富士宮
*

「年中夢中!」 3月度先輩経営者交流会

 

平成27年3月3日、先輩経営者交流会を執り行いました。
今回の先輩は、豚にまつわる知識や情熱は、日本で・・・いや、世界中を探してもこの方の右に出るものはいないと言っても過言ではない、農業組合法人・富士農場サービス 代表・理事であります、豚博士・桑原康氏であります。

IMG_6593_R  IMG_6594_R

打ち合わせで電話をかけても、某有名大学の研究室にいるやらで、年中全世界も含めて飛び回っておられる桑原さんとお会いできる機会はそうそうあるものではありません。当日も某研究所へ「ミニ豚」を納品してきた帰りと言う事で、なんとか時間ぎりぎりに駆けつけていただけました。

駆けつけてくれるなり、豚にまつわる様々なお話をしてくれることになったのですが・・・主にこの3つ。
・ミニ豚について
・豚にまつわるエピソードやトリビア
・平成22年に建設した最新鋭豚舎にまつわるエピソード

豚は元来頭がよく、芸も犬レベルのことは簡単に覚えるそうです。(実際ペットして飼われる方もいる)しかも、雑食性で内臓も含めて人間似ていると言われていることから、現在、IPS細胞を豚に移植して培養する研究実験も進んでおり、近い将来豚を介しての臓器移植と言う事が考えられるとのこと。
そして、新薬の開発についての実験では、今まで猿や犬を使っての実験が行われてきたものの、近年の動物愛護団体等の圧力により、欧米では以前から、日本でも昨年から猿と犬を使った実験は禁止されてしまった。
そこで、人に似た豚にスポットがあたったのですが、なにしろでかい・・・米国や中国では国家プロジェクトでミニ豚の開発を進めたが成功はしなかった。しかし、桑原さんは自分の持ちうる知識と勘だけで交配を繰り返し、見事ミニ豚を作り出し世に送り出した。そしてこの件につき特許を取得。実験動物として、日本から海外へ・・・と言ったところであるそうです。そのミニ豚も当日連れてきていただき、拝見させていただきましたが・・・とにかくかわいい!の一言。ペットにしたいと思うのも頷けます。がしかし、犬と同じ運命にならぬよう、あまりおおっぴらには写真や情報等は出さないようにしているという一面もあるとか・・・

豚にまつわる話では、これを引用したほうがわかり易いかと思うのでこちらを読んでみてください。

↓  ↓  ↓

http://www.umai-mon.com/user/scripts/p_attribute.php?attribute_id=326

話の際にでてきた、東日本大震災の際に託された「満州豚」件もこちらを読んだ方がわかりやすいです。

↓  ↓  ↓

http://www.umai-mon.com/user/scripts/p_attribute.php?attribute_id=517

平成22年に建設された最新鋭の豚舎についてですが、同友会での完成前見学会に私も参加した覚えがあります。広大な敷地に、完璧なまでの厳重な管理システムを敷き、野生動物を完全にブロック。外部からの菌やウイルスの進入を徹底的に防御すると言う話も当時聞いた覚えがあります。だからこそ、昨年富士宮で流行った豚の伝染病もこちらでは被害はなかったとのこと・・何れにせよ、ここまで豚を愛する人が育てた豚が美味くない訳がない!
その後、続く懇親会では持参してきていただいた ルイビ豚を皆でいただくことに。

IMG_6597_R   IMG_6601_R

 

IMG_6600_R   IMG_6599_R

話の途中ででてきた桑原さんの生き様は・・・
私にとって「豚」は、「遊び」であり「趣味」であり「職業」である。だからこそ「年中夢中!」でいられるとのこと。最高に格好いいですね!


2月度C/E合同グループ会が開催されました。

内容:これからの中小企業は人財育成こそ鍵

日時:2015年2月25日(水)19:00~21:00
場所:富士宮駅前交流センターきらら
講師:福嶋眞氏(中小企業家同友会 静岡支部)
参加者 : 18名

静岡支部より福嶋先生をお招きして、この時期恒例のC/E合同グループ会(オープン)での勉強会が開催されました。

風景2風景1

いわゆるグローバル企業の中には株主利益を最大化することに力を注ぐあまり人材育成が不十分なケースがあり、そのような企業の衰退が始まっています。
我々中小企業は「強い日本型企業」を目指すべきと説きます。
坂本光司先生によれば、健全な日本型企業は経営の目的を次の5つに定めます。
1. 社員とその家族を幸せにする
2. 外注先・下請企業の社員を幸せにする
3. 顧客を幸せにする
4. 地域社会を幸せに、活性化させる
5. 株主を幸せにする
すなわち社員と顧客と地域を味方にできれば、存続可能な強い中小企業になれるということです。

松下幸之助氏いわく、
「松下電器は人財をつくっています。その合間に電化製品も作っています。」
つまり、良い製品(サービス)作りは良い人財づくりからと言っています。

とは言え、良い人財獲得には中小企業は不利な立場です。
福嶋先生の体験から、良い人財獲得・育成について、「若者サポートステーション」の活用の紹介もありました。

その後はグループディスカッション。
「当社の欲しい理想の人材」について意見を出し合い、発表し合いました。
いろんな意見が聴けて大変参考になったと思います。

風景3風景4


2月例会~新会員さん出番ですよ

3月13日金曜日、志ほ川会館において2月例会が開催されました。

2月は毎年恒例の「新会員さん出番ですよ」です。毎年のことながら、この日が来ると自分が報告した時の事を思い出し、独特の緊張感を覚えます。
今回は、㈱富士山ドリームビレッジの西躰亮貴氏
20150213_190621

クローバー不動産の村松美也子氏
20150216_125006

金子石材滝戸の金子佳正氏
20150216_124956

の3名のよる報告でした。

三者三様の職種、経歴ですが、どの報告の中からも挫折や苦難を経験してきた様子が伺えました。

創業の苦しみ、後を継いでいくことの苦しみ、直面する悩みもそれぞれ違えども、それに向き合い乗り越えて来られた力の源泉は皆さん、家族や顧客を始め、仕事を通じて得られる多くの「繋がり」にあったという事が共通していました。

その事に対する喜びや感謝の言葉が、どの報告からも大きく感じられたのが印象残りました。

これからも、同友会を通じて多くの繋がりに恵まれていくことでしょう。それをお互いに感謝しながら、これからも進んでいきたいと改めて思う例会になりました。

報告者の皆さん、お疲れ様でした。

かわむら呉服店 河村徳之


1月Aグループ会が開催されました

内容 報告リハーサル

日時 1月26日(月)午後7時~午後9時

場所 志ほ川バイパス店

報告者 ㈱富士山ドリームビレッジ取締役 西躰亮貴氏

参加者 8名

1月26日、新年最初のAグループ会が開催されました。

内容は2月に新入会員さんの報告を控えている西躰亮貴さんの報告リハーサルです。

20150130_130511

他グループさんの投稿にもありましたが、新年会員報告の1人あたり持ち時間は20分。その中で自分の思いを伝えるのは難しいことです。報告後の意見交換でも、いかに要点を絞って伝えるべきかについて最も多い指摘が集まりました。

本番があるため詳しい内容についての記述は控えますが、2月13日の例会では西躰さんの思いや人柄がよく分かる、素晴らしい報告が聞けることと思います。

他グループの皆さんもぜひご期待ください!

河村徳之


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事