富士宮
*

5月例会が開催されました。

平成25年5月16日 5月度の例会が開催されました。

 今回は広島県同友会副代表理事であられる、合同呉運送(株)代表取締役 瀬島髙志(せじまたかし)に御出で頂き、「同友会はなぜ中小企業振興条例をめざすのか」について御講演いただきました。

2013-05-16 19.04.31_R

 呉市についての説明では、明治22年以降の帝国海軍が来て以来、それに伴う産業(工業)もふくめた国策で成立してきた町であると言うことでした。自社も含めたプロフィール説明、同友会との関わりについてお話していただましたが、呉支部において行われている取り組みとして

①共同求人→学校との信頼関係を構築する。
             ↓
      そのために、労働体験を地元中小企業で行い労働の意味・中小企業について学生達に知ってもらう。
      総称して”求人社会教育”としてプロジェクト化している。

②商工会議所を巻き込む事で、多方面のパイプ作りを行っている。

③行政とのパイプ作りを行い、地域の活性化と目指す方向性を議論する。
 ・中小企業のM&A
 ・海上自衛隊とその家族の定着化
 ・エコノミックガーデンについて
 ・雇用の充実と教育(学校教育の一環として)

これらの事をを実行しながら、それを目指す思いとして、「孫子に残したい呉市の姿」として「真っ当に努力する人が、それなりに評価され認められる世の中」の実現の為に、中小企業振興条例の策定を目指していると御講演頂きました。

時同じく、富士宮支部でも条例制定を目指しております。今回のお話を参考により良い条例作りに邁進して行きたいと思います。


5月度Cグループ会が開催されました。

5月9日(木) 5月度のCグループ会が開催されました。

内容:電力料金、動向及び節電について
日時:5月9日 19:00~20:00
場所:シンコーラミ工業㈱ 北山本社工場
講師 : 日本テクノ株式会社 3名
参加者 : 9名

 今回はタイトルにもあるように、解っている様で解っていない。それでいて、案外蔑ろにしている「電力」の問題について外部講師を招き、この問題についてご講義いただくとともに、学びを深める機会に恵まれました。

2013-05-09 19.04.05_R

 東日本大震災以降、計画停電を経験した上で特に注目されてきたのが「節電」であります。しかし、当時を振り返っても、かなり無理をしたり我慢したり、大変な苦労をしたことを思い出します。実はそれが間違っていなくても、もっと簡単に無理せず実行出来る方策があったなら…我慢の節電から賢い省エネへ! こんなテーマでお話をいただきました。社内の自販機の運用方法、換気扇の使用方法の見直しで、瞬間瞬間ではたいした金額では無くても、同友会で言うところの”微差は大差”で、月間・年間を通すとかなりのコストダウンにつながる事について説明を受けました。それにはやはり、社員との情報の共有化や、意思疎通がきちんとなされていなければならない…いろんな意味で、経営課題の一つとして認識すべき事項だと思いました。

2013-05-10 01.41.23_R

省エネの3方策、”運用改善””設備改善””調達改善” のうち、省エネ活動の入り口は、無理無くできると言う意味でも”運用改善”であり、社内の動脈設備(付加価値を生み出す)静脈設備(付加価値を生まない)何方に切り込むかと言う観点から言うと、静脈設備の改善から取り組む事がポイントだと、何れもとっつきやすく無理ではないということが肝要なのだと、自分は理解しました。

無論、講師は業者であると言う事を考えて、自社のアピールがかなり見え隠れした事を差し引いた上でも、いい勉強ができたと思います。問題は、それを持ち帰り、いかに自社に取り込めるか、学んだ事はすぐ実践でありますから今回出席された方々は、今頃アクションを起こしていると思います…が

2013-05-09 19.04.28_R


H25年度 第1回 青懇(青年懇話会)が、行われました。

4月26日、今年度最初の青懇が執り行われましたので、ここにご報告いたします。

主題   「先輩会員との交流」 
先輩会員 「キャルシステムコンサルティング㈱ 代表取締役 稲葉充章氏」
場所   「キャルシステムコンサルティング 2F会議室」
参加者  「17名」

総会に於いて青懇部長をやらせていただくにあたり、自分なりの「マニフェスト」(正直、この言い方はあまり気に入らないんですが)として、”先輩経営者と交流を行う”決めた事は必ず実行する。~成功の反対は失敗ではなく、何もしない事である~”と発表しました。そんな意気込みや思いもあり、今回はまず最初に「先輩との交流」をやろうと決意したわけですが、正直誰にお願いするなどの迷いは微塵も無く、休会を返上し戻ってきていただいた、「キャルシステムコンサルティング㈱ 代表取締役 稲葉充章氏」にお願いする事にしました。正直、あまりかたい言い方が好きではないので、以降ここでは”稲葉さん”とさせていただきます事をお許しください。

スケジュールに関しては以下のように進行させていただきました。

2013-04-27 21-23 page _0 30556_336449566478347_1423068551_n

稲葉さんが、話の冒頭で「正直3時間くらい話さなければならない・・・云々」と仰っていたように、それだけ”本気に伝えたい事””同友会への思い”が話の内容から滲み出てくる、素晴らしいなどと軽々しくもいえないくらい中身が濃く、ずしん!と心に沁みる内容のお話を頂戴しました。3時間の内容を端折ってお話してくださったのですが、それでもこれだけ凄いんだと驚愕の思いで拝聴ささせてもらいました。

その後、参加者一人一人が、稲葉さんと一問一答形式(一人2分程度)のディスカッションする形式をとったのですが、予測していたとはいえ2分では語りきれない面々が続出し、予定の時間を20分ほどオーバーしてしまいました。この辺は、仕切りも含めての反省点であります。

そして、最終的に稲葉さんの総括まできたのですが、一言。

「学んだら即実行!」

今日の話を聞いて学んだ事は、皆夫々たくさんあります。が、学んだだけでは駄目・・・学んだけでは意味がない、持ち帰って実践して欲しいとの熱い御教示でした。

閉会の挨拶を宇佐美支部長にお願いして。中締めを行いましたが、その後の二次会になんと10名もの参加者が、週末で夜も遅く、次の日の予定も皆夫々あったにも拘らず参加してくれました。

成功したとかどうだとか、その話は別にして、「まず、何かを始めて・・・そして、動き出した」というのが、わたしの感想です。ムーブメントを感じました。

最後に、われわれの訪問を快くお受けくださった稲葉さんに一言、誠に有難う御座いました。不手際や、ご迷惑をお掛けしたかと思います。この場で、御礼とお詫びを代表して述べさせてください。そして、これまた最初の担当を快くお受けくださった、「九川さん」「望月史生さん」大役をお受けくださった事、そしてここまでの段取りを恙なくさらりとやってのけてくれた事、感謝しております。今年度も心強い先輩・仲間に恵まれていると強く感じ入った青懇部会でした。
                                               鈴木 (拝)

青懇全体1 青懇全体2


4月度 Cグループ会が開催されました。

4月23日 今年度グループ編成が刷新されての最初のCグループ会が開催されました。

 今回の出席者は6名、場所は志ほ川さんで開催されました。

先日の総会後の懇親会で、今年度の活動計画と役割分担を決めきれなかったものですから、改めて今月中に決めたいという、朝日グループ長の強い思いのもと、開催された次第です。

 まず最初に、朝日グループ長から、今年度活動目標がうちだされましたが、「健康について学び、経営者としての人間力を磨く」という事でした。

 「健康」については言わずもがなですが、企業経営者の健康問題はトップシークレットでありますから、これについての認識と学びを深めいく事。
 「人間力」については、先輩方を見習い、大人の嗜み・教養・所作について学ぶとともに、遊びの中においても大事な”作法””立ち居振る舞い”を勉強したいというものでした。

 次月以降の計画も順調に決定し、年間の計画も完成しました。参加者で懇談しているそんな中、出てきたのが、究極の目標

「全員参加のグループ会を実行するぞ!!」

であります。正直、ミラクルに近いかもしれませんが、可能性が無いというわけではないとともに、実現できたらこんなすばらしい事はないと思います。実現に向けて、朝日グループ長のもと、今年度一年間頑張って行きたいと思います。

 志ほ川さんには、よくよく見ればいろんな発見がありますね。それを探すのもまた一つの嗜みということで・・・

2013-04-23 21.14.28 2013-04-24 06.56.15


  • 富士宮支部
  • 静岡県中小企業家同友会
  • jobway
  • DOYUNET
  • 同友会会員検索
  • 同友会活動支援システム

過去記事