富士宮
*

10月例会 様々な出会いに導かれて 佐藤昌広氏講演

Sato
富士宮支部10月例会は、佐藤昌広氏(静岡県東部労務管理事務所所長)が報告しました。

学生時代、バンド活動や様々なアルバイトをこなしていく中で、人と接する仕事に魅力を感じるようになったそうです。住宅メーカーに就職し、営業マンとして実績を上げ、支店長、役員と昇りつめました。ただ、猛烈に頑張る一方で、部
下がついて来れなくなりそうな時期もあり「人の話を聴かなければな」と姿勢を改めたことで、よりよい信頼関係を築くことができたと言います。

40歳を超えた平成5年、独立を考え退職。会社員時代に経営塾で親交のあった社長に挨拶に行った際に「君は社労士に向いている」と言われて猛勉強の末、一発で試験に合格、半年間の見習いを経て、開業に至りました。

開業社労士という職場での孤独性から、話ができる仲間を求めて、富士宮支部会員の先輩社労士の紹介で同友会に入会。様々なご縁で現在に至っていると、その半生を振り返ります。

これだけは会員に伝えたいこととして、企業として声を上げたら、決して潰してはいけない。なんとしても生き続けて雇用を守ること、これが企業の社会的責任だと、仕事を通じた経験から強く語られました。

2010年10月8日、志ほ川バイパス店。支部会員19名、オブザーバー2名が参加しました。


平成22年度 富士宮中小企業大学 第二講 レポート

平成22年度 富士宮中小企業大学 第二講

開講日  10月7日

講師    静岡大学情報学部教授 笹原恵氏

講義    「社会学」 ―現代の疎外論―

「人はなぜ崩れていくのか」

人が崩れた状態とは、犯罪(殺人)を犯す等、秩序に対する「逸脱行動」、うつ・自殺等「社会病理」の状態を指すのであろうが、たとえば戦争での殺人は肯定されるように、状況が違えば意味づけも異なる。故に犯罪は「行動」そのものではなく、社会規範(法・道徳・習慣)に反するかどうかで判断される。

more


4支部対抗ソフトボール大会 富士宮支部優勝!

毎年恒例となりました、沼津・富士・富士宮・静岡

4支部対抗ソフトボール大会が10月3日開催されました。今年は富士宮が幹事ということで、城山球場での開催となりました。

事前の天気予報は雨だったものの、各支部、みなさんの日頃のがんばりのかいがあって、雨雲が少し先に遠のき、みごと快晴のソフトボール大会となりました!やった!

そして、なんと今回も、富士宮支部が優勝!四連覇、磯辺監督堂々のトロフィーです!

Isobe

メンバー一同頑張りました!最年長の竹内さんもお疲れ様でした!ナイススイングでした!

Yusho

また、参加くださった各支部の皆様、ありがとうございました!

こうしてみなさんで顔をあわせて、恒例イベントを盛り上げることができること、何より嬉しく思います。

感謝感謝!また来年も楽しみましょう!
 

 


平成22年度 富士宮中小企業大学 第一講 レポート

平成22年度 富士宮中小企業大学 第一講

開講日  9月28日

講師  静岡大学 山下秀智名誉教授

講義  宗教 「親鸞」

■開校式

富士宮中小企業大学学長である小室市長より、8年間継続してきたことへの感慨と、中小企業家同友会富士宮支部への感謝の言葉が述べられた。続いて中小企業家同友会富士宮支部蓑支部長より、同友会の三つの目的と、受講者への感謝の言葉を述べた。

■講義

カール・ヤッハ(ドイツ)の唱える「枢軸の時代」に、精神的支えであるキリスト・ブッダ等の世界宗教やソクラテスを代表とする哲学が生まれた。

仏教には様々な宗派があるが、根源はブッダの悟りであり、その悟りを各宗派が様々な言葉で伝えていると言えるのではないだろうか。

more


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事