富士宮
*

第23回中同協役員研修会イン富山-2

第2講は『半世紀を超えた同友会運動、その歴史と理念に学ぶ~「労使見解」を生み出した中小企業家の知恵と努力、今日的価値について』と題し、赤石義博中同協相談役幹事に、これまた「みっちりと」講義をして頂きました。

s-P1000039

4ページにもわたる、第1講以上に濃いレジュメでしたので、一部省略してタイトルを中心にレジュメを紹介します。

(1) はじめに
1.日常的な視点を磨くために歴史を学ぶ。それを単なる知識ではなく実践的に活かす。
~原因のない結果はない。私たちと私たちの子孫に未来のために、今、何を作り込むべきか~
2.同友会創立者たちは、「現象(結果の)」の「原因をどう判断し」、「どんな新しい原因を作ろうとしたのか」
~自らの努力で獲得できるべくして獲得すべき未来のために~
3.同友会は、「なぜ、できたのか(何を求めたのか)」
① 中小企業家の「正当な努力」を「正当に評価」し、大企業並みに経済政策の対象に。
② 「運動の中で何を磨き上げてきたか(めざすものは何か)」。

(2) 苦難の近代史の中で胎動し、戦後の試練が形成させた同友会理念
~戦後の、またしても大企業優先・官僚統制の動きの中で行動に~
1.同友会創立先輩の底流にあった「視点と思い」
2.労使問題に苦労し、悩まされながらも、本質的な解決策を追求
3.激しい労働攻勢の中で「全社一丸体制づくり」を求めて、ついに「労使見解」(1975年)へ

(3) 同友会理念「自主・民主・連帯」の深い意味の具体的展開「労使見解」精神の実践を
~同友会のいう「人間尊重」の理論的根拠と実践すべき具体的内容~
1.労使見解精神は、人間としての素朴な三つの願いへの具体的対応
~「全社一丸体制づくり」のプロセスで集約され明らかにされた社員の素朴な願い~
① かけがえのない命を大切にしたい。健康でありたい。与えられたいのちを全うしたい。
② 仲間として認められたい、当てにされたい、できれば尊敬されたい。
③ 職場や専門分野で輝く存在を目指すなど、かけがえのない人生を悔いなく精一杯生きたい。
2.前項①~③は、それぞれ民主、連帯そして自主の深い意味と照応している。
~「生命の尊厳性の尊重」、「人間の社会性の尊重」、「個人の尊厳性の尊重」~
3.人間尊重の精神「生きる。くらしを守る。人間らしく生きる。」と「自主・民主・連帯」とのつながり。

(4) 運動の展望と人類の未来 ~人類の未来を担う中小企業・自営業~

s-P1000042

今回初めて赤石相談役の講義を聞いたのですが、レジュメはレジュメ、講義は講義というスタイルだったので、話があちこち飛んでなかなかうまくメモが取れず苦労しました。(第1講で既におなか一杯であったことも原因ですが・・・)
しかし、言葉や数字にうろ覚えの部分が全く無く、90分間淀みの無い講義を行えるのは、長い同友会活動を通して完全に自分のものにされている赤石相談役にしか出来ないスタイルではないかと思いました。

講義の中で、「自主・民主・連帯の深い意味の先に人間尊重の精神がある」「同友会は1962年からずっと労使見解をやって来ているが、最初から労使見解があったわけでは無くて、どうしたら食べていける中小企業になれるのかというところからスタートしている」という二つの内容がとても印象に残りました。

「同友会は経営を勉強する会ではあるが、結局のところ、生きざまを学ぶ会であり、人間尊重の会である」という講義最後の赤石相談役の言葉に、同友会の奥深さを再認識させて頂きました。


第23回中同協役員研修会イン富山-1

5月22日(木)、23日(金)の2日間、富山で開催された、第23回中同協役員研修会に参加してきました。
参加者は全体で104名。内訳は、中同協:5名、開催県(富山):52名、隣接県(石川):19名、他県:28名でした。
静岡からは、代表理事:藤原・地久、副代表理事:秋山・佐野・鈴木、支部長:河合、支部役員:稲原、事務局:戸川、の合計8名での参加となりました。

全体スケジュールは、初日に開講あいさつと2講と夕食交流会、2日目に1講とまとめの挨拶でした。
各講の構成は、講義90分+バズ60分+発表と補足30分、講師が中同協の三役(相談役・会長・幹事長)ということで、途中に休憩は適宜はさんで有るものの、時間的にも内容的にもかなり「みっちり」としたものでありました。

第1講は、鋤柄修中同協会長が講師で、「同友会運動のリーダーの使命、役割は何か ~同友会で何を学び、どう実践するか、中小企業憲章制定運動の意義にふれて~」というタイトルで講義が行われました。

s-P1000038

タイトルからして濃い内容が予想されるレジュメは、以下の通りでした。

1.我が社の概要と私の生い立ち

2.同友会への入会と経営者としての目覚め
①労働組合が出来て
②同友会の役を受けて

3.経営者としての正しい姿勢とは何か ~労使見解から学ぶ~
①経営者の責任について
②社員を経営の良きパートナーとする
③人間尊重のイキイキした社風づくり

4.同友会らしい経営とは ~経営指針、共同求人、社員共育を三位一体で~
①経営指針の確立と実践→経営理念の外部発信と内部浸透について
②計画的な人材採用を行う→共同求人は強靭な企業づくりの第一歩
③共に育つ社員共育の実践→先輩社員が後輩を教える

5.同友会運動のリーダーの使命と役割について ~真のリーダーシップをどう発揮するか~
①中小企業家の生活習慣病を直す
②常に経営者として自己革新をする
③同友会と自社の経営は不離一体である
④同友会理念の実践者として会活動の先頭に立つ

6.中小企業憲章制定の意義について ~同友会3つの目的の同時実践ができるか~
①自社と憲章との関係について考える
②地域づくりの柱として中小企業振興基本条例を考える

レジュメを見ただけで、めまいがしてきそうですが、まずは開口一番、「皆さん、変わりましたか?」といういつものフレーズから始まる講義をみっちりと90分、忙しくメモを取りながら聞いていました。

s-P1000036

どの話もとても為になるものでしたが、同友会運動の深い部分までしっかりと学ぶことと、同友会で学んだことを自社の経営で実践することの重要性を何度も強調されていました。
(愛知同友会では、同友会と自社経営を不離一体の関係と捉えた「不離一体シート」を活用しているとのことです)

講義の中で印象に残った発言をいくつかここで紹介して、この講のまとめとしたいと思います。
・経営者は、戦う場所を決め、そこに人を配置し、必要な資金を用意する、戦略家でなければならない。
・毎日2時間経営の勉強をしなさい。通算で1万時間も勉強すれば、人前で発表出来るような立派な経営者になれる。
・経営の勉強は、政治・経済・社会だけではなく、演劇・絵画等の芸術から宗教に至る分野まで幅広く網羅しなさい。
・目標を掲げる場合は、5%・10%アップではなく、1倍→3倍→5倍のように、大々的にしなさい。(1:3:5の法則)
・10年後の自分の給料が分からないような会社に、社員は残らない。(逆ならば、言われなくても一生懸命に働く)
・「生きるために働く」から「何のために働いているのか」と社員が考えるようにさせるのが、真のリーダーである。
・同友会の学びは、文字の上だけではなくて、FACE to FACEが大切だから、どんどん積極的に顔を出しなさい。


神戸に行ってきました

5月16日(金)、宇佐美支部長、穂坂副支部長、簑前支部長、稲原例会企画委員の4名にて、6月合同例会の下打ち合わせのために神戸に行ってきました。
訪問先は、講師をお願いした、(株)イーエス・プランニング 藤岡義巳代表取締役(兵庫同友会代表理事)のところで、2月の全研ひろしまの懇親会でご挨拶させて頂いた際に「別に訪問しなくてもメールでのやりとりでOK」と言われていたのですが、やはり、現地に赴いて話を聞く価値が絶対にあるだろうということで、4人で出掛けて行きました。

少し早目の新幹線で新神戸駅に到着したので、寄り道がてら北野の街を散策しつつ、三宮駅まで歩いて行きました。

s-P1000001

 北野の街は、第一級の観光地ということもあり、セブンイレブンも北野仕様で見事に風景に溶け込んでいました。

三宮に到着しての昼食は、穂坂副支部長お奨めのソウルフード「そばめし」。
下調べした時から名前に惹かれた「長田タンク筋」というお店へ。

s-P1000002

店構えからして期待出来そうです。中に入ると、昼前なのにほぼ満席で、一番奥のテーブル席に案内されました。
奥へ進みがてら見てみると、何か見たこともない濃い茶色の物体をみなさんおいしそうに食べています。

オーダーをして待つことしばし。先ほど見た濃い茶色の物体の正体「そばめし」がおいしそうな湯気を立てて到着。

s-DSC_0705

色は濃いのですがベースの味付けは薄めなので、各自お好みのソースをかけるのですが、「虎」の文字に濁点が付いた「ドラソース」という名前のオリジナルソースが異様に辛く、それがそばめしと良くマッチしていて病みつきになってどんどんかけてしまい、結果、その辛さを中和するための白い泡の飲み物もグイグイいってしまいました。
(このセットの破壊力は抜群でありました。)

昼食後、腹ごなし(と、酔い冷まし)を兼ねて、元町にあるイーエス・プランニングさんまで歩いて行きました。
20分ほどの道のりのほとんどが、歩行者専用の全天候型アーケード付き商店街だったのですが、人が安心して買い物をするためには、やっぱりこうして車を排除するべきだと、自身の商店街のことを思い浮かべながら歩いていました。

最後で少し迷ってしまい、予定より5分ほど遅れてしまいましたが、事務所2階の窓から顔を出し手を振って我々を笑顔で迎えてくださいました。 手短に挨拶をすませ、早速本題へと移りました。

s-P1000004

例会内容の打ち合わせをしながら、震災時のこと(阪神淡路で頂いた支援、東日本で行った支援)、自社のこと、同友会のこと、経営理念のこと、とにかくいろいろとお話をしてくださり、支部組織の活性化、ベテラン会員の居場所作り、新入会員へのフォロー方法などについて、大きなヒントをたくさん頂き、訪問しなければ決して得られなかった大切なお土産をたくさん持ち帰ることが出来ました。

具体的な内容をここで書いてしまうと、例会当日の面白みが無くなってしまうのですが、ひとつだけ、「同友会は自分のためのプラットホームであり、会費は自社を良くするための自己投資である。自己活動への自己投資なのだから、同友会の活動費は、税金を掛けることが出来ない不課税である。」という話は、自分と同友会との有り方を端的に表していて分かり易かったので、ここに紹介しておきます。

藤岡さんの話を聞いていて、根底にある共通した考え方として感じたものは、ある問題を考える際、大きな塊のままで問題に対処するのではなくて、出来るだけ小さなパーツに分解させて考える、ということです。
100の問題が複雑に絡み合って解決出来そうもない物事も、100の問題に分解して一つずつ解決するというステップを100回繰り返すことで解決に導く、この考え方が根底にあるので、我々のたくさんの質問に対して、ポイントをついたとても分かり易い言葉でズバリと回答して頂き、いわゆる「腑に落ちる」という体験を何度もすることが出来ました。

予定時間MAXの2時間半があっという間に過ぎてしまい、まだまだ話をしたかったのですが、丁重に別れのご挨拶をさせて頂き、打ち合わせに同席して頂いた兵庫同友会事務局長の内橋さんの案内で、次の訪問先(株)奥谷金網製作所さんのところに向かいました。

「せっかく神戸に行くので、近くの会員企業を1社訪問したい」というリクエストに応えて頂いての訪問でした。

 s-P1000008

かなり歴史が感じられる外観です

s-DSC_0706

ショウルーム入口には、歓迎の表示がされていました

 s-P1000006

興味を引く様々な金網やパンチングメタルのサンプルが所狭しと並んでいます
このようなショウルームを持っている金網メーカーは他には無いということでした

s-P1000005

熱心に見入っている金網は、拡大ルーペでやっと網目が見えるくらいの細かい目を持つ金網です
手触りは、金網と言うより、もはや柔らかい布と言っても過言ではありませんでした

このショウルームを作ったことで、各メーカーの技術者と現物を見ながら打ち合わせを行うことが出来るようになったため、お互いの意思疎通が十分図られるようになったとのことですが、「それでも現地へ行って、どういう使われ方をするのか自分の目で確認したい」という言葉は、やはり生粋の技術屋さんならではの言葉だと思いました。

簑前支部長にとっては、丁度、自社のラインで使用している金網に問題を抱えているところで、ほぼ商談状態でのショウルーム見学となっていましたが、これも何かの縁ではないかと思っています。

多くの学びを持って帰ることが出来た神戸訪問となりましたが、その成果をまずは6月例会で出したいと思います。
より多くの人に参加してもらい、「良い会社」にするためのヒントをいっぱい持って帰ってもらいたいと思います。


1月度D,E合同グループ会が開催されました。

内容:『2月例会 新入会員さん出番ですよ!リハーサル』及び新年会

日時:2014年1月20日(月)19:00~22:00

場所:FUJIYAMA TAPAS

担当:前島大介(D)、九川治喜(E)

参加者:15名

2月の支部例会は恒例の『新入会員さん出番ですよ!』なわけですが、今回の報告者3名はたまたまDグループから2名、Eグループから1名という構成。
こりゃあグループ会でリハーサルやるっきゃないね、ついでに新年会だ!とハナシはトントン拍子に進み、今回の開催となりました。
もともと報告者は河原崎信幸支部顧問によるレクチャーを受ける必要があったため、オリエンテーションも兼ねての豪勢なグループ会となりました。
外は寒~~かったですが、店の中はなかなかの熱気に包まれました。(暖房もよく効いてました)
まずは報告会用にセッティングされたパーティールームにて報告のリハーサル。
本番さながらに時間も計測(持ち時間20分/1人)しながらの報告は緊張感もありました。
菊地商店の菊地良太さんは時間計算も考慮した、よく練り上げられた原稿をもとに報告。
(株)旭建設の石川哲也さんはややざっくばらんな雰囲気の報告。

HOUKOKUSHA

その後はレストランスペースに場所を移し、新年会の開催。
FUJIYAMA TAPAS さんの大変美味しい料理とお酒をいただきながら、まずは河原崎信幸さんによるレクチャー。

LECTURE

「出番ですよ!」は同友会の辞書の1ページに自分を加えてもらうために自分のことを話し、知ってもらう大切な例会。
同友会では人と出会い、交わることにとても意義がある。
自分はこういう人間なんです!という思いをぶつけて、メリハリをつけて話して欲しいとのこと。
既存の会員にとっても非常に良い話でありました。
続いて参加者全員によるひとことアドバイス、感想のコーナー。

SHIBUCHO

けっこうズバズバッと、手厳しいが思いやりのある意見が連発。
報告者の一人の(株)ファイン電子の鈴木寿裕さんがインフルエンザのため欠席されてしまったことは残念でしたし、今回内容が盛りだくさんだったため、どうなるかと思ってましたが、前島大介Dグループ長の巧みな進行もあり、とても有意義な会となりました。
これは本番の例会が大変楽しみであります。

定休日(月曜日)にも関わらず店を開けてくれた遠藤崇浩さん(Eグループ)、調理や給仕をしてくれたお店のスタッフの皆さん、大変お世話になりました。ありがとうございました!


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事