富士宮
*

赤石中同協顧問との事前打ち合わせ

8月19日(火)、9月例会で講師を務めて頂く、赤石義博中同協顧問との事前打ち合わせで、東京へ行ってきました。
(参加者:宇佐美支部長、簑前支部長、稲原例会企画委員)

本来であれば会社訪問を兼ねて行くところなのですが、千葉にある会社への往復時間が勿体ないということで、秋葉原駅で待ち合わせをして駅前の喫茶店で打ち合わせを行いました。

s-DSC_0031

早速本題の例会打ち合わせに入り、まず、富士宮支部の概要(支部の成り立ち、会員数とその構成、独自の活動など)と今年度の支部例会テーマ(良い会社をつくる)をお伝えし、今回のテーマ(労使見解)の例会内での位置づけと、期待したい成果について説明をしました。

支部独自の活動としては経営指針研究会があり、じっくりと時間を掛けて経営理念・経営計画を作成するという同友会活動の神髄に多くの会員が触れる機会が支部内にあることで、支部活動がより活発化している現状と、逆に、青懇部会(40代以下の若手会員による部会)に属するメンバーが会勢の2/3以上を占めることもあり、せっかく作った経営理念が自社でうまく活用されていない事例が多いことを説明しました。

また、今回の例会テーマである「労使見解(人を生かす経営)」は、経営理念の扱いとは全く逆に支部内での学習活動があまり活発に行われていないこともあり、私を含め多くの会員にとって理解しづらいものとなっているので、中同協40周年記念誌に掲載された『同友会の基本理念「自主・民主・連帯」の深い意味と日常的実践の課題』の階層表を今回分かり易く説明して頂くことで、労使見解を学習する取っ掛かりにしたいという要望を出しました。

30秒ほど無言のままじっと考えた後に赤石さんから出た言葉は、「歴史的にも順番的にも、大きな勘違いをしている」という、「こういう順番で話を進めたら分かり易いと思うがどうだろうか」的なテクニカルな回答を期待していた我々の予想とは全く違う言葉でした。

その後、同友会の成り立ちからの歴史と、そこで直面した課題をどのように解決してきたのかをレクチャーして頂き、「大きな勘違い」がやはり「大きな勘違い」であったことに気付くと共に、今までしっくりこなかった経営理念と労使見解との関係がスッキリと整理され、ストンと腑に落とすことが出来ました。

この「腑に落ちる」話は、9月オープン例会の時にシッカリとお話して頂くということになりましたので、現時点では「ナイショ」とさせてください。(例会を楽しみにしていてください。)

1時間半ほど掛けて、バズテーマを含め例会の大まかな打ち合わせが終了したところで、「場所を変えて」続きを行なうことになり、昔の面影が全く無くなってすっかりキレイに整備された秋葉原駅前にある、炭火焼と日本酒が売りの居酒屋に行きました。

s-DSC_0033

お店に入るとすぐに、何本かの日本酒がディスプレイされてあったのですが、その一本を見て簑前支部長がひとこと、「あ、黒牛だ。」と。この黒牛は、簑氏が作った肥料を使用して作られたお米で作ったお酒で、酒蔵会社の社長さんとも懇意にされているとのことでした。(良く和歌山まで出張に行くそうです)

残念ながらその日は在庫が無くて黒牛は飲めませんでしたが、代わりに全国のお酒を飲みながら、おいしい肴をつまみながら、赤石さんとざっくばらんなお話をさせて頂きましたが、とにかく赤石さんの記憶力の正確さには本当に驚かされました。とにかく、日時や場所、人の名前などに、全く曖昧さが無いのです。

歴史が浅ければ記憶を整理することも可能となるのかも知れませんが、同友会に入会して半世紀以上(52年)、中同協の三役(幹事長・会長・相談役幹事)を35年も歴任し、年間30回以上日本全国を飛び回っている上でのことですから本当に恐れ入りました。

お話を聞いていて興味深かったのは、他県では「同友会塾」とか「経営者塾」という名前で、県役員クラスの会員を教育するシステムがあり、そこに中同協も大きく関わっているという点でした。

こういう活動というのは、あまり他県に流れない情報ですので、こうやって講師として全国を飛び回っている方から直接話を聞けたことは貴重なことですし、全国に対する静岡同友会の立ち位置が少し分かったような気が致しました。

我々としては少し早い時間で切り上げて東京を後にしたのですが、帰りの新幹線での時間を大きな余韻に浸りながら過ごすことが出来ました。(本当に、役得だと思いました。)

赤石さん、貴重なお時間を割いていただき、どうもありがとうございました。良い例会にしたいと思います。


富士宮支部8月納涼例会

8月8日(金)、8月納涼例会が志ほ川バイパス店にて開催されました。
(出席者:49名 支部会員:40名、オブザーバー:6名、他支部会員:2名、事務局:1名)

今回は、「わがまちづくりの歴史をひもとき、そのアイデンティティーを知ろう!」と題して、前富士宮市役所都市整備部長である、角入一典氏[富士設計(株) 専務取締役]を講師に、60分の講話をして頂きました。

長年にわたって富士宮市の都市計画の最前線に立ってきた角入氏のことですから、外神スポーツ広場・北山工業団地・南陵工業団地・ファーマーズマーケット「う宮~な」・駅前交流センター「きらら」・せせらぎ広場・神田門前町化・市街地電柱地下埋設化等々、現在の富士宮の根幹を成す数々の重要なプロジェクトに深く関わってきた中で、今回は、大鳥居移設・イオンシネマ・鉄道高架事業の3つに絞ってお話をして頂きました。

s-P1000484

まず、大鳥居移設の話ですが、今昔物語集等にも書かれている浅間大社の古い呼び名「富士の宮」を市名に採用していることからも、宗教とは切っても切り離せないまちであり、そのシンボルである大鳥居が駅前にあったという全国的に珍しい光景も、「宗教のまち」と考えればごく自然なものであり、その大鳥居を取り壊したことでまちのバランスが大きく崩れ、結果、「政争と暴力団のまち」として長きにわたって行政運営に支障が出たことは、「大鳥居のたたり」ではないけれども、決して偶然では無かった、とのことです。

昭和56年に撤去された大鳥居は平成18年にようやく移設が完了しましたが、それに合わせるかのように富士宮焼きそばが大ブレークし、自然遺産として登録されなかった富士山が世界文化遺産として登録され、富士山世界遺産センターが富士宮に建設されることに決まったことも、「大鳥居のたたり」から解放されたせいなのかも知れません。

「浅間大社のまち」だからこそ、現在の門前町「風」の街並みを改め、こだわりのまちづくりで本物の門前町を作り、そこから日本文化を世界に発信することが、これから富士宮市が大きな飛躍を遂げるための唯一の道である、と強調されていました。

s-P1000479

イオンシネマの問題は、オーミケンシが操業していることにより駅南部一帯が工業地域に指定されたことに端を発し、その後、平成18年に都市計画法が改正され、大規模集客施設・アミューズメント施設は「商業地域」・「準工業地域」にしか建設出来なくなり、計画中であったイオンシネマも現行法規上は建設不可となってしまったのですが、地元からの強い要望(昔は映画館がたくさんあって華やかであった)も強くあり、全国的にも珍しい特例措置の適用で用途地域変更なしに無事開業させたということです。

当然、特例措置の適用にはかなり煩雑な手続きが発生するわけですが、そこまでして用途地域変更をしなかったのは、「都市計画は市民の財産に大きく関わる問題である」という認識のもと、公平な立場で愚直に都市計画に取り組んできた姿勢のあらわれの一つだと思いました。

鉄道高架事業も、本当に長い期間、それこそ市長が変わるたびに計画が一から見直され、右に左にとさまざまな紆余曲折を経た末に、富士宮駅-西富士宮駅間の高架化(野中踏切のみ立体化)と、駅周辺のバリアフリー化(エレベーター設置)に落ち着きました。

高架化の費用対効果についてはいろいろな意見があるかとは思いますが、昭和40年代に行なわれた身延線複線化事業の際に、当時の国道1号線の渋滞解消を目的の一つに富士駅-入山瀬駅間を高架化したことは、現在に至るまで頻繁に道路拡幅工事が行えている状況を見るにつけ、いかに当時の富士市のビジョンが明確であったことを再認識させられます。
(かたや富士宮市は、団体ホームと車両基地を作っただけで、結果、拡幅で危険となった踏切を駅周辺に増やしただけ)

去年、芦澤副市長が同じく8月納涼例会で話をされていた、身延線の延伸計画(新富士駅との在来線の接続)と同様に、「あの時、ああしとけば、今頃は・・・」という大きなターニングポイントの一つであったことは間違い無いですし、そうなれば、今の高架化も別な形となっていたのかも知れないと考えると、ビジョンをしっかりと持った政策決定が、いかに重要であるかを考えさせられます。

最後に、「焼きそば食べに来たのに、なんか雰囲気の良いまちだね」と言われるようなまちになってくれたら嬉しいという思いを語って頂き、講話を締めて頂きました。

s-P1000486

お礼の言葉は、河原﨑信幸氏[シンコーラミ工業(株) 取締役会長]が行なったのですが、もう若い頃から切った貼ったを繰り返している二人のことなので、お二人とも「今さら、かしこまってお礼なんて・・・」と思っていたようですが、「どんな相手であれ自分の考えをしっかりと言う」という角入氏のブレないスタンスが、良好な関係が今も続いている大きな秘訣だったのではないかと思います。(河原﨑氏も同じスタンスですが・・・)

こうやって、行政のキーマンと支部会員のキーマンとが裏表の無い関係で繋がっているというのが、富士宮支部の誇れる財産でもありますし、その財産を生かし、引き継いで行くのが我々若手会員の使命であるとの思いを強くしました。

その後、1階に場所を移して、納涼会(懇親会)が開催されました。

 s-P1000494

角入氏の廻りには若手会員が集まり、「お酒が入らないと話せない」話で、大いに盛り上がっていました。
(もちろん、オフレコであります)

また、他のテーブルからもあちこちで大きな笑いが出ていて、かなり盛況に会員同士の交流が図られていました。

さらに場所をDiningBar EN’S(遠藤崇浩会員のお店)に移して、深新の会(二次会)が開催されました。

s-P1000498

皆が真剣な顔をして何かに集中しているのは、こんな遅い時間まで難しい問題を考えている、という訳では当然無く、集中した視線の先に、夏場なのにプリプリの牡蠣が待っているからであります。

s-P1000497
(県東部エリアで、これだけの牡蠣が食べられる店は、他にはありません)

今後、「豊かな地域社会」を実現するためには、我々中小企業家の努力は勿論のこと、行政の果たすべき役割もより大きなものとなってきます。

その中で、我がまちの生い立ちと根底に流れるフィロソフィーを知ることが出来たと同時に、角入氏の肝入りで若手行政マンと若手会員との交流を図る場を作るきっかけとなった今回の納涼例会は、今後の地域社会の有り方を考える上で大きなターニングポイントとなった重要な例会になると思います。

講師を務めて頂いた角入さん、準備や参加をして頂いた会員の皆さん、どうも有り難うございました。


三島支部7月例会に参加してきました

7月24日、三島支部7月例会に参加してきました。 今回は、三島支部の重鎮、(株)姫沙羅 原俊治代表取締役が報告を務めることもあって、いつもより多くの参加者で賑わっていました。(参加者:21名)

報告内容は、「皆さんは社長の仕事ができていますか ~打つ手は無限をテーマに経営哲学を熱く語る~ 」と題し、コーディネーターとして隣に座る三田支部長が質問をして、それに対して原社長が答える、という形式で進められました。

s-P1000281

示唆に富んだ話をいろいろとしてくださいましたが、やはり経営者には「しっかりとした戦略」を持つことと、「数字に強くなる」ことが必須のものであると改めて感じました。

その中で、「原価が100円だから200円で売ろうという発想は止めなさい。そこにどれだけ付加価値を付けられるかという考えを持ちなさい。付加価値を付ければ付けるほど、他の人が真似出来ない商品になります。」という言葉は、今まで自分が持たなかった新鮮な視点で物事を捉えていて、いわゆる「目から鱗」状態となってしまいました。

ただその言葉の中にも、「付加価値の上げ方に一定のルールは存在しない」「価格決定権を持たなければならない」という、経営者が行うべき仕事「戦略」と「数字」がしっかりと折り込まれていることに気付くことが重要です。

今年2月に開通した伊豆縦貫道(東駿河湾環状道路)により店の前の道路事情が全く変わってしまい、店へのアクセスが悪化した結果落ち込んだ売り上げを、逆転の発想でサービスの質を向上させることにより売り上げを回復したという戦略も、カーナビ情報が更新されて縦貫道が地図に載った時にどのような変化が出てくるのかがひとつのポイントであるという視点も、経営者としてとても大事な資質であり、大変勉強になりました。

s-P1000285

「良い経営者の共通点は、友人が多いことです。友人を作るコツは、人の話を良く聞くことですが、その上で自分の話を良くすることも大切なことです。相手に自分をドンドンぶつけてみてください。」と原社長がおっしゃっていましたが、会員自身が原社長と古くからの知り合いであったり、会員の父上が原社長と同級生だったり、とにかく人の繋がりが半端ではない原社長自身が「良い経営者」であることは、疑いようもない事実です。

その事実を如実に示したのが、今回のサッカーワールドカップでのPV(パブリックビューイング)問題でした。
適切な会場が見つからない中で「地元函南町出身の代表選手なんてこの先100年は出ないであろうから、今ここで内田篤人選手を全力で応援しなければ絶対に後悔する。だからみんなで一生懸命応援しよう」と函南町長を電話一本で説得して(脅して)会場がセッティングされたことは、原社長以外には絶対誰にも出来ない芸当だと思いました。

TVCMに出てくる美人の仲居さんしかイメージに無かった姫沙羅が、今回の例会でグッと近いものに感じることが出来ました。
原社長、三島支部の皆様、どうもありがとうございました。
(何回も通っている三田支部長によると、TVCMの仲居さんは、どうやらお店にはいないようです。)


富士宮支部7月例会

7月4日(金)、志ほ川バイパス店にて7月例会が開催されました。

報告者は、(株)タケウチ 竹内昭八 代表取締役会長で、「中小企業振興基本条例が描く未来と地域に生きる中小企業の果たす役割」と題して、ご自分の半生を振り返りながら60分間、熱い報告をして頂きました。

10475594_785394764834703_416068099162852085_n

日用雑貨の卸問屋である(株)タケウチは、竹内商店として先代が1931年に創業後、1968年に法人化、1986年に現在の社名に改称、1991年に郊外型配送センターの建設・本社移転と、創業以来順調な成長を続けてきましたが、1990年代に入り激動の時代を迎える中、大幅な規制緩和が実施された影響をまともに受け、大型店との圧倒的な競争力の違いによる売り上げ減少に苦しみながらも、何とか活路を見いだすべく飽くなき挑戦を続けている会社であります。

この圧倒的な競争力の違いによる影響は、1989年に全国で1,540社あった日用雑貨卸問屋が、10年後の2000年には936社、昨年2013年には305社にまで減少しているという事実(25年間で8割減)を示しただけでも十分理解できるかと思います。それだけ激しい、吸収・合併・廃業が行われてきたということです。

中小企業が不当な競争に晒され、地域の小さなお店がどんどん潰れ、地域が疲弊していく中で出会ったのが、2000年に採択されたヨーロッパ小企業憲章で「小企業はヨーロッパ経済の背骨である。小企業は雇用の主要な源泉であり、ビジネス・アイディアを産み育てる大地である。」で始まる文章に大きな衝撃を受け、そこから、それこそのめり込むように憲章学習運動に参加し、そこでの精力的な活動が、やがて憲章・条例推進運動に発展し、富士宮市中小企業振興基本条例の草案作りから制定目前(今年度中制定予定)にまで漕ぎ着けた、という実績に結びついています。

我々富士宮支部の人間が全国大会に出掛けた際、他県の代表理事クラスの方と名刺交換すると必ず、「竹内さんのいる支部ですね、竹内さんはお元気ですか?」と異口同音に答えて頂きますが、それは、竹内さんの果たしてきた役割や影響がとてつもなく大きかったことを端的に表している事象ではないかと思います。

s-P1000237

竹内さんは、我々に問いかけます。「人間本来の豊かさとは何でしょうか。大量生産、大量陳列、大量消費、大量廃棄される今の生活スタイルが果たして豊かと言えるのでしょうか。当社で扱っているシャンプーは現在200種類を超えています。全く売れずに廃棄されてしまう銘柄もたくさんあります。消費者ニーズという作られた虚構にいつまでも自分の判断を委ねていて良いのでしょうか。」

行き過ぎた市場原理主義がもたらす「常に敗者を作りだすことでしか成長することが出来ない」という弊害と、既に突入した人口減少社会を考えると、今のままではこの先、地域社会は成り立たなくなってしまいます。

未来を担う子供たちに安心して生きていくことができる地域社会を引き継ぐためには、「持続可能な社会」を実現していくことが不可欠ですが、その実現のためには、いわば理念というべき「条例」が必要であり、その担い手として我々「中小企業家」が必要となってきます。

「歴史を振り返ってみても、時代の節目々々で中小企業家が大きな役割を果たしてきたが、これは、自らリスクを背負い挑戦し続けてきたからこそ持てる鳥の目虫の眼を持っているからである。だから我々中小企業家こそ、時代をリードしていく資格があるのです。」という力強い言葉で報告をまとめて頂きました。

10463900_785394851501361_4423327192659428057_n

バズテーマは、「地域の中で自社が果たすべき責任とは?」だったのですが、市場原理主義がもたらす弊害はどの業界の方にとっても深刻な問題となっているため、どのテーブルも活発な意見交換が行われていました。

持続可能な社会を実現させるためには、竹内さんの言った「競争的共存」という言葉がキーワードになりそうです。

また、報告の冒頭で引用された、百貨店の日曜休業の見直しを提案された際に、パリ市初の女性市長アンヌ・イダルゴさんが答えた、「小さな店が織りなすパリらしさを失いかねない」という言葉が持つ意味を我々自身で考えることが、新しい生活文化を創造する時代の入口となるかもしれません。

s-P1000239

例会後、会場をこまつやさんに移し深新の会(二次会)が行われましたが、他支部の方を含め21名ものご参加を頂き、活発な意見交換が行われ、大いに盛り上がりました。

ご自身を「ロマンチスト」とおっしゃる竹内さんの両隣には「竹内さんの隣なら参加する」とおっしゃってくださった二人の乙女に座ってもらい、三人共暖かいお茶を飲みながら、さながら女子会のノリで会話が弾んでいたようでした。

s-P1000245

最後に、富士宮支部の誇るミスター同友会の二名を中心に、その予備軍?が囲んでの記念撮影を行いました。

それぞれの記憶に大きく残る、とても良い例会になったと思います。みなさま、どうもありがとうございました。

参加者:54名 支部会員:45名 他支部会員:6名 オブザーバー:3名
(三島支部:☆三田宏一様 沼津支部:大神田浩司様 富士支部:☆佐野譲二様、西村知浩様
静岡支部:☆松下恵美子様 磐田支部:☆山崎眞様) ☆印:県条例草案作成WGメンバー


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事