富士宮
*

三島支部7月例会に参加してきました

7月24日、三島支部7月例会に参加してきました。 今回は、三島支部の重鎮、(株)姫沙羅 原俊治代表取締役が報告を務めることもあって、いつもより多くの参加者で賑わっていました。(参加者:21名)

報告内容は、「皆さんは社長の仕事ができていますか ~打つ手は無限をテーマに経営哲学を熱く語る~ 」と題し、コーディネーターとして隣に座る三田支部長が質問をして、それに対して原社長が答える、という形式で進められました。

s-P1000281

示唆に富んだ話をいろいろとしてくださいましたが、やはり経営者には「しっかりとした戦略」を持つことと、「数字に強くなる」ことが必須のものであると改めて感じました。

その中で、「原価が100円だから200円で売ろうという発想は止めなさい。そこにどれだけ付加価値を付けられるかという考えを持ちなさい。付加価値を付ければ付けるほど、他の人が真似出来ない商品になります。」という言葉は、今まで自分が持たなかった新鮮な視点で物事を捉えていて、いわゆる「目から鱗」状態となってしまいました。

ただその言葉の中にも、「付加価値の上げ方に一定のルールは存在しない」「価格決定権を持たなければならない」という、経営者が行うべき仕事「戦略」と「数字」がしっかりと折り込まれていることに気付くことが重要です。

今年2月に開通した伊豆縦貫道(東駿河湾環状道路)により店の前の道路事情が全く変わってしまい、店へのアクセスが悪化した結果落ち込んだ売り上げを、逆転の発想でサービスの質を向上させることにより売り上げを回復したという戦略も、カーナビ情報が更新されて縦貫道が地図に載った時にどのような変化が出てくるのかがひとつのポイントであるという視点も、経営者としてとても大事な資質であり、大変勉強になりました。

s-P1000285

「良い経営者の共通点は、友人が多いことです。友人を作るコツは、人の話を良く聞くことですが、その上で自分の話を良くすることも大切なことです。相手に自分をドンドンぶつけてみてください。」と原社長がおっしゃっていましたが、会員自身が原社長と古くからの知り合いであったり、会員の父上が原社長と同級生だったり、とにかく人の繋がりが半端ではない原社長自身が「良い経営者」であることは、疑いようもない事実です。

その事実を如実に示したのが、今回のサッカーワールドカップでのPV(パブリックビューイング)問題でした。
適切な会場が見つからない中で「地元函南町出身の代表選手なんてこの先100年は出ないであろうから、今ここで内田篤人選手を全力で応援しなければ絶対に後悔する。だからみんなで一生懸命応援しよう」と函南町長を電話一本で説得して(脅して)会場がセッティングされたことは、原社長以外には絶対誰にも出来ない芸当だと思いました。

TVCMに出てくる美人の仲居さんしかイメージに無かった姫沙羅が、今回の例会でグッと近いものに感じることが出来ました。
原社長、三島支部の皆様、どうもありがとうございました。
(何回も通っている三田支部長によると、TVCMの仲居さんは、どうやらお店にはいないようです。)


富士宮支部7月例会

7月4日(金)、志ほ川バイパス店にて7月例会が開催されました。

報告者は、(株)タケウチ 竹内昭八 代表取締役会長で、「中小企業振興基本条例が描く未来と地域に生きる中小企業の果たす役割」と題して、ご自分の半生を振り返りながら60分間、熱い報告をして頂きました。

10475594_785394764834703_416068099162852085_n

日用雑貨の卸問屋である(株)タケウチは、竹内商店として先代が1931年に創業後、1968年に法人化、1986年に現在の社名に改称、1991年に郊外型配送センターの建設・本社移転と、創業以来順調な成長を続けてきましたが、1990年代に入り激動の時代を迎える中、大幅な規制緩和が実施された影響をまともに受け、大型店との圧倒的な競争力の違いによる売り上げ減少に苦しみながらも、何とか活路を見いだすべく飽くなき挑戦を続けている会社であります。

この圧倒的な競争力の違いによる影響は、1989年に全国で1,540社あった日用雑貨卸問屋が、10年後の2000年には936社、昨年2013年には305社にまで減少しているという事実(25年間で8割減)を示しただけでも十分理解できるかと思います。それだけ激しい、吸収・合併・廃業が行われてきたということです。

中小企業が不当な競争に晒され、地域の小さなお店がどんどん潰れ、地域が疲弊していく中で出会ったのが、2000年に採択されたヨーロッパ小企業憲章で「小企業はヨーロッパ経済の背骨である。小企業は雇用の主要な源泉であり、ビジネス・アイディアを産み育てる大地である。」で始まる文章に大きな衝撃を受け、そこから、それこそのめり込むように憲章学習運動に参加し、そこでの精力的な活動が、やがて憲章・条例推進運動に発展し、富士宮市中小企業振興基本条例の草案作りから制定目前(今年度中制定予定)にまで漕ぎ着けた、という実績に結びついています。

我々富士宮支部の人間が全国大会に出掛けた際、他県の代表理事クラスの方と名刺交換すると必ず、「竹内さんのいる支部ですね、竹内さんはお元気ですか?」と異口同音に答えて頂きますが、それは、竹内さんの果たしてきた役割や影響がとてつもなく大きかったことを端的に表している事象ではないかと思います。

s-P1000237

竹内さんは、我々に問いかけます。「人間本来の豊かさとは何でしょうか。大量生産、大量陳列、大量消費、大量廃棄される今の生活スタイルが果たして豊かと言えるのでしょうか。当社で扱っているシャンプーは現在200種類を超えています。全く売れずに廃棄されてしまう銘柄もたくさんあります。消費者ニーズという作られた虚構にいつまでも自分の判断を委ねていて良いのでしょうか。」

行き過ぎた市場原理主義がもたらす「常に敗者を作りだすことでしか成長することが出来ない」という弊害と、既に突入した人口減少社会を考えると、今のままではこの先、地域社会は成り立たなくなってしまいます。

未来を担う子供たちに安心して生きていくことができる地域社会を引き継ぐためには、「持続可能な社会」を実現していくことが不可欠ですが、その実現のためには、いわば理念というべき「条例」が必要であり、その担い手として我々「中小企業家」が必要となってきます。

「歴史を振り返ってみても、時代の節目々々で中小企業家が大きな役割を果たしてきたが、これは、自らリスクを背負い挑戦し続けてきたからこそ持てる鳥の目虫の眼を持っているからである。だから我々中小企業家こそ、時代をリードしていく資格があるのです。」という力強い言葉で報告をまとめて頂きました。

10463900_785394851501361_4423327192659428057_n

バズテーマは、「地域の中で自社が果たすべき責任とは?」だったのですが、市場原理主義がもたらす弊害はどの業界の方にとっても深刻な問題となっているため、どのテーブルも活発な意見交換が行われていました。

持続可能な社会を実現させるためには、竹内さんの言った「競争的共存」という言葉がキーワードになりそうです。

また、報告の冒頭で引用された、百貨店の日曜休業の見直しを提案された際に、パリ市初の女性市長アンヌ・イダルゴさんが答えた、「小さな店が織りなすパリらしさを失いかねない」という言葉が持つ意味を我々自身で考えることが、新しい生活文化を創造する時代の入口となるかもしれません。

s-P1000239

例会後、会場をこまつやさんに移し深新の会(二次会)が行われましたが、他支部の方を含め21名ものご参加を頂き、活発な意見交換が行われ、大いに盛り上がりました。

ご自身を「ロマンチスト」とおっしゃる竹内さんの両隣には「竹内さんの隣なら参加する」とおっしゃってくださった二人の乙女に座ってもらい、三人共暖かいお茶を飲みながら、さながら女子会のノリで会話が弾んでいたようでした。

s-P1000245

最後に、富士宮支部の誇るミスター同友会の二名を中心に、その予備軍?が囲んでの記念撮影を行いました。

それぞれの記憶に大きく残る、とても良い例会になったと思います。みなさま、どうもありがとうございました。

参加者:54名 支部会員:45名 他支部会員:6名 オブザーバー:3名
(三島支部:☆三田宏一様 沼津支部:大神田浩司様 富士支部:☆佐野譲二様、西村知浩様
静岡支部:☆松下恵美子様 磐田支部:☆山崎眞様) ☆印:県条例草案作成WGメンバー


藤岡兵庫同友会代表理事と富士宮観光

6月14日(土)、藤岡兵庫同友会代表理事と宇佐美支部長・田邉・稲原の合計4名で富士宮の観光名所を巡ってきました。

まずは、浅間大社と湧玉の池という、まちなかの定番観光コースをゆっくりブラブラと廻りました。
この日は、梅雨時とは思えない絶好の観光日和となり、まずこの時期では絶対拝むことの出来ない富士山がクッキリきれいに顔を出してくれて、藤岡さんにも大変喜んで頂くことが出来ました。

s-P1000122
 富士山をバックに浅間大社入口で(サクヤヒメ役は支部長)

次は、宮町商店街の中に田邉氏が今年の5月にオープンさせた、丸カフェへ行きました。
開店前でしたが、社長特権で強引にお店を開けてもらいました。(スタッフのみなさま、ご迷惑をお掛けしました)
ここは、富士山グッズを扱うお店で、富士山をモチーフにした商品の種類の多さに藤岡さんも感心しきりでした。
その中で「富士山カラーコーン」がいたく気に入ったようで、「こりゃ、売れますよ」と太鼓判を押して頂きました。
(その後、あちこちの観光地で目撃する度に「やっぱり、売れますよ」発言を連発していました)

s-P1000125
午前10時というのに、泡の出る飲み物を・・・

ここには、富士山グッズ以外に地元富士宮の特産品も扱っていて、その中に白糸(上井出)でドイツ人がドイツの製法と富士山の湧水にこだわって作ったバイエルンマイスタービールがあり、説明を受けているうちに飲みたくなってしまい早速その場で味見となりました。(あくまで、味見です)

まちなかを後にして白糸の滝に向かったのですが、バイパスを通らず、潤井川・大石寺・上野の里山などの景色と移ろいゆく富士山の眺めを楽しみながら、下道でゆっくりと向かいました。

白糸の滝は、2011年3月の地震や9月の台風による被害と富士山世界遺産登録に向けての周辺整備のためしばらく観光が出来なかったのですが、昨年末に整備が完了し、その美しい姿を久し振りに見ることが出来るようになりました。

s-P1000130
久し振りに見る、美しい白糸の滝をバックに

3人とも、整備されてから初めて白糸の滝に行ったのですが、滝壺周辺は本当にすっきりとキレイに整備されていて、以前の何倍もの魅力がある観光スポットとなっていました。
(上の土産物店の猥雑さは、前とあまり変わっていませんが・・・)

ただ、こうやって観光しながらも藤岡さんは、公共駐車場が500円なのに、周辺の民間駐車場が2~300円で、しかもその店で500円以上買い物をすると駐車場代がタダになることにしっかりと目を光らせていたので、何か新しいビジネスモデルを考え付いたのかも知れません。

白糸の滝を後にして、さらに北にある田貫湖に向かいました。

田貫湖は、元々は田貫沼という小さな沼だったのですが、農業用水確保のため昭和10年頃から周囲に堤防を作ることで出来た、周囲4kmほどの人造湖です。

人気の高い休暇村富士から富士山を眺めると、その姿がキレイに湖面に映し出されダブル富士(逆さ富士)となるのですが、毎年4月20日と8月20日前後には、山頂から太陽が登るダブルダイヤモンド富士という、とても貴重な光景をここから拝むことが出来ます。(その日は、日本中から集まった富士山マニアがカメラを構えて日の出を待ちます)

s-P1000132
国民休暇村のデッキから(山頂が雲で隠れています)

休暇村富士に着いた時には、山頂付近が雲に隠れていたのですが、湖面に設置されたウッドデッキまで歩いている間に雲が晴れ、この時期には本当に貴重な雲の無い富士山をバックに撮影することが出来ました。
(水量が少なくて、逆さ富士にはなりませんでしたが・・・)

s-P1000134
絶景の富士山をバックに

観光の締めは、もう一度まちなかに戻っての昼食でした。メニューは「富士宮やきそば」と「ねぎてん」です。

s-P1000141
昼だというのに、泡の出る飲み物を・・・

富士宮やきそば独特の麺のコシと絶妙なウスターソースの味付け、ねぎてんの圧倒的なねぎの量とそこから引き出される甘さに、コナモン文化で最先端を行く関西人の藤岡さんにも大変ご満足を頂き、富士宮を後にして頂きました。

今回観光案内ボランティアよろしく、田邉さんがその豊富な知識で富士宮・浅間大社・富士山等の歴史や文化、風土、果ては裏話まで、道中ずっと藤岡さんに丁寧な説明をして頂いて大変助かりました。どうもありがとうございました。


富士・富士宮支部 6月合同例会

6月13日(金)、富士・富士宮支部合同例会が、この4月に新しく出来たばかりの富士宮駅前交流センター「きらら」を会場に、富士宮支部53名・富士支部33名・他支部5名・オブザーバー4名・事務局2名、合計97名という多くの方々のご参加を頂き、開催されました。

講師は、昨年3月の県役員研修会でも講演を頂いた、兵庫同友会代表理事 藤岡義巳氏 [(株)イーエスプランニング 代表取締役]で、「良い会社への道標、同友会型ビジョナリーカンパニーへの道」と題し、70分間キッチリ・ピッタリ話して頂きました。

s-IMG_0035
藤岡義巳 兵庫同友会代表理事

 冒頭、「二次会の出欠を最初にとる支部を初めて見ました」と、軽くイジられた後、静岡には青全交での分科会報告や経営指針づくりで大変お世話になっていて、又そういう縁があったからこそ、こうして講演が出来ることを大変嬉しく思っているというお話を頂いた後、早速本題に入りました。

まず、タイトルにもある「同友会型ビジョナリーカンパニー」についての説明です。

これは、兵庫同友会で5年毎に更新している「ビジョン」(支部方針)の中で打ち出されたもので、「経営指針を作ったから良い会社になったと思い込んで、ホッとしている会員が多いけれども、どうもそれは違うんじゃないか」という疑問から、「じゃ、良い会社って一体何なのだろうか?」ということを深く掘り下げて議論した末に出来たものです。

会社の状況を5つにステップ分けし、各ステップ毎にクリアすべき事項を併記しているので、一目で自社の立ち位置、やるべきことが明確に分かるようになっています。
そして、そのステップでの課題をクリアし、次のステップへと登って行くことで、最終的に「なくてはならない企業=同友会型ビジョナリーカンパニー」を達成するという仕組みになっています。

もちろん、なくてはならない企業になるためには、相当の努力が必要ですし、途中の段階で必ず「よこしまな考え」や「悪魔の囁き」に惑わされ、遠回りをしたり最悪の場合会社を潰してしまうこともある、とても険しい道のりです。
(藤岡さんは、みずから悪魔にすり寄って行ってしまった、と仰っていましたが・・・)

次に、最近の外部環境の変化(消費税、人口減少、大手の参入)について、お話をして頂きました。

特に人口減少は、マーケットが縮小するだけでなく労働力も縮小するというダブルパンチであり、大企業が今後順調に業績を上げていけば、中小企業に人材が全く廻って来ないことを大変危惧されていました。
(ユニクロが大々的に方針転換したことは、みなさんの記憶にも新しいと思います)

また、マーケットが縮小していくわけですから、今まで中小企業のフィールドだった場所に、大手がシステムを武器に乗り込んでくる時代に既に突入していて、現に、藤岡氏が事業展開している神戸三宮エリアに、業界最大手が社員を多数抱えた新しい拠点を作ったことで、戦略の練り直しを余儀なくされているそうです。

知らぬ間に大手と競争する時代に突入し、大手がそのネームバリューを生かし、緻密さと便利さとを前面に押し出されてしまうと、今まで「いい加減なやり方」で通用していた中小企業はひとたまりもありません。
「大手が参入しても負けない仕組み」作りが、早急に必要であることを肝に銘じました。

又、今後大手と向き合っていくための方向性を3つ示して頂きましたが、どれも示唆に富んだ素晴らしいものでした。

s-IMG_0042
会場は、ほぼ満席となりました

次に、「イーエスプランニング(ESP)を概観する」と題して、ご自身の会社の内容についてお話して頂きました。

当初建築設計事務所として開業し、震災復興特需が落ち着いた頃から不動産管理事業を始め、そしてその中から駐車場管理事業に特化させてきた今の会社の姿は、お客様のニーズに応えながら、時代の動きをしっかり分析して対応してきたという会社の姿勢そのものであると感じました。

その分析力は駐車場運営でもしっかりと生かされていて、「駐車場はメディア」と言い切ってしまうほどデータを徹底的に分析し戦略を練り、アイディア溢れながらも合理的な企画を次々に打ち出して、業績を伸ばしています。
「我々の商売は、たった単価800円の仕事ですが、これだけ徹底的にやるんです。」という言葉は、そこまで徹底的にやって来たという自負があっての発言とだけ思うのではなく、発言の裏側に込められた、「もっと単価の高い商材を扱っている皆さんなら、もっと徹底的にデータ分析をして戦略を練ってください」という我々へのエールと感じ取ることが大事だと思いました。

最後に、同友会での学びについて、①コンテンツを学ぶ(経営理念・共同求人・人を生かす経営) ②人から学ぶ(同業・異業種・運営) ③すべては自社をよくするための活動(同友会3つの目的の順序・自主民主連帯の精神) という3点に分けてお話して頂きました。

そのなかで、同友会3つの目的(良い会社を作ろう、良い経営者になろう、良い経営環境を創ろう)には順番があり、「良い会社を作ろうという挑戦が、良い経営者を生む」というお話が、とても印象に残りました。

 s-P1000117
バズセッションでの活発な意見交換

 バズテーマは「(~にとって)良い会社とは、どういう会社ですか?」で進められました。

今回は、テーブル数が多くて各テーブル発表が出来なかったり、バズテーマが漠然とし過ぎていて進行やまとめが難しかったりという問題点がありましたので、その点は今後改善していきたいと思っています。

その後、会場を「きらら」隣のFujiyama TAPASに移して懇親会を開催しました。

s-P1000121

おいしい料理とお酒を飲みながら、支部を越えた会員同士の交流を深めていました。

参加人数も多く、活気があり、内容も素晴らしい、とても良い例会になったと思います。

企画や準備、設営で頑張って頂いた方々のお蔭でもあります。皆さま、どうもありがとうございました。


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事