、メガ盛りなんて言っているけど大したことは無いはずだ、いつしか二つの長テーブルともにそんな雰囲気に包まれてしまい、スマホで調べたメガ盛り情報などすっかり忘れ、普段と変わらぬオーダーをする人が過半を占めてしまいました。(まんまと罠にはまりました)

オーダーを取る淡々とした店員の姿を見てその楽観論はさらに広がりを見せましたが、楽観論は楽観論であったという現実をこれから徐々に店側から見せつけられるのでした。

P1030943

まずは、タンメン(稲原)と、酢豚定食(簑・河原﨑)。スマホ情報ではこの2品のみが一般の人がなんとか食べ切れる量らしい。画像ではその大きさが十分に伝わりませんが、タンメンはモヤシ2袋+麺2.5玉、酢豚も普通のお店の3倍量+ごはん丼一杯。苦しみながらも、3人とも完食。

P1030947

次はカツ丼(望月)。ラーメン丼!の上に重力に打ち克ちそそり立つ、厚くて大振りのカツ2枚。
上半分を食べて水平にするだけで精いっぱいで、あえなく撃沈。

P1030946

続いて、生姜焼定食(眞)。なぜか3倍量の野菜炒めがトッピング。上に乗っている目玉焼きは、うずらの卵ではありませんヨ。巨体の眞さん、胃袋を全開する根性を出して見事完食。

11139404

続いてからあげ丼(坪井)。ここら辺から歓声が悲鳴に変わってきた。サイズも特大、ラーメン丼一杯のご飯の上に、ケンタッキーのパーティーバレルセットを乗せたようなからあげの山。
しかし坪井さん、このファミリーサイズを眞さん同様、根性で見事完食。

P1030944

続いて、ほぼ同じビジュアルの、中華丼(大澤)と、うまにそば(宇佐美)。圧倒的なボリュームと何かを連想させるビジュアルで、運ばれてきた瞬間に「お腹いっぱい」というセリフが二人の口から自然に出ていました。「ごはんは、こぼさずに食べなさい!」と厳しく躾けてくれたお母さん、私は今、この物体のどこから手を付けたら良いのかとても悩んでいます。

結果は、二人とも1/3ほど食べただけで、あえなく撃沈。丼の中で自立していた特大レンゲが墓標に見えたのは、きっと私だけではないはずです。

これまでに紹介したどのメニューも、今までに見たことも無いようなボリュームに圧倒されてしまいましたが、それがまだ序の口であったことをこの後知ることになるのです。

P1030939

「食ってごらん」、この軽い挑発に乗ってしまった、穂坂・池田・遠藤という3発の鉄砲玉。

この鉄砲玉のおかげで、我々は未だかつて見たことも無い物体を見ることが出来ました。

厨房から出てきた未確認飛行物体は、しっかり脇を締めたお兄ちゃんにソロリソロリと慎重に運ばれ、見事に我々の元に着地。

その瞬間、我々はもはや言葉を発することも出来ずに、ただただ笑うだけのリアクション。

P1030949

多分、これでは激盛りのボリューム感が掴めないでしょうから、改めて人を入れた画像を。

 

 

 

少し、じらして。ドーン!

 

 

o0480064013420925982

(この食べ物は実在するもので、遠近法を利用したり画像を加工したりして拡大していません)

大振りのロースカツ1枚とチキンカツ2枚。中心には野菜サラダがテンコ盛り。野菜サラダの上には、お約束の目玉焼きと、季節のフルーツ(スイカ一切れ)。

後で調べたところ、カレー皿の直径38cm、最高高さ15cm、ご飯5合、総重量3.6kgという、もはや食べ物とは言えないくらいの堂々たるスペック。

3人とも当然完食出来るはずもなく、1/3ほどほじくっただけであえなく撃沈。

遠藤氏の笑顔も、これが見納めとなりました。

12002745_767962779998885_5096730360532088023_n

こんな感じで4~5人でシェアして食べるくらいが丁度良いと思うのですが、壁には、

P1030941

それを拒むかのように「おわん・小皿はお貸し出来ません」という冷たいお言葉。これも店側の巧妙な仕組みで「一人一品頼んでください」という暗示であると後で気付きました。

戦績は5勝6敗と健闘したものの、店側の周到な戦略の前に各自それぞれ腹部に大きなダメージを受け、富士宮部隊は店から引き揚げることとなりました。

車中の揺れになんとか耐えて会場に到着し、分科会開始直前までソファーに体を預けて必死に消化活動に専念してから分科会に臨むこととなりました。


8月度Aグループ会 かわむら呉服店

8月24日(月)、8月度Aグループ会が、かわむら呉服店にて7名の参加で開催されました。
(河村、伊藤、内田、西躰、宮下、宇佐美、稲原)

今回は、Aグループ長である河村徳之氏が、自身の生い立ちからお店の歴史、呉服の基本的な知識から業界の推移、そしてこれからの時代に向けた自身の取り組みについて、実際に河村氏がデザインした反物などを見ながら、ざっくばらんに話してくださいました。

P1030478

戦後、満州から引き揚げた祖父が、行商から始めたかわむら呉服店。
現在三代目としてお店を切り盛りしている河村氏ですが、現在の呉服業界はピークだった昭和46年の2.5%!(京友禅)の出荷高しかない、大変厳しい状況の中にあります。
(昭和63年比で10%、平成10年比で50%と急激に落ち込んでいる)

そのような時代の中、安易に安い商品に流れるのではなく「本物」を追求することで、この厳しい状況を突破しようと考え、行動しています。

P1030480

その行動のひとつが、オリジナルデザインの反物です。
上の画像は、淡く染めた生地に一対のすずめの刺繍をあしらった反物です。

一対のすずめは阿吽をあらわし、着物になると右脚と左胸という離れた場所でお互いを見つめ合うようにデザインされていて、ごく日常の自然体の夫婦愛を表現しています。
また、季節に囚われることなくいつでも着れるという日常性を大切に考え、季節を問わず身近に見かけるすずめをモチーフに選んでいます。

また平成23年より、毎日ブログ(かわむら呉服店)を更新し、呉服の魅力を発信しています。
最近では「ブログで見た反物を見せてくれ」と指名買いをするお客様も増えてきたそうです。
「血の通ったカタログを目指す」とのことですので、是非一度、ご覧になってみてください。
(とても凄い情報量ですから、見て着物が欲しくなっても、責任は負えませんが・・・)

最近は、作り手側の後継者不足も顕著となっていて、もう作ることが出来ないであろう反物も見せて頂きました。
そうやって日本固有の文化が段々と失われていくことは、とても残念なことだと思いますが、先代である父親の人柄と、母親と妻の女性力というお店の強みを生かして頑張って行って欲しいと思います。

「30年後にも責任を持てる仕事をします」という強い決意で報告を閉めて頂きました。

その後、同じ商店街に店を構える中華料理「龍鳳」に場所を移して懇親会を開催しました。

着物の柄に込められた思いや季節感、そしてそれらを読み取る日本人としての繊細な感覚、忘れてはならない日本人の心を想いながら、皆、おいしい中華料理を豪快にパクつき、ビールをグイグイ飲んでいました。

このギャップの激しさが明日の活力を生むと思い込むことにして、無事お開きとなりました。


伊藤洋子氏が、地元新聞に掲載されました

岳南朝日新聞8月27日(木)付1面に、当支部副支部長 (株)シーエーティー 伊藤洋子代表取締役の記事が掲載されました。

img004
【 記事内容 】

会社設立25周年を迎えた人材サービス企業、(株)シーエーティー(富士宮市宮原・伊藤洋子代表取締役)は26日、富士宮市の「ふじのみや寄付金」に高額寄付を行った。

市長室を訪れた伊藤代表取締役は、会社設立から四半世紀を迎えたことに感謝した上で、「愛着のある富士宮のために、子供たちの未来のために有効に使ってください」と須藤秀忠市長に寄付金を手渡した。

杉山洋之保健福祉部長、松永昌人子ども未来課長と共に迎え入れた須藤市長は、お礼を述べるとともに感謝状を贈呈し、さらなる社業の発展に期待を寄せた。

 

伊藤洋子氏のこれからの活躍に、大いに期待したいと思います。


板橋工機(株)河合浩史氏と、例会の下打ち合わせをしてきました

8月24日(月)、10月オープン例会の講師を務めていただく、板橋工機(株)河合浩史代表取締役を稲原・阿久澤の例会企画委員2名で訪問しました。

今年3月に横浜で開催された第45回中小企業問題全国研究集会第5分科会での報告内容がとても良く、機会があれば富士宮支部でも報告してもらおうと考えていたところ、今年10月に愛媛県松山市で開催される第18回障害者問題全国交流会第1分科会で報告することが決まったことを知り、「直前リハーサルを兼ねて富士宮で報告して頂けませんか?」というオファーを出したところ快諾を頂いた、というのが10月例会の講師に河合氏が決まった経緯となります。

DSC_0019

3階応接室で、例会内容の打ち合わせをしながら、いろんな話をさせて頂きました。
ご自身のこと、会社のこと、障害者問題への取り組みのこと、支部のこと、などなど、どの話もとても為になるものばかりでした。

障害者問題に積極的に取り組んでいた河合氏は、自社の主力商品である省力化機械が結果として納入先の障害者の働き場所を奪ってしまったという現実を目の当たりにし、自社の進むべき方向が果たして正しいものなのか大いに悩みます。
そんな状況を作成中だった経営理念の科学性を徹底的に見直すことで突破口を見いだし、そしてそれがやがて「障害者の作業効率をアップさせる機械」という新規事業を生み出します。

このあたりが10月例会での報告の中心となりますが、これ以上の内容はネタバラシとなりますので割愛させていただきます。(10月例会まで楽しみに待っていてください)

質問に明快に回答して頂いた頭の回転の良さと終始笑顔を絶やさない人柄の良さにスッカリ刺激を受けた2名は、途中で道を間違えるくらい活発な意見交換を行ないながら富士宮に戻っていきました。(役得な一日となりました)


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事